失言したときは焦りにも襲われるもの、後悔を切り替えて立ち直る術



日々を過ごしていると、失言してしまい後悔することもあるもの。失言は空気が読めないなど、周囲を気に掛けないで言葉を発し起きてしまいます。

失言して後悔するのは会社や職場にはじまり、友達やママ友の間でしてしまったりと、枚挙に暇はありません。これは自分自身の発言や行動が、どういった影響を与えるのかを考えないことが要因の一つです。

一瞬でも我慢して発言内容の意味を客観的に見ることができれば良いのですが、なかなか失言の機会を減らすことができません。

状況により違いますが、頭の中に思い浮かんだ言葉を即口に出すことが癖になっていて、失言に繋がり後悔することにもなりかねません。

ここでは、失言したときは焦りにも襲われるもの、後悔を切り替えて立ち直る術を紹介しています。

 

 

 


失言したときは焦りにも襲われるもの、後悔を切り替えて立ち直る術


 

| 1.口を突いて出た言葉により、相手に不快感を与えるのが

以後軽はずみな発言に気を付けるということ。勢いで口を突いて出た言葉により、相手に不快感を与えるのが失言というもの。

その場を盛り上げようとしたり、特定の相手に向けて気の利いたことを言おうとしたりと、そうしたことも要因になっています。

頭に思い浮かんだことをすぐに言うのではなく、相手が不快にならないか、一旦間を置いて発言するよう心掛けます。己自身の中で整理した後で、発言が必要かや言葉選びなどを考えるのも後悔を切り替えて立ち直る術の一つ。

 

| 2.周りの人たちも笑えなくなり、空気が重くなるものです

ネガティブ発言を控えるということ。失敗談にネガティブな要素が多くあるケースでは、周りの人たちも笑えなくなり、空気が重くなるもの。

失言し後悔を感じるときは、ネガティブな話題だったり他人を見下したりすることが多々あります。ポジティブな内容の話題であれば、他者を害する可能性は低く、ネガティブな発言より遥かにリスクが少ないことになります。

結果として、全く生産性がない話や将来的に問題解決に結び付かない話は、心に留めて控えることが後悔を切り替えて立ち直る術の一つ。

 

| 3.話すケースでは、相手によりその行為を嫌がる人もいる

その場の空気を読むよう意識すること。堅苦しいのを回避するため冗談を交えて話すケースでは、相手によりその行為を嫌がる人もいるもの。

先ずは軽いジョークを交えた上で話をするのがポイントで、少しでも反応がある時は、しつこく感じられない程度に織り交ぜ会話をします。

反対に反応が薄い状態が続いた場合、それ以上は冗談を言わないようにし、様子を見ながら会話をするよう心掛けます。

 

| 4.見受けられるのが、悪い言い方をすると調子に乗り過ぎた

注目を集めようとしないこと。失言に多く見受けられるのが、悪い言い方をすると調子に乗り過ぎたというもの。

自己顕示欲が強くなり過ぎて、どうしても己に目を向けて欲しい、そうした感情が失言に繋がっていることにもなりかねません。意見を求められたケースでは、調子に乗って喋り相手の話を遮ってまで、己自身の考えを押し通します。

相手とのキャッチボールが会話なので、自己中心は一旦脇に置き、相手の話を聴くことを重要視するのも後悔を切り替えて立ち直る術の一つ。

 

| 5.失言は、相手を怒らせたり不愉快な思いをさせたりする

語彙を増やすことで、誤解を与えない言葉を選ぶということ。言い間違いによる失言は、相手を怒らせたり不愉快な思いをさせたりするもの。

面白く発言しなければとか早く答えなければと焦った場合、頭の中がフル回転をし過ぎて、余分なことを口走ることになりかねません。

言葉には気をつけようと思っても口が先に動くので、語彙力を増やすことで適切な言い方を覚えるのも後悔を切り替えて立ち直る術の一つ。

読書を多くして語彙力を高めることで、頭の中のバリエーションも増えて、言い間違いによる失言癖も減少していきます。

 

 

 


飲み会の失言で後悔することもあるもの、覚えておきたいその特徴面


 

| 1.全員が気づいていても、敢えて口にしない事柄もあるもの

デリカシーがないこと。その場にいる人たちの全員が気づいていても、敢えて口にしない事柄もあるもの。

見た目の変化や体臭など、非常に相手が気にしている事柄を、すかさず指摘してくるデリカシーがない人もいます。

こうしたことを平気で直接口にするデリカシーのない失言癖がある人は、意外とどこにでも一人はいるもの。

 

| 2.見られるのが、最悪のタイミングで余計な一言を口走る

思ったことをすぐ口にすること。失言で後悔する人に見られるのが、最悪のタイミングで余計な一言を口走るというもの。

心の中に隠しておく行為が苦手な人の場合、頭に思い浮かんだ物事を、そのまま口に出しまうことが頻繁にあります。

思い浮かんだことをすぐ口に出してしまう人は、言わなくても良い物事を言ってはいけないタイミングで喋るもの。

 

| 3.見受けられるのが、身近にいる人たちを見下しがちという

周囲の人たちを侮りやすいということ。失言で後悔する人に見受けられるのが、身近にいる人たちを見下しがちというもの。

一見すると笑顔で人当たりが良さそうでも、内心で他者を馬鹿にしていると、つい本音が漏れることにもなりかねません。無意識で相手を見下しているようなタイプも、そうした内心を言葉にしてしまうことになりかねません。

 

| 4.ケースでは、知らない事柄を素直に知らないとは言い難い

知ったか振り発言をするということ。大人でそこそこの年齢になったケースでは、知らない事柄を素直に知らないとは言い難いもの。

知っていたような素振りは無論のこと、見当違いな発言をしたり失言をすることで、嫌われることになりかねません。失言で後悔する人に見られる知ったか振りな言い方は、相手を苛立たせ不愉快な気分にさせてしまいます。

 

 

 


失言を後悔することは多々ある、知っておきたい原因になるパターン


 

| 1.捉えられるのが、同じ言葉を繰り返して言うというもの

同じ言葉を繰り返すパターン。全く真剣さが伝わらず、相手を小馬鹿にしているように捉えられるのが、同じ言葉を繰り返して言うというもの。

わかったわかったをはじめはいはいやOKOKなど、同じ言葉を繰り返すのが口癖となっている人もいますが、こうしたパターンは不快感を与えるだけ。

タイミングが悪いときは、言葉を繰り返しをした時に、きちんと聞いてるのかと激怒されることになりかねません。

 

| 2.本人が最も気にしているのが見た目の問題というものです

見た目に関する指摘をするパターン。口に出すことはないものの、本人が最も気にしているのが見た目の問題というもの。

太ったなどと失言を後悔する人は、見た目の問題に対しても平気で核心的な部分を突いてきかねません。言われたくないだけでなく、周囲の人たちに知られたくない内容の時も、声高に指摘してくることになりかねません。

 

| 3.ケースでは、話し振りが褒めて落とすという意地悪なもの

褒めた後に落とすパターン。意図的に相手を不快な気持ちにさせたいケースでは、話し振りが褒めて落とすという意地悪なもの。

例を上げると、メイクが上手いのは羨ましいとか、地味な顔の方が見栄えがするなどと最初に褒めます。一瞬喜ばせた後、ここまで素顔が綺麗になるのはプロ級のテクニックと、不快感を捻じ込んできかねません。

 

引き寄せの法則で、失言の後悔を払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

資金を増やして、失言の後悔を払拭。

海外投資型クラウドファンディングならクラウドクレジット

 

まとめ

気に掛けないで言葉を発し起きてしまう。ここでは、失言したときは焦りにも襲われるもの、後悔を切り替えて立ち直る術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。