うまくいかない人生は因果応報かも知れない、打ち勝っていく過ごし方



日々の生活の中で、うまくいかない人生を感じることがあるもの。上手くいっている人を見て、自分は人生何もかも上手くいかないと自暴自棄ともなりかねません。

実際は人生がうまくいくというのは非常に稀なことで、うまくいかない時期というのは誰しもに訪れます。

なので、上手くいかない人生を感じる人の中には、持っている理想が高過ぎて、本当は恵まれていても気付いていない可能性も。

現代社会ではネットの普及により、従来では見ることのできない他者の世界に接し、経験値なども増えて視野も広がっています。

結果的に、目が肥え過ぎることになり、自分自身の基準値も上がるので、うまくいかない人生を感じることにもなりかねません。

ここでは、うまくいかない人生は因果応報かも知れない、打ち勝っていく過ごし方を紹介しています。

 

 

 


うまくいかない人生は因果応報かも知れない、打ち勝っていく過ごし方


 

| 1.無駄な時間を作らず、常に行動し続けることがポイント

途切れる間がなく行動するということ。うまくいかない人生を感じた時は無駄な時間を作らず、常に行動し続けることがポイントというもの。

時間は絶え間なく流れているもので、悲しいことや辛いことに出会っても、人間は経過とともに成長していくことに疑いはありません。

何もない暇な時間があると脳裏を不安なことがよぎるので、思い浮かばないよう動き続けることが打ち勝っていく過ごし方の一つ。

 

| 2.脇に置き、ネガティブ思考を切り離すことが大事という

したいことだけをするということ。うまくいかない人生を感じた時は辛かったり苦しい思いを脇に置き、ネガティブ思考を切り離すことが大事というもの。

現況から抜け出すためには、嫌いなことを一旦止めて上手くいっていない物事をリセットし直す必要があります。

散歩をしたり昼寝をしたりと好きなことだけを行い、袋小路に閉じ込められている思考から脱却することで、上手くいくことも期待できる打ち勝っていく過ごし方の一つ。

 

| 3.表に吐き出すと、ずいぶんと楽な気持ちになっていくもの

相談を信頼できる人物にするということ。人間は心に抱えている嫌な感情を表に吐き出すと、ずいぶんと楽な気持ちになっていくもの。

独力で上手くいかない状態を乗り切ることは難しく、そうしたときは信頼できる人物に向かって徹底的に吐き出すのが、打ち勝っていく過ごし方の一つ。

話しに耳を貸して貰うだけでも気持ちが楽になり、この先どうすべきか問題解決の糸口が見つかるかも知れません。

 

| 4.人と一緒に過ごし、その考え方を意識してみるというもの

上手くいっている人と一緒に過ごすということ。うまくいかない人生を感じる時期は、上手くいっていると思われる人と一緒に過ごし、その考え方を意識してみるというもの。

そうした人生が上手くいっている人は、仕事にしても恋愛関係にしても何かしらの参考になるところが多々あります。

そうした思考パターンや行動を真似することで、うまくいかない時期を過ごすのも打ち勝っていく過ごし方の一つ。

 

| 5.どうしても苛立ったりしてストレスが蓄積するというもの

定期的にストレス解消するということ。うまくいかない人生を感じる時期は、どうしても苛立ったりしてストレスが蓄積するというもの。

そのストレスを上手く解消することができていないケースでは、曖昧模糊とした気持ちが心の奥底に残ったままになりかねません。

定期的にストレス解消することで、辛かったり苦しい気持ちも軽くなる打ち勝っていく過ごし方の一つ。

 

 

 


人生にはうまくいかないときもあるもの、なりがちな人の詳しい特徴面


 

| 1.考えていることは、その思い通りになってしまうことも

己に自信を抱けないということ。世間で良く言われることですが己自身が考えていることは、その思い通りになってしまうこともあるもの。

頭の中で思い描いていることは行動などで自然に表面に出るので、己は駄目だと思っていると何をやっても本当に上手くはいきません。

己に自信が抱けず失敗ばかりを思い描いているケースでは、なかなか行動できずうまくいかない人生になりかねません。

 

| 2.何に対してもモチベーションが上がらなくなってしまう

理想像が高過ぎるということ。人間は達成に対しての喜びがない場合、何に対してもモチベーションが上がらなくなってしまうもの。

理想の人生を思い描けば夢のような話となりかねず、現在の人生と比べて気持ちが落ち込んでしまうことにもなりかねません。

高い理想像を抱くのは良いものですが、実現しないと滅入ってしまい、自暴自棄になることになりかねません。

 

| 3.したいことが出来ていない可能性が高いというものです

嫌なことを続けているということ。うまくいかない人生に見られる時期が、したいことが出来ていない可能性が高いというもの。

本当は他にしたいことがあっても、我慢しながら嫌な物事を仕方なく続けている時は、疲れたと思うことになりかねません。

何事かを行動に移しても、すぐに苦しいなどの負の感情が溢れ、何もかもうまくいかない時を迎えかねません。

 

| 4.しているケースでは、何もかもが上手くはいかないもの

ネガティブ思考ということ。生じた事柄を悲観的に捉えてしまうネガティブ思考をしているケースでは、何もかもが上手くはいかないもの。

褒められた時も、己は駄目な人間と否定から入るため、自然に欠点を認めることにもなりかねません。

実際は上手くいく事柄でもマイナス感情が伴い、己ら上手くいかない時を迎えてしまうことになりかねません。

 

 

 


人生うまくいかないのがずっと続くこともある、やってはいけない行動


 

| 1.己はどうなっても良いと、自暴自棄に陥ることもあるもの

他者に八つ当たりするということ。うまくいかない人生を感じる時は、己はどうなっても良いと、自暴自棄に陥ることもあるもの。

今置かれている境遇や環境に対して愚痴を言ったり、他の人に八つ当たりをしてみたところで、何一つ良い方向に進むことにはなりません。

八つ当たりしても誰も幸せになることはなく、苛立っている時間も無駄になり、結果的にうまくいかない人生になりかねません。

 

| 2.最終最後まで完遂できる人間という自信もつかないもの

投げ出してしまうということ。辛いからと今手を付けている物事を途中で投げ出してしまったケースでは、最終最後まで完遂できる人間という自信もつかないもの。

一旦やると決めた自分磨きをはじめダイエットや勉強など、責任感を強く持って最終地点まで成し遂げていくのが何よりも重要。

中途半端に終わらせてしまったケースでは、完遂する力も養われず、うまくいかない人生という感じを持つことになりかねません。

 

| 3.大丈夫かなど、前向きに考えることができないものです

己を卑下するということ。自己肯定感が低いケースでは、物事に対し上手くいくかとか大丈夫かなど、前向きに考えることができないもの。

幼少の頃から褒められて成長した人は自己肯定感も高くなりますが、そうでない場合の多くは己自身は駄目な人間と思いがち。

己は駄目人間と信じ切ってしまった時は、この先ずっとうまくいかない人生が続くことになりかねないので、自己否定を割けるようにします。

こうした不幸な人間といったネガティブ思考になっていると、周囲も見えないので小さな幸せも気付かず、うまくいかない人生が継続すると思い違いしてしまいかねません。

 

 

 

まとめ

うまくいかない時期というのは誰しもある。ここでは、うまくいかない人生は因果応報かも知れない、打ち勝っていく過ごし方を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。