下に見られるのは因果応報かも知れない、上手く乗り越えていく対処術



人生を過ごしていると、下に見られることがあるもの。ふとした瞬間に何だか見下されている、そうした心境になることがあります。

下に見られるのが嫌なのは誰しもですが、見下している側は意識的にしている時と無意識に行動に反応している場合があります。

下に見られる人は穏やかな雰囲気をしていることも多く、何をしても許してくれそうなので、理不尽に見下さることにもなりかねません。

大きな声で明瞭に話す人物は溌剌とした印象を受けますが、小さな声で話す人は消極的なイメージで下に見られることになります。

これでは恋愛なども含めて人間関係で困ることにもなりかねず、先々に向け相応の取り組みが必要。

ここでは、下に見られるのは因果応報かも知れない、上手く乗り越えていく対処術を紹介しています。

 

 

 


下に見られるのは因果応報かも知れない、上手く乗り越えていく対処術


 

| 1.悪かったり声が小さかったりと、物理的な要因が大きい

形から下に見られないようにするということ。下に見られるのは姿勢が悪かったり声が小さかったりと、物理的な要因が大きいもの。

こちらの方が改善は簡単にできるので、先ずは見た目から直していくのが上手く乗り越えていく対処術の一つ。

背筋を伸ばすのはもちろんのこと、話す際には相手の目をきちんと見て明瞭に話すほか、会話の最中に無駄な動きをしないなどです。

当たり前のことばかりですが、一つでもできていないと、下に見られる可能性が高まるので意識するよう心掛けます。

 

| 2.脱却するには、自分自身に能力を身に付けていくという

能力を身に付けるということ。手っ取り早く下に見られることから脱却するには、自分自身に能力を身に付けていくというもの。

仕事で下に見られる場合でも、能力を付けることで見下されにくくなる上、自分の心の中でも気持ちにゆとりを持つことができます。

能力が身に付いて結果を残せると、自信も湧き上がり挙動不審といった、下に見られる要因もなくなる上手く乗り越えていく対処術の一つ。

仕事で下に見られ見下されている時は、先ず能力や知識をきちんと身に付け結果を出すようにします。

 

| 3.大切していかないと、相手からも大事に思っては貰えない

自分自身を大切にするということ。自分で自分を大切していかないと、相手からも大事に思っては貰えないというもの。

怒ることもなければ主張することもない、そんな自信を感じられない態度に共通しているのが、自分自身を大切にしていないということ。

集団生活の中で過ごしていく上では、身勝手なことはせず自分を押し殺して働く方が効率的ですが、常にそうしていては精神的に持ちません。

なので自らに自信がない人は、もう少し自分を大事にして好き勝手してみるのも上手く乗り越えていく対処術の一つ。。

 

| 4.同時に下記の特徴に当て嵌まっていないかを知るという

下に見られる原因を知るということ。自信を付けるのは当然必要ですが、同時に下記の特徴に当て嵌まっていないかを知るというもの。

当て嵌まっていることがあれば、どういう風に改善するかを実践していくことで、一層下に見られ難くなる上手く乗り越えていく対処術の一つ。

表面的な改善だけをしていった場合、ふとしたタイミングで戻ってしまうことにもなりかねません。

繰り返しにならないよう、自分を大切にし自尊心を上げる根本的な改善策を実行するように心掛けます。

 

 

 


そこには様ざまな面があるもの、知っておきたい下に見られる人の特徴


 

| 1.主張をすることで下に見られることは俄然減っていくもの

自己主張をしないということ。やり返したらいじめがなくなったなどの話があるように、主張をすることで下に見られることは俄然減っていくもの。

大切な相手なら主張しなくても尊重されますが、さほど深い関係ではない場合、主張しないと下に見られ粗略に扱われることにもなりかねません。

意見を言わない人の記憶は薄くなりがちで、自らの意見をどんどん主張する人は、一目置かれて少し怖がられる存在ともなりかねません。

 

| 2.怒らないタイプは、何しても良いと判断され下に見られる

何をしても怒らないということ。主張しないことと一緒で、何をしても感情が乱れないで怒らないタイプは、何しても良いと判断され下に見られるというもの。

人間はコミュニケーションを取るとき、こう言えば気分を害するかも知れないとか、こう言えば怒るかも知れないなど少し考えながらしています。

何をしても怒らない人には、段々と何を言っても大丈夫と思うようになり、人によっては馬鹿にしたり軽く扱うなど見下してくることがあります。

 

| 3.雰囲気など、見るからに挙動不審な行動をしている人が

挙動不審で落ち着きがないということ。見た目や話している雰囲気など、見るからに挙動不審な行動をしている人がいるもの。

五感に関係するような情報は大きくイメージに影響するので、姿勢が悪かったり曖昧に話すなど、挙動不審な態度は下に見られることになりがちです。

自分ではそうした振る舞いに気付きにくく、癖を直していくのは大変ですが、下に見られないよう徐々に意識して改善を心掛けます。

 

| 4.抜群に仕事ができれば下に見られることは滅多にないもの

能力が劣っているということ。いくら主張もしないで挙動不審なところがあっても、抜群に仕事ができれば下に見られることは滅多にないもの。

能力が充分に高ければ、むしろ無口であったりすることや挙動不審なところも、反対に長所として受取られます。

またメインの仕事は無論のことですが、営業でも抜群にパソコンに詳しかったり、エンジニアでも交渉力が高い人は非常に重宝されます。

 

 

 


下に見られることの意味を掴むことが大事、注意しておきたい心理状況


 

| 1.大切にできないので、相手からも下に見られることになる

自信がないという心理状況。自尊心や自信を持っていない場合、自分で自分を大切にできないので、相手からも下に見られることになるというもの。

過剰に自信を持っているようなナルシストでは良くありませんが、日々積み重ねることで自信を身に付けていくことがポイント。

ほとんどの人は自分を大事することがなく、能力や気持ちを低く見積もりがちなので、定期的に自分自身を大切にし自信を養うよう心掛けます。

 

| 2.信用した場合、何も考えていないと取られ下に見られる

単純ですぐに人を信用するという心理状況。素直なのは良いことの一つですが、余りに単純ですぐに他人を信用した場合、何も考えていないと取られ下に見られるもの。

何でもかんでも疑って掛かるのは良くありませんが、すぐに他人を信用してしまう人は、一旦立ち止まり自分で考える癖を付ける方が良いかも知れません。

普段からあまりも疑いを持たなければ、騙されることもあり、そうなると自分自身が傷つくことになるので注意します。

 

| 3.内向的で小心者だと受取られ下に見られることがあるもの

自分から話さないという心理状況。普段から自分から話し掛けることがない場合、内向的で小心者だと受取られ下に見られることがあるもの。

相対して面談や商談を行ったりする際も、先ず自分から声を掛ける人の方が力強く見え見下され難くなります。

話し掛けられる側からすると、自然にしているだけで気づき難いことですが、話し掛けている方は相手からから話し掛けてこないと感じているかも知れません。

 

 

 

まとめ

そうした心境になることさえあります。ここでは、下に見られるのは因果応報かも知れない、上手く乗り越えていく対処術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。