厳格な人はサイコパスかも知れない、嫌悪感を露わにしない上手い方策



身近なところにも、厳格な人がいるもの。規則を重んじて融通が利かないところがあり、頭が固いと言われるような人物。

厳格な人の意味はといえば、不正や怠慢を許さない人で例外などは許容しません。

また自らの意見を押し通そうとするところがあり、その際は威圧してでも我を通そうとします。

本来であれば説得を試み納得させることで、自分自身の意見を通すのが筋ですが、厳格な人は辛辣な言葉を浴びせ威圧することで通します。

なので、関りを避けられない場合、当初から厳格な人とは何がどうなのかをきちんと掴み、相応の対処していくことが必要ともなりかねません。

ここでは、厳格な人はサイコパスかも知れない、嫌悪感を露わにしない上手い方策を紹介しています。

 

 

 


厳格な人はサイコパスかも知れない、嫌悪感を露わにしない上手い方策


 

| 1.言葉は、適当に聞いている素振りをして聞き流すという

聞き流すということ。厳格な人の手厳しい意見やきつすぎる言葉は、適当に聞いている素振りをして聞き流すというもの。

現実はためを考えて言っていることもありますが、嫌な喋り方をするときは聞き流すのが嫌悪感を露わにしない上手い方策の一つ。

厳格な人がどうしても好きになれない時は、適当に相槌を打つことで、耳を貸している姿勢を貫くよう心掛けます。

 

| 2.嫌いなケースでは、一先ず距離を離すことで落ち着くと

距離を離すということ。厳格な人が好きになれなかったり、如何にしても嫌いなケースでは、一先ず距離を離すことで落ち着くというもの。

厳格な人と関わりを避けるためにも、物理的な距離を置くようにすることが嫌悪感を露わにしない上手い方策の一つ。

厳格な人は言い返さない人間を標的にしているところがあり、物理的な距離ができるとターゲットから外れることも珍しくありません。

 

| 3.厳しい意見をしているかは、当人にしか分からないという

明瞭に伝えるということ。厳格な人がどういう意図を持ち厳しい意見をしているかは、当人にしか分からないというもの。

何度も続くようなら、そういう言い方をするのはやめて欲しいと、明瞭に伝えてみるのも嫌悪感を露わにしない上手い方策の一つ。

厳格な人が悪気がなかった場合は、素直に謝罪してくれることも期待でき、次回から言葉を選んでくれるはずです。

 

| 4.ならない時は、信頼できる客観的な第三者に相談すると

客観的な第三者に相談するということ。厳格な人を相手にしてもどうにもならない時は、信頼できる客観的な第三者に相談するというもの。

但し、相手が上司などの場合は何を言われても逆えないときもあり、そのときは躊躇せずに更に目上の人に相談するのが嫌悪感を露わにしない上手い方策の一つ。

時と場合によってはモラハラやパワハラなどの可能性もあり、本当に信頼できる人を選んで相談するようにします。

 

| 5.ケースでは、社会人として避けたいものの無視するという

無視してみるということ。どうしても厳格な人が好きになれないケースでは、社会人として避けたいものの無視するというもの。

厳格な人は言い方も激しいところがあり、一緒にいるのが辛いようであれば、何を言ってきても無視するよう心掛けます。

相手が上司のときは無視できませんが、友人や同僚であれば知らん顔して無視するのも嫌悪感を露わにしない上手い方策の一つ。

 

 

 


厳格な人の言い換えは辛辣になることも、覚えておきたいそんな特徴面


 

| 1.言葉遣いというだけではなく、どこかその態度も攻撃的

攻撃的であるということ。厳格な人に見られるのが、言葉遣いというだけではなく、どこかその態度も攻撃的というもの。

言い方が厳しいことからも理解できるように、厳格な人は他人を寄せ付けない、そんな雰囲気を醸し出しています。

結果として、厳格な人は近寄り難いところもあり、それは態度や姿勢が攻撃的に見えるからに他なりません。

 

| 2.奥底にあるのが、他者が悲しむ姿を見るのがとても楽しい

他者の悲しむ姿を見て楽しいということ。厳格な人の心の奥底にあるのが、他者が悲しむ姿を見るのがとても楽しいというもの。

厳格な人の中には幾分サイコパス的なものも潜んでいて、他者が傷付いたり悲しんだりしている姿を見るのが好きな所があります。

それは優越感が覚えられるからですが、他者が悲しむ様子を見て喜ぶなどというのは、少し怖い感じを受けかねません。

 

| 3.始めると止まらない、そんな手厳しい言葉が続くという

頭の回転も速いということ。厳格な人に見受けられるのが、一旦話し始めると止まらない、そんな手厳しい言葉が続くというもの。

これは頭の回転自体が速いともいえ、相手を言い負かすことができるのは、厳格な人が物事を呑込むのが速いからとも言えます。

わざわざ相手が一番ダメージを受ける言葉を選ぶような人ほど、頭の回転が速いという証拠にもなっています。

 

| 4.何事も対する物事を勝ち負けに置換えてしまうというもの

勝ち負けに執着するということ。厳格な人に見られるのが、何事も対する物事を勝ち負けに置換えてしまうというもの。

結果的に、わざわざ相手がダメージを受ける表現をしたり、言い返せないような言葉を選択してぶつけてきます。

相手が言い返してこない時は、勝ち負けでいうと己の勝ちになる、そんな風に感じているからです。

 

 

 


厳格な人は恋愛にも厳しいところがあるもの、知っておきたい心理状態


 

| 1.普段の態度を見てもとても冷徹なところがあるというもの

冷静という心理状態。厳格な人に見受けられるのが、普段の態度を見てもとても冷徹なところがあるというもの。

厳格な人は厳しい言葉を口に乗せることで、何となく感情的になりやすいイメージがありますが、決してそんなことはありません。

冷静に且つ淡々と言葉を並べ立てていくので、感情的になり怒鳴られるより、静かに怒りを燃やされる方が恐怖を感じるのと似ています。

 

| 2.心の底にあるのが、己が正しいと信じ込んでいるという

己自身が正しいと信じ込んでいるという心理状態。厳格な人の心の底にあるのが、己が正しいと信じ込んでいるというもの。

自信過剰なところもあり己自身は正しいと思い込んでいるので、相手が黙り込むまで手厳しい言葉を続けかねません。

結果として、何かの問題が生じても、己の言い分や考え方が正しいと思った時は、何がなんでも譲ることなどありません。

 

| 3.基本的に生真面目な部分が多々見られるというものです

非常に生真面目という心理状態。厳格な人は完璧主義的な傾向があり、基本的に生真面目な部分が多々見られるというもの。

生真面目だからこそ、完全に仕上げなければならない、そんな風に重圧を感じることになりかねません。

何事も真面目に取り掛かる人ほど、他者への態度が厳格になってしまうという傾向も見られます。

 

| 4.中にあるのが、相手のためを思い言葉を口にしていると

相手のためを思うという心理状態。厳格な人の心の中にあるのが、相手のためを思い言葉を口にしているというもの。

期待している部下に向かって言うように、相手のためを思いわざと手厳しい言葉を並べているということがあります。

厳格な人はものの言い方にこそ問題もありますが、それは反対の優しさからということもあり得ます。

 

 

 

まとめ

際は威圧してでも我を通そうとします。ここでは、厳格な人はサイコパスかも知れない、嫌悪感を露わにしない上手い方策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。