精神不安定な人の末路も心配になるもの、問題を生じさせない接し方



身近なところにも、精神不安定な人がいるもの。その日によって機嫌が違っていて、周囲の人たちが気を遣い接し方に悩んでしまうような感情的な人。

普段から元気溌剌としている人や穏やかなタイプは、どんなシーンでも感情が安定しているので、話し掛けやすく良好な人間関係を築くことができます。

但し、精神不安定な人は感情を爆発させてしまうことが多く、相手を選ばず八つ当たりすることもあり、周りの人たちと衝突することにもなりかねません。

更に言動や行動の変化のタイミングが早く、周囲を振り回し疲れさせるので、面倒臭い人と避けられることもあります。

結果として、精神不安定な人の理性を失ってしまう気持ちを把握し、対応に繋げることが必要。

ここでは、精神不安定な人の末路も心配になるもの、問題を生じさせない接し方を紹介しています。

 

 

 


精神不安定な人の末路も心配になるもの、問題を生じさせない接し方


 

| 1.しまったケースでは、最悪の場合はは喧嘩になってしまう

冷静な姿勢で接するということ。精神不安定な人の口調やテンションに巻きこまれてしまったケースでは、最悪の場合はは喧嘩になってしまうもの。

何を言われても冷静な態度を崩さず、対応を穏やかに続けていると、相手も段々と落ち着いてくることになります。

話し掛ける口調や声のトーンなども、味方という雰囲気を忘れないのが問題を生じさせない接し方の一つ。

 

| 2.ならないためには、同じ空間で2人切りの状態を避ける

2人切りの状況を回避するということ。精神不安定な人のターゲットならないためには、同じ空間で2人切りの状態を避けるというもの。

職場内は複数人で一緒になって接することで、感情が己一人に向かってくるのを防げます。

どうしても2人切りの状況ができてしまう際は、今までにない集中力で仕事に向かって、何も耳に入れずに早々に立ち去ります。

 

| 3.会話にするなど、できる限り関わり合いにならないという

物理的に距離を離すということ。大人の対応を見せるためには最低限度の会話にするなど、できる限り関わり合いにならないというもの。

現実に物理的な距離を離して接点を少なくしておくと、被害も最小限に留められる問題を生じさせない接し方の一つ。

但し、適切な距離感は必要なものの、相手が避けられているのを感じない程度が基本で、無視するのは大人の振る舞いではありません。

 

| 4.その場の空気は重くなり周囲の人たちも嫌な気分になる

相槌を打ち聞き流すということ。精神不安定な人が感情を爆発させている時は、その場の空気は重くなり周囲の人たちも嫌な気分になるもの。

対策で最善なのは相槌を打ち受け流すことで、切っ掛けも原因不明なことが多く、張り合っていても意味がありません。

己自身はこうならないと反面教師にするつもりで受け止めると、精神不安定な人も分かって貰えたと落ち着くのも早くなります。

 

| 5.爆発させるのは、自尊心の低さが一因となっていることが

適切に褒めて自尊心を満たすということ。精神不安定な人が感情を爆発させるのは、自尊心の低さが一因となっていることがあるもの。

精神的に不安定な人というのは褒めて煽てることによって、その機嫌を良くできることも案外あります。

適度に褒めることがポイントで、何もしていないのに唐突に褒めた場合、返って逆ギレされることもありタイミングがポイント。

 

 

 


職場などでも見かけるもの、注意しておきたい精神不安定な人の特徴面


 

| 1.必然的に熟孝して行動することのが不得手というものです

気分次第ということ。精神不安定な人はその時々の感情で生きているので、必然的に熟孝して行動することのが不得手というもの。

周りの人たちには気分屋と思われることも多々ありますが、己自身は飽くまでも気持ちに従い行動しているだけなので、皆を振り回しても罪悪感は全然ありません。

逆に、その日の気分次第で己がこうしたいと主張したことに、否定をしてくる人に怒りを向けることになりかねません。

 

| 2.している人物も、短気で精神不安定な人になりやすいもの

短気ですぐ苛立つということ。何故か常に焦っていて貧乏揺すりをしている人物も、短気で精神不安定な人になりやすいもの。

何かに対し納得できないとか面白くないなど、そんな気持ちを持っていることが多く、いつも苛立っていることになりかねません。

相手に注意されたとか己の意見が通らないケースでは、できる限り関わり合いを避けたい存在の人とも言えます。

 

| 3.順序が組み立てられていず、精神不安定になりやすいもの

勢いと情熱に頼るということ。頭の中がきちんと整理されていない場合、理解の順序が組み立てられていず、精神不安定になりやすいもの。

結果として、どうしても己自身の主張を通さなければならないケースでは、勢いと情熱に頼ることにもなりかねません。

具体的な反論を受けた際は論理的に話せなくなり、自然に精神不安定な人になってしまうことになりかねません。

 

| 4.考え方や意見を貫き通してしまうことが多々あるものです

相手の立場で考えられないということ。自己中心的で精神不安定になる人は、考え方や意見を貫き通してしまうことが多々あるもの。

男女であれば夫婦関係や恋人など、更に友人同士で会話をする時も、相手の立場から物事を考えられません。

結果的に、話し合いで己が劣勢になってきたケースでは、一つ間違えるとハラスメントになるほど、感情を昂らせ押し切ってしまいます。

 

 

 


精神に不安定な人は相対するのに戸惑うもの、覚えておきたい心理状態


 

| 1.体験したことや考えていることが、世の中の基本と思って

己の意見を理解して欲しいという心理状態。精神に不安定な人は、己自身が体験したことや考えていることが、世の中の基本と思っているもの。

結果的に、己の意見に対する批判が周囲の人たちからあるケースでは、それがなぜ起こるのかが理解できないことになりかねません。

何故分からないと相手に対して考えることになり、思考パターンや行動が己自身と同じでないことにも疑問を感じます。

こうしたことが己の根底にあるので、話を途中で折る人がいる際は、噛みつくことになりかねません。

 

| 2.置かれている環境で、一時的に身勝手になってしまうと

計画通りに物事を進めたいという心理状態。精神に不安定な人は置かれている環境で、一時的に身勝手になってしまうというもの。

完璧主義者的な人も多く見られ、物事がスムーズに進まない時や計画が崩れている場合など、大きなストレスを感じることになります。

計画が進まないと不機嫌になることも多々あり、感情的になって己自身の思惑を押し通してしまうことになりかねません。

これは時間が切迫している人に多くみられる心境で、納期が迫ってくるような職種の人物が該当します。

 

| 3.心の中には、言葉以外の真意を図りたい思う気持ちがある

互いの本音で相対したいという心理状態。精神不安定な人の心の中には、言葉以外の真意を図りたい思う気持ちがあるもの。

どれほど深く考えているかやどの程度本気なのかなど、口にするだけでは伝わらないと感じているから。

結果的に、論理的に相対して話し合うのではなくて、敢えて感情を戦わせながら対話するのを好む傾向があります。

感情的になった方が一層本音が出ると考えて、わざと相手を触発してしまうことになりかねません。

 

 

 

まとめ

気持ちを把握し対応に繋げることが必要です。ここでは、精神不安定な人の末路も心配になるもの、問題を生じさせない接し方を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。