話したくない人と話すのは辛さを伴う?そんな時期の上手い乗り切り方



身の回りを見渡すと、話したくない人がいるもの。そんな人は職場にもいて話したくない時でも、その後の人間関係や仕事のことを考えるとそうも言ってられません。

話したくない人に話しかけられる際に、体調不良や疲れを感じたりしている時は、他愛のない会話でも非常にストレスになります。

心の疲れなら他の人と話すことで気が紛れる場合もありますが、静かにしていたいのは身体が疲労困憊しているとき。

とはいえ、見え透いたように体調が悪い態度を見せれば、周りの人たちに気を使わせてしまいかねません。

なので、人と話したくない時の対処法を掴んでおくと、いざという時に役立ちます。

ここでは、話したくない人と話すのは辛さを伴う?そんな時期の上手い乗り切り方を紹介しています。

 

 

 


話したくない人と話すのは辛さを伴う?そんな時期の上手い乗り切り方


 

| 1.大好きなことに向き合えば、何もかも忘れられ気分転換に

趣味に没頭し話したくない人を忘れるということ。嫌なことに出会った時も、趣味などの大好きなことに向き合えば、何もかも忘れられ気分転換になるもの。

話したくないことを忘れるため、以前からやってみたかった物事や周囲から勧められたこと、ネットでなどで評判の良い店を訪れるなど様々なことを試します。

こうやって好きな事柄に没頭していくと、いつの間にか嫌なことも忘れるそんな時期の上手い乗り切り方の一つ。

 

| 2.仕事から離れることも重要で、有給休暇があるなら使う

休暇を取り心を休めるということ。日頃のストレス解消のためには、仕事から離れることも重要で、有給休暇があるなら使うというもの。

思い切って海外旅行をしたりと、これまでまとまった休日がなかったので出来なかったことを実行に移します。

有給休暇は使わないと勿体ないところもあり、使用の義務もあるので、心と身体を休めるのもそんな時期の上手い乗り切り方の一つ。

 

| 3.気心が知れた友人と笑い合うことでストレス解消になる

仲の良い友人と会い思いっ切り笑うということ。話したくないほど気分が落ち込んでいる場合、気心が知れた友人と笑い合うことでストレス解消になるもの。

特に普段笑う機会が少ないようならその効果は抜群で、友人を集めランチ会をしたり、飲み仲間と朝まで飲み明かすなどをしてみます。

時にはお酒を飲みながら他愛もないことで笑い合うと、話したくない気分も忘れるそんな時期の上手い乗り切り方の一つ。

 

| 4.自分で気付かない間にストレスが蓄積している可能性が

自分の時間を満喫するということ。誰とも話したくない時は、自分で気付かない間にストレスが蓄積している可能性があるもの。

パジャマ姿で1日を過ごしたりと、自宅で思いっ切り羽を伸ばすようにすると、苛立ちも落ち着いてストレス解消になります。

更に、自宅でやりたかったけどできなかった、そんな物事に取り組めば達成感も得られ、心に余裕も生まれるそんな時期の上手い乗り切り方の一つ。

 

| 5.手にしないものを買うことで、少し贅沢をしたと気分が

自分に褒美をあげるということ。誰とも話したくない時は、いつもは手に取らないものを買うことで、少し贅沢をしたと気分が晴れるもの。

普段のコンビニ弁当を出前寿司にしてみたり、少しだけ高価な時計やアクセサリー等を購入するなど、自分自身に褒美をあげます。

いつも勿体ないと我慢していることを敢えてすると、達成感が味わえ気分が晴れる、そんな時期の上手い乗り切り方の一つ。

 

 

 


話したくない人とは話さない選択肢もある、注意しておきたい原因面


 

| 1.仕事で疲労が溜まると、誰とも話したくない気持ちになる

身体に疲労が溜まり過ぎているということ。職場が忙しく日々の仕事で疲労が溜まると、誰とも話したくない気持ちになるもの。

残業が続き毎日帰宅するのが深夜だったり、寝ても寝ても眠く身体がだるい状態が1週間以上続いているなど。

このように仕事の疲労を引き摺った状況では、気持ちに余裕を失い、他の人との接点を避けるようになります。

 

| 2.劣っていると信じ込んでいるので、人と話したくないと

他人と比べてしまうということ。自らは他の人に比較して劣っていると信じ込んでいるので、人と話したくないというもの。

成功体験が少ないとか目標を達成できていない場合、自らに自信が持てないので、他人と話すことを避けたい心情になります。

誰かと話しをして嫌われるかもと不安になり、駄目な自分では迷惑になると考えてもいます。

 

| 3.しまった場合、後ろめたさから人と話すことを避けると

嘘を吐いてしまったということ。一時的な感情で嘘を吐いてしまった場合、後ろめたさから人と話すことを避けるというもの。

トラブルを避けたい気持ちがあり、事実よりも物事を誇張して伝えてしまったというものです。

口にしたことに対して罪悪感があるので、人と話す勇気が湧き上がらなくなり会話を避けてしまいかねません。

 

| 4.なかったりした場合、情緒的に不安定になってしまうもの

自らのことで精一杯ということ。仕事面やプライベートの予定が満杯だったり、金銭的余裕がなかったりした場合、情緒的に不安定になってしまうもの。

こういった状況下では、自分自身のことで手一杯で、他のことなど考えることができません。

もちろん他の人に気を遣う余裕などなく、当然のように話をする気分には到底なれません。

 

 

 


話したくない人にはそれなりのことがあるもの、知っておきたい特徴面


 

| 1.棘がある人で、ストレスが溜まって疲れ果ててしまうと

言葉に棘がある人。話したくない人の中に見られるのが言葉に棘がある人で、ストレスが溜まって疲れ果ててしまうというもの。

嫌味を言わなければ気が済まないとか、人を嫌な気持ちにするのが趣味とか、そんなことを思わずにはいられません。

そんな言い方しなくてもと苛立つことも多く、人の気持ちを逆なでして面白がっていると受取られることにもなりかねません。

 

| 2.何にしても否定してくる人で、二の句が告げないという

何にしても否定してくる人。話したくない人の中にいるのが、何にしても否定してくる人で、二の句が告げないというもの。

自分の考え方が正しいと信じ込んでいて、提案したことを全て否定してくる人には、何と返事をして良いのか戸惑うことにもなりかねません。

職場で何でも否定してくるタイプの人は、他人がやったことが優れていても、それを認めたくないだけかも知れません。

 

| 3.口を開けば愚痴ばかりで、一向に進展しない人というもの

ネガティブ発言ばかりのな人。話したくない人の中に見られるのが、口を開けば愚痴ばかりで、一向に進展しない人というもの。

更に、その場から離れた人の悪口を言いまくる、そんなネガティブ発言ばかりの人とは一緒にいても苦痛なだけ。

話を聞いているだけでも、自分がこの場からいなくなれば、当然のように悪く言われると考えてしまいます。

 

| 4.何を話しているのか分かり難い人とは話したくないもの

声が小さく分かりにくい人。あまりもに声が小さく、何を話しているのか分かり難い人とは話したくないもの。

職場ではもう少し大きな声でとお願いしますが、声を出している振りをしていることが多く、実際には変わらず話の内容を理解するだけで精一杯です。

大抵はわざとやっていて、何度も聞き直すのに気が引けて、話の途中で切り上げることにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

会話でも非常にストレスにもなります。ここでは、話したくない人と話すのは辛さを伴う?そんな時期の上手い乗り切り方を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。