腹黒い人の末路も心許ないもの、見分け方を掴んで上手く付き合う術



身の回りを見渡すと、腹黒い人もいるもの。心の奥底にある暗い思いを表に出さないようにし、悪巧みをしているようなパターン。

腹黒い人は表面的には物柔らかな態度をを心掛けているので、何か事件が生じるまで本音を見抜けないことがほとんど。

京都人は腹黒いという言葉もありますが、一見すると誠実な行動をとっていることも多く、周りの人たちには真面目な人物として認識されています。

更にやたらと印象が良い言動をするのは、その裏にある他者を陥れたいという、自らの欲望を目立たなくしていると推測できます。

なので、腹黒い人の意味も分からず優しい言葉を信じた場合、実際には都合良く利用されていたという事例も珍しくありません。

ここでは、腹黒い人の末路も心許ないもの、見分け方を掴んで上手く付き合う術を紹介しています。

 

 

 


腹黒い人の末路も心許ないもの、見分け方を掴んで上手く付き合う術


 

| 1.頭を駆け巡った場合、先ずは距離を置くのが賢明という

徐々にフェードアウトするということ。腹黒い人という予感が頭を駆け巡った場合、先ずは距離を置くのが賢明というもの。

頻繁に顔を合わせている相手であれば、連絡する頻度や会う回数を減らすのも良く、腹黒い人は口も上手く自らの直感に蓋をすることにもなりかねません。

執拗に付きまとわれる可能性もなくはなく、腹黒い人から離れる際は、細心の注意をして関係を断つのが見分け方を掴んで上手く付き合う術の一つ。

 

| 2.つい悪い方面に向かって影響を受けてしまいかねないもの

影響を受けない距離を維持するということ。腹黒い人と一緒にいた場合、つい悪い方面に向かって影響を受けてしまいかねないもの。

なので、もし可能なら影響を受けない程度の距離感を維持するのが必須で、なるべく関わり合いにならないよう工夫します。

恋愛関係では、合コンで出会った際に連絡先を交換しないなど、少しの距離を保つのも見分け方を掴んで上手く付き合う術の一つ。

 

| 3.口にしていた場合、一緒になって言わないよう注意する

悪口には共感しないということ。腹黒い人が不満や悪口を口にしていた場合、一緒になって言わないよう注意するというもの。

腹黒い人はある意味で明るく元気があるので、思ったことや悪口を口にすることが多く、共感すると後で責任をなすりつけられかねません。

腹黒い人がその場にいない人物の悪口を言ってきた際は、自分自身も同じように陰口を言われる可能性があること理解して対応します。

具体的には聞き流す方が良く、飽くまでも悪口や不平不満に共感しないスタンスを貫くのが、見分け方を掴んで上手く付き合う術の一つ。

 

| 4.何を考えているかが、分からないことがほとんどという

個人的な情報は話さないということ。腹黒い人は一見誠実に見えますが、裏では何を考えているかが、分からないことがほとんどというもの。

腹黒い人対して住んでいる場所や連絡先、趣味や嗜好に恋人の有無など、プライベートな情報を話すのは良くありません。

連絡先を交換してしまった場合、行動範囲を知られてしまうことになり、距離を置くことが難しくなりかねません。

既に連絡先を教えてしまった際は、できる限り短い返信を心掛け、近づく隙を与えないのが見分け方を掴んで上手く付き合う術の一つ。

 

| 5.相手からの悩みの相談は、待ってましたと言わんばかり

悩み事の相談はしないということ。他人の利用を考えている腹黒い人にとり、相手からの悩みの相談は、待ってましたと言わんばかりというもの。

腹黒い人は他人をよく伺っていて、絶妙なタイミングで優しく声を掛けてくることもあり、弱みを握らせないよう肝に銘じます。

誰でも良いので話を聞いて欲しいと思った際も、腹黒い人に悩みを相談してしまえば、知らないうちに話が大きくなり広がる危険性があります。

知り合って間もないのに、家庭環境や過去にあった恋愛経験などを詮索してくる人は、間違いなく腹黒い人で悩みを言わないのが、見分け方を掴んで上手く付き合う術の一つ。

 

 

 


腹黒い人診断なども巷にあるもの、注意しておきたい見られる特徴面


 

| 1.どんな時も自分自身のメリットを判断しているというもの

損得勘定で物事を判断するということ。腹黒い人は仕事を進める上で、どんな時も自分自身のメリットを判断しているというもの。

こうした利己的な考えの人物は、何かのピンチに出会った場合、離れてしまう可能性が高く対処もしてくれません。

損得勘定しかない腹黒さを持ち合わせていて、巻き込まれないよう普段の行動にも注目するよう心掛けます。

 

| 2.相手の立場により接し方や態度を豹変させるというもの

人により態度を変えるということ。社長だったり重要なポジションの人など、相手の立場により接し方や態度を豹変させるというもの。

一見世渡りが上手な人のようにも見えますが、自分自身のイメージを上げることしか考えておらず注意が必要です。

どんなときも公平に接することができる人が最も信頼でき、態度を変えている腹黒い人は危険ということにもなりかねません。

 

| 3.いつも笑顔で振舞い他者に親切に接する傾向があるもの

いつも笑顔ということ。少し意外ですが腹黒い人は、いつも笑顔で振舞い他者に親切に接する傾向があるもの。腹黒い人は心の奥底にある利用しようという感情を隠すため、親切で人当たりの良い人間を装っています。

他人の本性を初対面で見抜ける人は滅多にいず、腹黒い人にとり自分自身の情報を知らない相手は格好のターゲットというもの。

 

| 4.会話の端々に自慢話を折り込み、自分自身を大きく見せる

プライドが高いということ。腹黒い人はプライドの高さから、会話の端々に自慢話を折り込み、自分自身を大きく見せるもの。

自らが優位に立っていると実感するため、卒業した学校や勤めている会社に収入など、ステータスを質問してくる傾向があります。

普段は穏やかでも相手のステータスが高いと分かった途端、対抗心を燃やしてくるのも腹黒い人というもの。

 

 

 


腹黒い人がお正月に買うのは福袋とも、知っておきたいその心理状態


 

| 1.常に自分自身の立場が上にあることが快感というものです

見栄っ張りという心理状態。腹黒い人に見られるのが、常に自分自身の立場が上にあることが快感というもの。

なので、見栄っ張りなところがあり、相手が上の立場と分かれば急に黙り込んでしまうことにもなりかねません。腹黒い人は強いというイメージもありますが、以外と実際は小心者であることがほとんどです。

 

| 2.見受けられるのが、自分自身の方が偉いと思っていると

基本は上から目線という心理状態。腹黒い人に見受けられるのが、自分自身の方が偉いと思っているというもの。

相手の気分さえ良くしておけば、そんな思いから気を使って楽しませたりすることも多くあります。但し、立場的にはかなり上から目線なので、相手を持ち上げていると、自分の得になると信じて疑いません。

 

| 3.本音を隠すことで心が傷付くのを避けているというもの

自己愛が強いという心理状態。腹黒いのを自らを守るために使っていて、本音を隠すことで心が傷付くのを避けているというもの。

結果的に、敢えて本音を隠すことで、相手に良い気分になってもらい、好人物を演じようとしかねません。但し、結局のところ自分が一番なので、周りの人たちのメリットについてはほとんど考えていません。

 

引き寄せの法則で、腹黒い人を払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

安心のココナラで、腹黒い人を払拭。

ココナラでお悩み相談・カウンセリング

 

まとめ

本音を見抜けないことがほとんどになる。ここでは、腹黒い人の末路も心許ないもの、見分け方を掴んで上手く付き合う術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。