本音と建前の開きがわからない人の末路が心配になる、上手く伝える術



身の回りを見渡すと、本音と建前がわからない人がいるもの。ありがた迷惑を断る際も、遠回しに傷付けないように伝えても全く理解はされません。

こうした人は何を考えてるか分からないことも多くあり、自分の世界観が強すぎて、周囲の人から見ると不思議に思われかねません。

自らの世界に入り込んでしまうので、基本的にあまり他の人に関心がなく、その本音や建前も分からなくなってしまいます。

なので、本音を理解して欲しい場合は、言うことで相手が不機嫌になったり傷ついたりしても、正確に知らせていくことが大切です。その際、嫌がらせをしてきたり、害を及ぼしてくる可能性があるような人物は注意が必要

ここでは、本音と建前の開きがわからない人の末路が心配になる、上手く伝える術を紹介しています。

 

 

 


本音と建前の開きがわからない人の末路が心配になる、上手く伝える術


 

| 1.言われた際、明確に伝達することが大事というものです

明確に伝達するということ。本音と建前の開きがわからない人に怒りが込み上げることを言われた際、明確に伝達することが大事というもの。

言い返さずに黙っておくと何も解決せず、どの箇所に対してどう思ったのか、的確にそんな感情を伝えるようにします。

気持ちを逆なでする発言をされた場合、反射的に言い返したくもなりますが、そこは抑え冷静に対処するのが上手く伝える術の一つ。

 

| 2.ケースでは、単独ではなく複数人で教えるのが有効という

複数人で伝えるということ。本音と建前がわからない人に手段などを伝えていくケースでは、単独ではなく複数人で教えるのが有効というもの。

そもそも空気が読めなかったり人の気持ちに鈍感など、本音と建前がわからない人には世間の、一般的な常識は通用しません。

結果的に、こうした手段が良いと単独で伝えたとしても、相手にされない可能性もあり、意見が同じ複数の人間で教える方が効果的です。

 

| 3.時折り何も考えず不快になるような発言をすることがある

感じた時はその場で伝えるということ。本音と建前がわからない人は、時折り何も考えず不快になるような発言をすることがあるもの。

後になって、あの時は非常に不快だったと伝えても、相手からすると全く覚えてないということになりかねません。

結果として、傷付くようなことを言われたり不快な発言をされた時は、できる限り早く伝達するのが上手く伝える術の一つ。

 

| 4.依頼をする際は、ちょっとした秘訣と呼べるものがある

要望を依頼する時は同時に感情も伝えるということ。本音と建前がわからない人に依頼をする際は、ちょっとした秘訣と呼べるものがあるもの。

こんな状況の中ではこうした気持ちなので、こんなやり方をして欲しいという具合に細かく伝えます。状況と感情を合わせて同時に伝えることで、建前ではなく本音も理解しやすくなる上手く伝える術の一つ。

 

| 5.発言をされた場合、真に受け取らず受け流すようにする

言葉はストレートに受け取らないということ。本音と建前がわからない人に違う意味合いの発言をされた場合、真に受け取らず受け流すようにするというもの。

本音と建前の開きがわからないので、悪気なく返していて、本人は全く気にも留めていないことが多くあります。

気持ちを全く違った捉え方をした言い分を、すんなり受け流す力を付けることで、苛立つことも減る上手く伝える術の一つ。

 

 

 


本音と建前が分からない例もまたあるもの、注意しておきたい特徴面


 

| 1.見られるのが、そもそも他者との関わりに無関心という

他者との関わり合いに関心がないということ。本音がと建前がわからない人に見られるのが、そもそも他者との関わりに無関心というもの。

人との関わり合いが少ないケースでは、気持ちを察したり汲み取るなど、そんなことが非常に難しいことになりかねません。

人の本音と建前が分かるようになるには、関わりを持ち傷ついたり付けたりと、失敗談や成功経験が必要になります。

結果的に、他者との関わりが極端に少ないケースでは、本音と建前もわからず上手い距離感を掴めなくなりかねません。

 

| 2.寄り添う人がいる一方、配慮に欠けた問題児も世の中には

本音を理解することに値打ちを感じないということ。相手に寄り添う人物がいる一方、配慮に欠けた問題児も世の中にはいるもの。

そうした人は他者に気を遣うことが嫌いで、人間関係を良好に構築していこうとは思ってもいません。結果として、相手に良く思われようなどの気持ちもなく、労力をわざわざ費やして本音を探ることはしません。

 

| 3.繰り返しているケース、病気などの可能性も考えられる

病気やコミュ障の可能性があるということ。突拍子もない発言を何度も繰り返しているケースでは、病気などの可能性も考えられるもの。

一見すると病気とは無関係のような人物であっても、高機能自閉症やアスペルガー症候群などの発達障害ということもあります。

これらの発達障害に見られるのが、共感力が欠如していたりするほか、人の気持ちや本音と建前がわからないなどが該当します。

結果的に、周りの人たちとは違うと感じた時は、専門医やカウンセラーの受診を考えてみた方が良いかも知れません。

 

| 4.他者の気持ちを察するのに想像力は欠かせないものです

他者の気持ちをイメージする能力が欠けているということ。発言をした際に相手はどう受取るかなど、他者の気持ちを察するのに想像力は欠かせないもの。

想像力を培うこともなく成長してしまうと、他人の気持ちも分からないまま、人間関係に苦労することになりかねません。

周りの人たちに助けられる人がいる一方、他人の本音と建前がわからないと、見放されてしまうことにもなりかねません。

 

 

 


建前がない人も稀にはいるもの、覚えておきたいわからない人の印象


 

| 1.周りの人たちに対し掴みどころを見せない印象があると

本心が理解できず怖い印象。本音と建前がわからない人に見られるのが、周りの人たちに対し掴みどころを見せない印象があるというもの。

楽しんでいるのか気分を害しているのかが明確に分からず、気まずい雰囲気になってしまうことになりかねません。接する時もどんな対応をすれば良いのかが分からず、不安感を覚えてしまうこともあります。

本音と建前がわからない人は気持ちが読めないことも多く、怖いとか気味が悪いと感じることも珍しくありません。

 

| 2.しまったり、大勢の人前に出て発言するのが苦手という

会話自体が苦手な印象。初対面の時に口数が少なくなってしまったり、大勢の人前に出て発言するのが苦手というもの。

こうした人物は同じ無口でも、本音と建前がわからない人というより、内気だったり人見知りという印象があります。

但し、いつまで経っても口下手だったり、人前で話すことが余りにできないのは困りものでビジネスシーンでは通用しません。

 

| 3.しない一方で、プライドを持って真面目に仕事に取り組む

真面目な人という印象。腕の良い一流職人などに見受けられるのが、無口で自己主張もしない一方で、プライドを持って真面目に仕事に取り組むというもの。

そんな職人気質を持っているタイプは、本音と建前を上手く使い分けることがないので、相手の言うことの裏の意味など考えません。

理屈や文句など言わず黙ってすべきことをやる、そんな不言実行と相通じるところがあり、日本人の感性から見て美徳とされます。

 

引き寄せの法則で、本音と建前がわからない人を払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

資金を増やして、本音と建前がわからない人を払拭。

海外投資型クラウドファンディングならクラウドクレジット

 

まとめ

正確に知らせていくことが大切になる。ここでは、本音と建前の開きがわからない人の末路が心配になる、上手く伝える術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。