なんとなく生きづらい、そんな原因をしっかり把握して解消する方法


近頃なんとなく生きづらい、そんな感じを持つ人が多くなっています。職場や家庭などで上手くいかないことがあると、なんだか息が詰まったり、自分はどこか間違っているのではないか、そのような感覚を持つこともあります。

現代社会は物質的なものについては豊かになっていますが、精神的な面で満たされているかといえば釈然としません。生きづらさの要因を性格を理由とする指摘も多くありますが、これは決定的なものとはなっていません。

ただ、なぜだか裏付けは判然としないものの、生きづらいと感じる一瞬があるのも事実。ここでは、なんとなく生きづらい、そんな原因をしっかり把握して解消する方法を紹介しています。明るい明日に立ち向かいましょう。

 

 

 


虚しくなることも多くある、その理由は漫然とある生きづらさの原因


 

| 1.日本の社会情勢が原因の一つ、働かないと維持できない

崩れ落ちる終身雇用制度や、経済が停滞している生きづらい日本ということ。高度経済成長期にあった幸せの価値観といえば、物理的な豊かさでした。一生懸命働くことで、収入が増加するという仕組みが役目を果たしていました。

結婚して子供を持ち、自宅をを手に入れるというスタイルが常識。現代はそうした生活をすること自体、困難なものとなっています。男性であれ女性であれ同様に働かないと、日常生活を維持できない。そんな生きづらい日本の社会情勢が原因の一つ。

 

| 2.他者の評価を気にすること、心が疲れ果ててしまう原因に

周囲の評判に敏感になり過ぎるということ。人間関係で他の人に否定されるのが怖かったり、傷つきたくないと過剰に怖れることも生きづらさの誘因の一つ。こうした思いは、自身の本当の気持ちを安心して話すことができません。

困難なことに出会っても、自分一人で抱えてしまうので、何とかしようとしても上手くいく事は少なくなります。こういった他者の評価を気にすることで、心が疲れ果ててしまう原因にもなります。

 

| 3.集団の中で、一般的とされる普通から外れることも原因

普通から外れてしまうことへの後ろめたさ。SNSやネットの発達で、ほかの人の暮らしぶりがよく見えるようになっています。自分と周囲を比較しやすくなっているので、普通とされる生活を手にしていないと、無駄に自身を責めてしまうことになります。

価値観が多元的になり、環境や生活状況も変化していますが、それでもみんなが一緒というような同調圧力があるのは確かなこと。このような集団の中で、一般的とされる普通から外れることも原因の一つ。

 

 

 


変える必要がないともいえる、一般的に生きづらいと思われがちな性格


 

生きづらさの要因は性格という説もありますが、これは疑って掛からなくてはならないもの。こういった性格による情報は広く出回っています。

ただこうした情報は生まれ持った性格というよりも、物事に対する捉え方の癖だったり、考え方の癖だったりするもの。ここでは生きづらさの傾向があるとされる性格を見てみます。

 

| 1.大人しい人に限らず、姉御肌もこうしたことに陥りがち

自己犠牲が当たり前になっているということ。自分さえ辛抱すればいう自己犠牲の精神で、さまざまなものを一手に引き受けてしまうタイプ。大人しい人に限ったことではなく、私がやらないと的な姉御肌もこうしたことに陥りがちです。

 

| 2.他の人と比較する、終わりのない競争に踏み込むのと同じ

他者と自分を比べてしまう人。とどまるところがない、そんな言葉があるように、他の人と比較することは終わりのない競争に踏み込むのと同じ。比べれば比べるほど、幸福度は下がるという研究の成果もあるほどです。

 

| 3.中間の可能性を排除、視野が狭くなるのも当たり前のこと

はっきりと事柄を白と黒に分けるタイプの人。白から黒までの色のニュアンスが10段階あれば、最初の白と最後の黒の間はすべてグレー。白と黒に分ければ、中間の可能性を排除することに繋がります。視野が狭くなるのも当たり前のこと。

 

| 4.肩の力が抜けなくなると、どこかで緊張が切れ生きづらく

自分自身に厳格で完璧主義というタイプ。向上心を持っているのは良いことですが、度を超えてしまうと完璧主義に陥ってしまいます。どこまでも肩の力が抜けなくなると、どこかで緊張が切れ生きづらくなってしまいます。

 

| 5.周囲にある正解を優先する性格、生きづらさの原因となる

自分が思うことより、周囲にある正解を優先するということ。世の中にある絶対的な正義や、絶対的な正解などは架空の話。所変われば品変わるという言葉もある様に、常識なども千差万別となっています。周囲にある正解を優先する性格が、生きづらい人になる原因かも。

 

 

 


理由はそれぞれにあるもの、生きづらいと思ったら試してみたい解消法


 

| 1.じっと我慢しなければいけないことは、できる限りしない

嫌なことは段々と減らしていくということ。努力家ほど、嫌なことに敢えて挑戦することで成長できると考えたり、苦手なタイプをクリアできたら、人間関係に自信が持てると思いがち。これでは逆に自信を失うもの。

じっと我慢しなければいけないことは、できる限りしないようにします。嫌なこと全部をを止めるのは困難でも、簡単なことを止め心に余裕を持ちたいもの。

 

| 2.自身に対する真の姿、自己肯定感を増やすなど善後策を

生きづらさの真の姿を知るということ。息の詰まる思いをした時に、何故自分がそう感じるのか、何を怖れているのかを徹底して把握することが不可欠。漫然とした不安感があるだけだと、悩ましいことは実体以上に肥大していくもの。

例をあげると、本音が言えず苦悩しているのであれば、それを言うことで嫌われてしまうことを恐れているのが真の姿かも知れません。自身に対する悪いイメージが原因と分かれば、自己肯定感を増やしていくなど、善後策を考えることができます。

 

| 3.相性が悪いだけの場合、伸び伸び働ける環境の場所を探す

自分の個性を発揮できるシュチュエーションを選ぶということ。職場などが自分にとって似合わないケースでは、他の人はきちんとできているのに、自分はなかなか適応出来ないと気に病むこともあります。

ただこれは、自分との相性が悪いだけの場合も多いもの。そうしたときは、伸び伸び働ける環境の場所を探します。

 

| 4.社会一般で妥当、自身の価値観は行き違うことがあること

常識的な価値観に疑問を持つということ。社会一般で妥当とされている価値観と、自身の価値観は行き違うことがあると自覚すること。

例をあげると、ある週刊誌が男性は料理が上手な女性が理想とした場合。料理が苦手な女性からすれば、自分は当て嵌まらないけれど、気にする必要はまったくありません。実際には、全然気にしない男性もいるので、自分が納得できる価値観を採用します。

 

| 5.本来の姿を受け入れてくれる人々と親交、自分の自信回復

自分自身の居場所を増やすということ。本来の姿の自身を出せる居場所がいくつかあると、生きづらさはかなり緩和されます。職場や学校と自宅の往復だけだと、片方が嫌な場合にはどんどんと辛さが溜まっていくもの。

趣味のサークルなど、家族や仕事以外に人間関係を広げるようにします。本来の姿を受け入れてくれる人々と親交を結ぶことで、自分の自信回復に繋がります。

引き寄せの法則が発動。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

現代社会は物質的なものについては豊かです。ここでは、なんとなく生きづらい、そんな原因をしっかり把握して解消する方法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

 

良ければご覧ください。