成功者と呼ばれる人たちに学ぶ、人生の目標を発見するための対処法


目標がないと頑張れないという人も多くいるもの。確かに人生の目標がはっきりしていないと、何かにつけ不安を感じることになります。モチベーションはいくら頑張っても上がらず、ともすれば苦悩することになる可能性も排除できません。

目標がないというと周囲からは、目標は持つべきと諭されたりもします。挑戦したいことがあり、夢に向かって努力している人は輝いて見えるもの。ただ目的はそれほど、やすやすと見つかるものではありません。

かといって目標は無理矢理つくるものでもなく、立てる目標によっては自分自身にとって、否定的に働くことも考えられます。ただ大きな目標と終着点を上手く設定できると、有意義な人生が過ごせるのは間違いのないところ。

ここでは、成功者と呼ばれる人たちに学ぶ、人生の目標を発見するための対処法を紹介しています。

 

 

 


生き甲斐を探すことができないなど、人生の目標がないとされる要因


 

| 1.自分と向き合う時間が少ない人は、人生の目標がない要因

シンプルに日々が忙し過ぎ、考える時間が短いということ。人生の目標といえば自己分析を繰り返し、自分自身が本当にしたいことを明確にした上で決定するもの。

なので仕事や家事など日々の日常生活が忙しく、自分と向き合う時間が少ない人は、人生のチャレンジ目標がない要因になります。手早く解決すべき問題が多過ぎ、長期的視点に立った考え方を見失うことはよくあるもの。

 

| 2.自身が出来ることの楽な道を選び、視野が狭くなりがち

固定観念や常識的な事柄の制約に囚われ、視野が狭くなっているということ。家族や厳しい教師の影響などにより、しなければならないと決めつけられると、大きな目標を持つのは困難なもの。

人生の目的がない人たちの多くは、固定観念や常識といった、人からどう見えるかを気にし過ぎる傾向があります。なので、自身が出来ることの楽な道を選び、視野が狭くなりがち。

 

| 3.目標を掲げることに嫌気がさし、モチベーションを失う

手っ取り早く結果がでることを望むということ。人生に目指す目標がない人というのは、1度の挑戦や何回かの取り組みで結果が出ないと、あっさり諦めてしまうもの。

僅かな努力で最高の結果を追求するので、努力しても目標に辿り着けないと考えることにもなります。そうした状態が続くことで、目標を掲げることに嫌気がさし、生きる目的やモチベーションを失うことに繋がります。

 

| 4.目標を設定することから逃げている、目的を見失う状態

過去に挫折したことにより、目標を持つ気概を失っているということ。小さな目標であれ到達点を設定しても、当たり前ですが全てが叶うわけではありません。

過去にそんな挫折や失敗をしたという体験から、目標を目指して努力することに楽みを感じられないのも、人生に迎え撃つ目標がない人の特徴の一つ。目標を決すること自体を回避しているため、方向を見失う状態が続いています。

 

| 5.本来は別けて考えるべき、大目標と克服する小さな目標

現実離れした目標を立て、失敗を繰り返しているということ。目標に対しての設定方法や、それを叶えていくためのやり方、そうしたことを間違えている人も意外に多いもの。

現実離れした大目標と、それに向かうために克服する小さな目標は、本来は別けて考えるべき。ただ、それらを混同しているので失敗を繰り返しがち。最終的には目標を持っても叶わないという自覚が芽生え、設定すること自体を止めてしまいます。

 

 

 


人それぞれのタイプによって違う、照準を合わせる2種類の目標設定


 

| 1.何をするかを大事にする人、成功者が多いといわれている

最初は、目標設定に対して、何をするかの行動に重点を置くタイプ。これは結果を重視する効率主義の人で、競争心が高く期限を大事にする傾向があります。

例をあげると、日本国内のIT教育問題を解決したいや、東南アジアでの貧困問題を解決したいなどの目標を掲げます。この何をするかを大事にする人たちに、成功者が多くいるとされています。

 

| 2.プロセスを重視する、どうありたいかに重点を置くタイプ

次は、目標設定に対して、どうありたいかに重点を置くタイプ。これはプロセスを重視する人で、目の前のことが大事で期限はあまり設けない傾向にあります。

例をあげると、笑顔を絶やさない人でありたいや、人から救済を求められる人間でいたいなど。目標がないと思い悩む人は、目標は何かを成し遂げることとするのが常。無理に見つけ出すことはせず、何をするかとどうありたいかを考えます。

 

 

 


抽象的で曖昧なもの、人生をもっと豊かにする生きる目標の見つけ方


 

| 1.好奇心を取り戻す、視点が変わり大きな目標を立てられる

小さい頃に夢中になっていた経験を思い出してみる方法。年齢を重ねると大人の事情というものが出来上がり、自分でも気がつかない間に制限をかけてしまいがち。そんな時は、幼少期に無我夢中で楽しんでいた経験を思い起こすことが、本来の自分を知るためのヒント。

小さな頃に、本当の好きが根幹にあります。素直な好奇心を取り戻すことで、視点が変わり大きな目標を立てられることも多いもの。。

 

| 2.何故そんな目標を立てた、掘り下げて聞いてみると参考に

周囲にいる人生の目標に邁進している人の話を聞くことや、自分の魅力を尋ねてみるという方法。大きな目標を掲げている人がいれば、何故そんな目標を立てたのか、掘り下げて聞いてみると参考になるもの。

あるいは自身の長所を、客観的な視線を持っている周りの人聞いて見ること。そうすれば、人生をもっと豊かにする生きる目標を探るポイントに。

 

| 3.自身の特徴を把握、達成が思い描ける目標づくりに活かす

リミッターを解除して、無制限にやりたいことを書き出してみるという方法。人生の目標を掲げる上で、自分の真の姿を探求する自己分析は必須。

なので固定概念や、人の目を気にしないで、挑戦したいことや試してみたいことを紙に列挙してみます。自分の思いをすべて吐き出してみることで、自らのやりたいことが判りやすくなるもの。自身の特徴を把握できれば、達成が思い描ける目標づくりに活用できます。

 

| 4.小さな達成感、本来目標に向かうモチベーションを上げる

小さな目標を立て、少しずつ段階を上げていくという方法。目標を立てること自体の苦手意識克服のため、先ずは小さな目標を立て達成する習慣をつけます。工程を細かく区切り、何をどうやってや、どんな場所でやるか、どんな知識や能力が必要か、成果を見せたい人など。

小さな達成感の意味を感じながら、本来の目標に向かっていくモチベーションを上げていきます。

 

| 5.新鮮な気づきが得られ、より多くの可能性を手にすること

現在興味を持っている、新しいことに挑戦する方法。生き甲斐を持って実践できる新しい仕事や趣味は、
没頭することでさらに感情が移り好きになることは良くあるもの。

新しいことに挑戦してみると、新鮮な気づきが得られ、より多くの可能性を手にすることができます。自分らしさを探究する材料にもなるので、生きる目標が立てやすくなります。

 

 

 


何を指しているのか分かりにくいもの、人生に目標を掲げる意味合い


 

| 1.プラス思考で過ごせる、満たされた人生を送れる意味合い

活力溢れる人生を送れるということ。単純に到達できそうにない大目標を持っていると、たとえミスを犯しても思い悩むことがなくなります。

失敗しても、自身の目的に到達するための体験と割り切りやすくなり、前向きな考え方になるもの。人生に目標がない人と比較して、プラス思考で過ごせるため、満たされた人生を送れる意味合いがあります。

 

| 2.意図的に安全圏から逃れる、成長しやすく興味深い経験

自分の未知の領域の経験ができるということ。大きな目標というと、イメージしにくい知られていないもの多いでもの。

なので、目標に到達するまでの苦労や挑戦、たまに発生する失敗談なども未知の経験になります。目標到達のために意図的に安全圏から逃れることで、成長しやすく興味深い経験に溢れた人生を過ごせます。

 

| 3.一生を捧げて取り組む高尚テーマ、長期的観点が身につく

長い一生を過ごしている間に、将来のやるべきことに悩まなくなるということ。目標がないと仕事にも無気力になりがち。人生の目標というのは、その名の言葉通り、人が一生を捧げて取り組む高尚なテーマ。持っていると、長期的な観点が自然と身につきます。

将来的に大きな目標達成している自身から、人生を逆算していけるため、現在何をすべきかという迷いがなくなります。

将来を引き寄せる。

夢の実現を引き寄せる最短ルート

 

まとめ

目標がないと頑張れないという人いるもの。ここでは、成功者と呼ばれる人たちに学ぶ、人生の目標を発見するための対処法を紹介しました。明日のために、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。