ついてない日はスピリチュアルに関係するかもしれない、上手い対処術



人生を過ごしていると、ついてない日を感じることがあるもの。なぜか悪いことばかりが起きてしまう、そんなついてない日に出会うことがあります。

朝寝坊をした後で仕事でミスを犯してしまい、帰りに鳥にフンをかけられ、帰ったらスマホが見当たらないというような日。

一日の中でそんな不運に何度も見舞われるついてない日があると、散々な一日だったと大きなため息を吐くことにもなりかねません。

何か行動を起こして更に嫌なことが生じたらどうしよう、そんな気持ちも湧き上がり、こんな日は多くの人が自宅に閉じ籠りがちになることに。誰でもこんな日を一度位は体験しているものですが、ついてない日は占いやおまじないにも頼りたくなります。

ここでは、ついてない日はスピリチュアルに関係するかもしれない、上手い対処術を紹介しています。

 

 

 


ついてない日はスピリチュアルに関係するかもしれない、上手い対処術


 

| 1.断ち切っていくためには、眠る前にイメージするという

眠る前の段階でイメージをするということ。ついてない日から脱却して悪い運気を断ち切っていくためには、眠る前にイメージするというもの。

希望の仕事に就きたいとか健康になりたいなど、眠りにつく前の段階で自分自身が幸せな状況を、明確にイメージすることが上手い対処術の一つ。

先ずは1分からはじめ徐々に長くしていき、上手くイメージできるようになれば、幸運を引き寄せる力が上昇するとされています。

 

| 2.自分自身が不運を引き寄せてしまっているというものです

思考パターンを変えるということ。ついてない日は思考パターンに原因があって、自分自身が不運を引き寄せてしまっているというもの。

約束をドタキャンされたものの映画を観ることができて良かったとか、お金は盗られたけど財布は戻って良かったなど考え方を転換

思考パターンをポジティブに転換することができれば、段々と幸運を引き寄せることができる上手い対処術の一つ。

 

| 3.ポジティブな言葉を口にするのを心掛けるというものです

ポジティブな言葉を心掛けるということ。ついてない日を回避していくためには、ポジティブな言葉を口にするのを心掛けるというもの。

昔から日本では言葉は言霊ともいわれていて、口に出す言葉は気をつけていなければ、自分自身に跳ね返ってきてしまうとされています。

脳科学でも悪い言葉を使った場合、自分のことみたいに脳が錯覚するとされているので、意識してポジティブな言葉を口にすることが上手い対処術の一つ。

 

| 4.放置していた場合、自分自身の運気を下げてしまうという

不要なものを捨てるということ。物にもエネルギーがあり不要な物を放置していた場合、自分自身の運気を下げてしまうというもの。

日々片付けをする時間を設けることを習慣にし、不要な物品は感謝の気持ちを込めて捨てることが上手い対処術の一つ。

部屋にある不要な品物を片付け、リラックスした状況下で過ごすことができると、徐々に幸運を引き寄せられます。

 

| 5.今いる場所から一旦離れてリフレッシュするというもの

パワースポットを巡るということ。パワースポットを巡ることで、今いる場所から一旦離れてリフレッシュするというもの。

気分転換をすることで、これまで見えなかった観点で物事が見えるようになり、運気が上昇し精神的にもリラックスできます。

自宅から近い神社に通ったりするほか、先祖のお墓参りに行くことも、パワースポットと同じ効果が期待できる上手い対処術の一つ。

 

 

 


ついてない日の意味掴んで引き寄せることが大事、そんな人の特徴面


 

| 1.多い人は、普段から不平や不満を口にしているというもの

不平や不満が多いということ。ついてない日を迎えることが多い人は、普段から不平や不満を口にしているというもの。

ついてない人というのは、職場での待遇や周りにいる人たちに対する、不平や不満を言うことが多い傾向にあります。

ただ口にしているだけのことも多く、切っ掛けとなっている原因などを解決しようと行動を起こすことがありません。

 

| 2.ネガティブな思考はついてない日を迎えやすいというもの

ネガティブ思考ということ。スピリチュアルでいうところの引き寄せの法則は、ネガティブな思考はついてない日を迎えやすいというもの。

ついてない人はこれまで不運な物事に出会う機会が多かったので、未来においても心配や不安など悲観的に捉えることが多い傾向にあります。

幸運が訪れた際も気がつかずに逃してしまうことも多く、結果的についてないままの日々を過ごすことにもなりかねません。

 

| 3.感謝の気持ちを持つことがないばかりか、伝えることも

感謝をしないということ。ついてない日を迎えてしまう人は、周囲の人たちに感謝の気持ちを持つことがないばかりか、伝えることもしないもの。

人間は自分1人だけの力だけで生きていける訳ではなく、常に周りの人たちや環境に支えられています。

そのことに感謝の気持ちが持てない人には、誰も手助けをしてくれなくなるので、幸運も逃げていき運気も下がることにもなりかねません。

 

| 4.成功する自身がなく周囲の人たちに頼ってしまうという

依存心が強いということ。ついてない日を多く迎えてしまう人は、自分が成功する自身がなく周囲の人たちに頼ってしまうというもの。

周りの人たちに対して全てを丸投げしてしまった場合、自分自身が努力をしようという気持ちを失いかねません。

当然のように達成感や満足感は得られず、ますます依存心が強まっていくという負のスパイラルに陥りかねません。

 

 

 


ついてない日はイライラすることが多いもの、注意したいその心理状態


 

| 1.一因に、メンタル面が弱っているということがあるもの

メンタル面が弱っているという心理状態。ついてない日に見受けられる一因に、メンタル面が弱っているということがあるもの。

ストレスが蓄積している場合、人の心は弱くなっていくので、ほんの些細な不幸が起きただけで大きなダメージを負ってしまいかねません。

スピリチュアル的な観点でも、こんな時は邪気が体内に溜まっている状態なので、不運を呼び寄せてしまうところがあります。こうした状況下では、そこに些細な不運が一つ起きるだけで、人はついてない日だと思い込んでしまいます。

 

| 2.スピリチュアル的な面で運気が下がっているというもの

運気が下がっているという心理状態。ついてない日の要因の一つに、スピリチュアル的な面で運気が下がっているというもの。

バイオリズムもそうですが誰しも運気が下がる時期はあるので、たまたまそのような日が訪れたことに心が囚われています。

運気が下がっている思うと、そのことばかりが気に掛かってしまうので、不安感もつられて強くなってしまいかねません。

そのような不安感に襲われている場合、不運なことが重なると、今日はついてない日と思い込むことにもなりかねません。

 

| 3.運気などとは関係なく、単純にマイナス思考というもの

気付いていないという心理状態。スピリチュアル的に呼ばれる運気などとは関係なく、単純にマイナス思考というもの。

マイナスな思考パターンの人は、その日の中で起きたことの中で、悪いことばかりをピックアップし振り返ってしまいます。

結果的に、一日の中では良いことも悪いことも両方起きているにも関わらず、今日はついてない日と信じ込んでしまいかねません。

これは実際についてない日というより、自らの思考パターンの中で、自分勝手に気付かず作り出しているということに他なりません。

 

引き寄せの法則で、ついてない日を脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

資金を増やして、ついてない日を脱却。

海外投資型クラウドファンディングならクラウドクレジット

 

まとめ

ため息を吐くことにもなりかねません。ここでは、ついてない日はスピリチュアルに関係するかもしれない、上手い対処術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。