居場所がないと感じる理由を解説、乗り越えるための具体的な対処方法


自分には居場所がないと感じることもあるもの。家庭や職場の仲間うちなど、信用がおける人たちと一緒にいるにも関わらず、思わぬ瞬間に自分の居場所がない、そんな感覚を持ったことのある人は少なくありません。

それは自身の周辺にはがあり、自分がその場に居ると分かって貰えていない場合や、周りのみんなは笑ってるけど、自分だけ話題に入れないなど。いわゆる疎外感に繋がるものですが、自分の居場所がないと思うと、人生に対しても前向きになれないもの。

この居場所がない感覚は男性のみならず、主婦や子供など各自さまざま。みんな本当はもっと人と会話したり、と一緒に笑いたいと思っていますが、それができないで辛い経験をしています。

ここでは、居場所がないと感じる理由を解説、乗り越えるための具体的な対処方法を紹介しています。

 

 

 


日常生活のさまざまなシーンで訪れる、居場所がないと感じる理由など


 

| 1.落ち着いて家庭内で過ごすことができない状況は辛いもの

男性にしても女性にしても、家庭内で人間関係が上手くいかない場合、居場所がない傾向にあるもの。夫や妻と喧嘩していたり、両親から厳しく叱られていたり、兄弟姉妹と性格的なものが合わないなど、穏やかに家庭内で過ごすことができない状態は辛いもの。

それで自分の居場所ではないと考えるようになり、家を出たくなったりもします。

 

| 2.興味の対象と価値観のずれに気づかされ、意見が食い違う

友人と上手く意志疎通ができない場合。自分には居場所がないと感じる一瞬に、家の外での人間関係が上手くいかないというものがあります。女性を見ると結婚し専業主婦になり、一日のほとんどの時間を家の中で過ごす生活に慣れ、久しぶりにかつての職場や学生時代の友人と会った時、話が合わないという事例が良くあります。

仲が良かったはずですが、興味の対象と価値観のずれに気づかされ意見が異なると、進まない意思疎通に居場所がないと感じます。

 

| 3.頑張っていたものの、成果が出ないのは自分の能力不足

仕事で思うような成果が出せない場合。担当していた仕事が暗礁に乗り上げたり、完遂したものの思った成果が得られなかったりなど、落胆が大きいので居場所がないと鋭敏になるもの。

頑張っていたものの、成果が出なかったのは自分の能力不足だと考え、自分の居場所はここにはないと申し訳なく感じます。結果的に仕事を辞めることまで考えたりします。

 

| 4.居場所がなくなる、気遣いがなく人の意見を尊重しない人

周囲へ気遣いができていない場合。これは自分の興味のあることばかり話していたり、自分が絶対的に正しいと思うことには、違う意見を認めないなどの行動です。

場の雰囲気や相手のことを気にせず、何でも思ったとおり言う人と捉えられます。気遣いがなく人の意見を尊重しない人は、どうしても居場所がなくなるもの。

 

| 5.普段めったに会うことがない親戚が集まる、特別なシーン

お盆や年末年始など、親戚が多く集まっている場合。普段の生活ではあまり悩みはないものの、居場所がないと感じる特別なシーンもあります。それはお盆や年末年始と言った時期で、普段めったに会うことがない親戚が集まったとき。

お互いの近況を知らないため、会話がなかなか弾まないことも多く、興味の対象も違う気まずさから、居場所がないと感じるもの。

 

 

 


不安定な心理状態、居場所がないと感じる知っておきたい3つの誘因


 

| 1.あげくの果て自分には居場所がない、疎外感を憶える心理

自分には誰も関心がないという疎外感。拠り所がないと考えるときの心理状況で、自分には誰も留意していないと思い込むことが多いもの。一歩進んで、自分を誰も必要不可欠としていないとなり、あげくの果て自分には居場所がないという、沸き上がる疎外感の心理状況になります。

これは反対に拠り所がないと思っているので、自分は誰も耳目を集めていないと考えます。こういう風な思考に落ち入ると、自身が周囲を拒むことで、なおのこと居場所を失くすもの。

 

| 2.孤独感が増えるもの、自分だけが一人の思いが大きくなる

居場所がないときは、孤独を痛切に感じるという心理状態の場合も多いもの。拠り所がなければ、孤独を感じるのは当たり前かも知れません。

ただ、当たり前だからという理由で、何の問題もない訳でもありません。周囲の人が楽しそうにすればするほど、自分だけという思いも高くなり、孤独感が増していくもの。拠り所がないこと自体が、孤独感が骨身に染みる心理状況です。

 

| 3.自覚が強くなる、脳が安心感を得られず虚無感に囚われる

居場所がない時の心理状態で多いのは、虚無感に囚われるというもの。無気力になり自分には何もなく、何もしたくないという気分になります。人間の脳は、人と関係することで、安心感や幸福感を感じるようにできています。

結果として、居場所がないという自覚が強くなると、脳が安心感を得られず虚無感に囚われるもの。これも反対から見ると、虚無感を覚える自分には居場所はない、そんな思いに繋がります。

 

 

 


居場所がないと思う人は知っておきたい、これから先に向けての対処法


 

| 1.改善点を手早く察知すること、居場所がなくなるのを回避

自分の悪いところを再検証するということ。自分自身の悪いところを洗い直すというのも、対処法としては効果的。ただ、自分のどこが悪いのかは、自分では解りにくいかも知れません。そこで信頼できると思う人に、改善した方がよい点を率直に聞いてみます。

会話や挨拶が得意な人でも、気がつかないところがあれば、周囲の人は段々と厳い目を向けるもの。改善点を手早く察知することで、居場所がなくなるのを回避

 

| 2.レベルアップ、自分の存在を実感できる居場所が手に入る

目標設定を細かくすることで、小まめに達成していくということ。自分の居場所を作り上げるのには、現在よりもステップアップすることを目指すのも方法の一つ。なので資格を取得するなど、先ず何か目標を立てて努力してみます。

例え身に余る大きな目標でも、その間に細かく小さな目標を設定することで、少しずつレベルアップすることができます。成功体験を積み上げれば自信もつき、自分の存在を実感できる居場所が手に入ります

 

| 3.何かに夢中になれば、その自身の世界が居場所になるもの

居場所がないと感じるときには、自らの世界に打ち込むのも対処法としては効き目があります。居場所がないことを逆に活かす意味で、自らの世界に打ち込むことで、一人でもできるスキルや趣味を上達させていきましょう。

人と対話するのは時間もかかるもの。なのっでコミュニケーションに重点を置けば、自分にかける時間は減ってしまいます。何かに夢中になれば、その自身の世界が居場所になるもの。

 

| 4.仕事の成果を上げる、周囲から認められ自然と存在感増加

大きな成果を出すことで、まわりの評価を上げるということ。秀逸な成績を上げたり、確実に業務をこなす信頼感が抜群の人は、職場で高い評価を受けやすいもの。

なので今以上に頑張って仕事の成果を上げることにより、周囲から認められ自然と存在感が増加します。そのうち多くの人から仕事について相談が来るようになるため、職場での自分の居場所が出来上がります

 

| 5.周囲の環境を変える、無理なく過ごせる居場所が見つかる

新しい居場所を探すというのも、居場所がないことに対する対処法の一つ。人間には価値観の違いをはじめ、得意なことや苦手なことがあります。どうしてもその環境では自分が上手くやれないと思うなら、新しい居場所を探してみるのもポイント。

例をあげると、地域社会のコミュニティに参加したり、異動を申し出たり、転職したりというのも対処法です。自分を変化させなくても、周囲の環境を変えることで、価値観が一致したり無理なく過ごせる居場所が見つかることもあります。

居場所を引き寄せる。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

よくある思わぬ瞬間の自分の居場所がない感覚、ここでは、居場所がないと感じる理由を解説、乗り越えるための具体的な対処方法を紹介してきました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。