助けてほしいと口に出しては言えないもの、早速試してみたい対処方法


人生にはさまざまな出来事があり、助けて欲しいと思う時もあるもの。仕事で大きな失敗をしてしまった時など、本当に誰かに助けて欲しいと叫びたい気持ちになります。ほかにも大好きな人に振られ失恋した時には、人格を否定されたような暗い気持ちに。

こんな恋愛で大きな衝撃を受けた際は、助けてほしい時の代表的なタイミングともいえます。普段の日常生活には、こういったさまざまな助けて欲しい事柄が、次から次へと目の前にやってきます。

一つでも引っ掛かり楽しめない心理状態が続くと、人生を停滞させ疲れ果てることにも繋がりかねません。ここでは、助けてほしいと口に出しては言えないもの、早速試してみたい対処方法を紹介しています。

 

 

 


さまざまなシュチュエーションから見極める、助けてほしい心理状態


 

| 1.必要以上に自分を責めたり、他の誰かから指摘を受けると

仕事上で大きな失敗を犯してしまった時。自分の不注意などで、仕事上で大きなミスをしてしまったときは、激しく落ち込んでしまうもの。できる限り全力で頑張っていても、思うような成果が上がらないことも良くあります。

相手や仲間への迷惑をかけたことで、必要以上に自分を責めたり、他の誰かから指摘を受けると、助けて欲しい気持ちになります。

 

| 2.苦しい時間が継続、心底から本音を打ち明ける人がいない

職場や学校でいじめを受けている時。職場でのパワハラや、学校でのいじめ問題は依然として減少はしないで、大きな社会問題になっています。追い込まれている状況の時は、いい加減にそこから抜け出すこともできず、心が助けて欲しい気持ちで一杯になるもの。

心の底から本音を打ち明ける人や、相談する人が身の回りにいないことで、苦しい時間が継続する傾向となっています。

 

| 3.不信感を抱き、助けてほしいという漫然とした心理だけ

信用を置いていた人に騙された時。普段の日常生活で前提としているのは、、他人との繋がりや信頼関係。中でも、信用を置いていてた人に嘘をつかれたり、騙されていた時などには大きな衝撃を感じるもの。

呆然とするあまり誰かれとなく不信感を抱き、助けてほしいという漫然とした心理だけが残ります。

 

| 4.助けて欲しいと思う一瞬、労力や時間を犠牲にしたことに

努力してきたことが成就しなかった時。恋愛をはじめ、仕事やスポーツなど、全ての人々が好結果を得て、報われることはありません。

なので、一所懸命に努力をしても、結果が出ないことは儘あります。でも自分が経験するのは辛いもの。多くの労力や時間を犠牲にしたことが無駄になる様に感じ、助けて欲しいと思う瞬間があります。

 

| 5.金銭的問題、焦る気持ちが強くなり助けてほしい気持ち

借金を抱えたりと、金銭的な問題に面と向かう時。人生には、怪我や病気といった考えもしない事情により、収入が突然に途絶えることがあります。ほかにも、友人や家族の借財を背負わなければならない、そんな状況に陥ることも少なくありません。

この金銭的問題は、近い未来の生活や命にも直結するため、焦る気持ちが強くなり助けてほしい気持ちが頭をもたげます。

 

 

 


姿を見せる助けて欲しいと思ったとき、試してみたい具体的な対処方法


 

| 1.全体像を冷静に把握、可視化することで問題点が見える

すべてを吐き出して整理する意味で、最初に現状を書き出して見るのも具体的な対処方法の一つ。不幸な出来事や、悩み事に直面しているは、物事が複雑に絡み合い分からなくなっていることもよくあります。

そういう状況では紙に書きだすことで整理し、全体像を冷静に把握してみると、可視化することで問題点がよく見えるもの。助けて欲しいときには有効性があり、改善策を思いつくことも期待できます。

 

| 2.具体的な案がなくても、誰かに相談すると気が楽になる

一番解決しやすい方法ともされるのが、仲の良い良い友人や家族に話を聞いてもらうということ。問題点や悩みの本質というのは、上向きに転じる具体的な案が出なくても、誰かに相談したり話すことでで気が楽になるもの。

仲の良い良い友人や家族のなかに、うなずいて話を聞いてくれるような人がいれば、甘えて相談してみます。頼れる人がなかなか見つからない場合は、公民を問わないで相談できる機関などを探します。

 

| 3.心身のリフレッシュは、解決策に繋がる具体的な対処方法

体を動かし運動をして、汗を流すということ。助けてほしいと思うほど苦悩している時は、精神的にはストレスも蓄積しています。一人で紋々としていても、なかなか良いアイディアが思い浮かばないのであれば、思い切って運動をしてを流します。

そうすることでストレス発散になるだけでなく、食欲や睡眠欲も促され、健康的な身体と心を取り戻すことに。心身のリフレッシュは、解決策に繋がる具体的な対処方法です。

 

| 4.気が済むまで寝る、生活習慣を再び調整することを意識

考えごとが続く日々は、どうしても寝不足になりがち。いつも体調がすぐれない状態になっている場合、考えすぎて眠れないことが理由で、睡眠周期が棄損していることも。

ずっと眠気がとれないケースであれば、一度気が済むまで寝てみることで、生活習慣を再び調整することを意識します。健康状態が整えば、助けてほしい問題に改めて向き合えます。

 

| 5.現実逃避をすること、頭が冴え新鮮な発想ができるように

嫌な事柄からは逃げてもいいということ。苦しい状況から脱却を目指そうとし過ぎると、如何せん視野や考え方が偏ったものになりがち。なので、必ずしも嫌なことに向き合う必要はなく、凝り固まった気持ちをほぐすため、映画やアニメなどを観て現実逃避するのも方法。

数時間ほどの現実逃避をすることで、頭が冴え新鮮な発想ができるようになります。ときには逃げるという選択肢もあります。

 

| 6.視野が広がると、見えなかった解決方法や盲点を発見する

普段の日常生活が繰り返しになっているなら、敢えてそこから離れてみるというのも対処法の一つ。旅行に出かけ素晴らしい景色に触れてみたり、没頭できる趣味に打ち込んだりすることで、非日常の新しい価値観を掴みます。

思いっ切り息抜きをすることで、視野が広がり見えなかった解決方法や、誘因となっている盲点を発見する可能性もあります

 

| 7.悩む人が数多くいる、起死回生の策もそれだけ沢山ある

助けてほしいのは、自分だけではないと知ること。現在の状況で苦悩しているのは、決して自分だけではありません。その証拠に、助けてほしいとGoogle検索している人たちは、月に数千人にも上ります。

そのほとんどが、助けてほしいと思いながら、自身の人生と向き合って生きているものです。同様に悩む人が数多くいるということは、起死回生の策もそれだけ沢山あるということ。

 

 

 


再び助けて欲しくなる時が到来、そうなる前に事前に準備しておくこと


 

| 1.信頼できる人、困ったときに頼るという選択肢が選べる

周囲に頼れる人を増やしておくということ。自分が信用して任せることができる人が大切です。信頼できる人を増やしておくと、困ったときに人に頼るという選択肢が選べます。

学生であれば、先生をはじめ、先輩や友達にスクールカウンセラーなどが考えられるところ。学校に居ない場合は、習い事やサークルなどで出会いを広げ、信頼できる人を作ります。

 

| 2.選択肢が増えること、悩んだときに乗り越えていく可能性

貯金をしておくということ。お金がないという状態は、精神的に追い詰められます。なので毎月少しずつでも貯めるように努力します。

貯金があれば、買い物や旅行など、気分転換の手段がいつでも取れるように。選択肢が増えることは、悩んだときに乗り越えていく可能性も大きくなります。

 

| 3.助けて、習慣的にカウンセリングを受けられる土台を準備

定期的に専門家のカウンセリングを受診するのも効果的。相談できる相手が必ずいるというのも、心の支えになるもの。心の専門家である相手と会話すれば、気持ちも楽になること請け合い。

何とかなる方法があるのを理解しておくと、助けて欲しいとなった時も安心です。習慣的にカウンセリングを受けられる土台を準備。

引き寄せの法則が発動。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

人生にはさまざまな出来事があります。ここでは、助けてほしいと口に出しては言えないもの、早速試してみたい対処方法を紹介しました。その機会に、ぜひお役立てください。

 

こちらもご覧ください。