記憶力が悪い人の末路も心配になるもの、原因を掴み乗り超えていく術



普段の暮らしの中で、記憶力が悪いと感じることがあるもの。覚えることが多過ぎ頭に入らなかったり、年齢のせいで物忘れが酷くなったりします。

記憶力が悪いのは病気や障害の場合もありますが、生まれつき頭が良かったらなどと思うこともあります。

但し、ほとんどの人間は脳自体の能力にさほど変わりはありません。

なぜ物覚えのよし悪しに大きな差が生じてしまうかといえば、脳の容量に限界がある訳ではなく、多くの人が自身の脳の使い方そのものを知らないから。

なので、仕事にしても勉強にしても、物覚えが悪いのを上手く埋め合わせていく必要があります。

ここでは、記憶力が悪い人の末路も心配になるもの、原因を掴み乗り超えていく術を紹介しています。

 

 

 


記憶力が悪い人の末路も心配になるもの、原因を掴み乗り超えていく術


 

| 1.術の一つが、覚えたことをメモ等の記録に残すというもの

覚えたことをメモ等の記録に残すということ。記憶力が悪い人が乗り超えていく術の一つが、覚えたことをメモ等の記録に残すというもの。

記憶を形にして残すことで頭の中に定着しやすくなるので、日にちが経った後も思い起こすことができるようになります。

忘れてた際もメモを見ることで思い起こせるので、記憶力が悪くすぐ忘れる人は記録に残す癖を付けることが効果的です。

 

| 2.覚えたことを話すことで更に記憶力が上向くというもの

他の人に喋ることで記憶するということ。他の人に教えて記憶していくのも良いやり方で、覚えたことを話すことで更に記憶力が上向くというもの。

他者に伝えるには記憶を整理してから説明する必要があり、仕組みや内容を理解していないと伝達することはできません。

他の人に明確に伝えるようにすることで、結果的に己自身も理解が深まり記憶として定着しやすくなります。

 

| 3.記憶力が悪いタイプの人は手先を意識的に使うというもの

手先を意識的に使うということ。手先を動かすのは脳にも刺激が与えられ、記憶力が悪いタイプの人は手先を意識的に使うというもの。

指先の神経は脳に対して繋がり強く、よく手先を動かしていると脳が活性化して、記憶力が悪いのを改善する効果があります。

楽器を弾いたりキーボードを打ったりと、指先を意識的に動かすのも原因を掴み乗り超えていく術の一つ。

 

| 4.発する高周波は、脳内をα波状態にして活性化するという

音楽を聴いたり良い香りを嗅ぐということ。クラシック音楽が発する高周波は、脳内をα波状態にして活性化するというもの。

結果的に記憶力向上に結び付くので、記憶力が悪い人はクラシック音楽を積極的に聞くよう心掛けます。

更に記憶と関連性が深い良い香りを嗅ぐことは、最も早く臭いの情報は脳に伝わり記憶力アップに繋がります。

勉強する時にアロマオイルなどの良い香りを嗅ぎながらすれば、脳がリラックスして血行も良くなり記憶力が向上する、原因を掴み乗り超えていく術の一つ。

 

| 5.覚えておきたい事柄が頭に入った際、繰り返し復習する

何度も復習するということ。記憶力が悪い人が乗り超えていく術の一つが、覚えておきたい事柄が頭に入った際、繰り返し復習するというもの。

繰り返すことが最良の記憶に残る覚え方で、違うものや似たものに例えて記憶するのも良く、反復することで徐々に頭の中に定着していきます。

覚え難いことを違う形の物事に例えて置き換えるのは、記憶力の向上には最適というもの。

 

 

 


記憶力が悪い人の診断なども見かけるもの、注意しておきたい特徴面


 

| 1.集中することができず、飽きっぽいところがあるという

集中できないということ。記憶力が悪い人に見られるのが、目の前にある事柄に集中することができず、飽きっぽいところがあるというもの。

こういった人は気力も長くは続かないので、集中して取り組む時間を決め、その間だけでも記憶するよう心掛けることがポイント。

人間が集中力を維持できる時間には限りがあり、記憶力が悪い人は取り組む時間を先に決めてしまうのも必要なことの一つ。

 

| 2.睡眠不足が切っ掛けとなって物覚えが低下しているという

睡眠不足があるということ。記憶力が悪い人に見られるのが、睡眠不足が切っ掛けとなって物覚えが低下しているというもの。

一般的に良くあることでですが睡眠が足りてないケースでは、脳が疲労を回復できず記憶力も悪くなりかねません。

睡眠不足は脳の働きを低下させる要因で、記憶力や物覚えを良くしていくためには、睡眠時間をきちんと確保することが重要。

 

| 3.見受けられるのが、仕事内容をあまり理解していないと

仕事内容を理解していないということ。記憶力が悪い人に見受けられるのが、仕事内容をあまり理解していないというもの。

人間の脳は己自身が理解していないことは覚えられず、そういった仕組みになっているので記憶が難しくなります。

仕事の内容や物事の仕組みを明確に理解することで、段々と頭の中で記憶が定着していくようになります。

 

| 4.見られるのが、加齢によって脳の働きが悪くなるという

年齢からくる衰えということ。記憶力が悪い人に見られるのが、加齢によって脳の働きが悪くなるというもの。

一般的に年齢を経れば記憶力が悪くなるとされ、脳の働きが鈍くなるので物覚えも良くはなりません。

致し方ないことですが、脳に刺激がある暮らしをしたり生活習慣を整えたりすることで、加齢からくる衰えを緩やかにすることもできます。

 

 

 


記憶力が悪い動物の話が出ることもある、覚えておきたい主な理由など


 

| 1.どの順番で作業をしていくかの段取りが立てられるもの

悪い段取りということ。己が成すべきことを明確に理解することで、どの順番で作業をしていくかの段取りが立てられるもの。

但し、記憶力が悪い人は、己自身がやらなければならない作業を正しく理解しておらず、結果的に仕事が円滑に進まなくなります。

順繰りに作業を行うケースでは、一番最初に手を付ける内容を理解していないと、先に進めることができない可能性も出てきます。

 

| 2.覚えますが、興味が湧かないことは中々覚えようとしない

物事に対して興味が湧かないということ。脳は己が関心がある物事はよく覚えますが、興味が湧かないことは中々覚えようとしないもの。

無意識のうちに脳は己自身に都合よく働くので、興味が湧かないものは簡単に受け流すことになりかねません。

物事に興味を持つようにすると自然に記憶に残るので、様々なことにアンテナを張るよう心掛けます。

 

| 3.理由の一つが、先に答えを知りたがる癖があり覚えない

先に答えを知ってしまうということ。記憶力が悪い主な理由の一つが、先に答えを知りたがる癖があり覚えないというもの。

己自身で答えを導き出す以前に知ってしまうと、考える力もつかないので思考力というものを使いません。

人間は思考しないと記憶力も低下するので、何でも他の人に聞いたりスマホで調べたりする前に、己で答えを考える癖付けることがポイント。

 

| 4.できないことに繋がり、スムーズに仕事が進められない

要領自体が悪いということ。記憶力が悪いのは正しい順序で作業できないことに繋がり、スムーズに仕事が進められないもの。

更に機転が利かないこともあり、理解できていないので、その場に合わせた臨機応変な対応ができないことになりかねません。

 

 

 

まとめ

年齢のせいで物忘れが酷くなったりもします。ここでは、記憶力が悪い人の末路も心配になるもの、原因を掴み乗り超えていく術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。