引っ込み思案の末路も厳しいものがある、上手く乗り越えていく治し方



人生を過ごしている中には、引っ込み思案で悩むこともあるもの。引っ込み思案のというのは、何事も自ら行動を起こすようなことはせず、受け身がちな人。

引っ込み思案の意味をみると消極的な態度を表しますが、頭の中で考えを巡らせる思案は引っ込んでいるのが当然ということに由来します。

引っ込み思案になるのは、幼少期からの経験はもちろん家庭や周囲の環境など、様ざまな要因があり無意識に心に刻まれ、大人になってもそのままということにもなりかねません。

また引っ込み思案と人見知りの違いというのも良く取り沙汰されますが、どちらにしても仕事や人間関係のほか恋愛にも大きなマイナス影響があります。

なので、自覚があり直したいと思う時は相応の対応が必要不可欠。

ここでは、引っ込み思案の末路も厳しいものがある、上手く乗り越えていく治し方を紹介しています。

 

 

 


引っ込み思案の末路も厳しいものがある、上手く乗り越えていく治し方


 

| 1.感じさせたケースでは、当たり前に相手側も避けるように

相手に向かって興味や関心を持つよう心掛けるということ。こちら側が相手に無関心な雰囲気を感じさせたケースでは、当たり前に相手側も避けるようになるもの。

コミュニケーションが途切れると会話も成立しないので、人間関係を構築していくためには、先ず相手に興味を持つのが上手く乗り越えていく治し方の一つ。

己自身の態度が引っ込み思案を脇に置き、相手が積極的に意思疎通を図ろうとする切っ掛けにもなりかねません。

 

| 2.基本的なもので、後の人間関係を良好にする切っ掛けとも

先ずは己から挨拶するよう癖付けるということ。挨拶はコミュニケーションでは基本的なもので、後の人間関係を良好にする切っ掛けともなるもの。

積極的に己から挨拶する習慣を付けると、相手との距離感も近くなってくるので、その後の会話もしやすくなります。

挨拶は非常にシンプルで短いので、極端な引っ込み思案の人に最良ともいえる上手く乗り越えていく治し方の一つ。

 

| 3.声が小さく何を言っているのかが分からないことがある

声を大きくして明瞭に話すのを意識するということ。引っ込み思案な人に見られるのが、声が小さく何を言っているのかが分からないことがあるもの。

自己主張が苦手な引っ込み思案なタイプの人は、意識して大きな声で明瞭に話をするよう心掛けます。

相手に己自身の意思が伝わった時は、意思疎通を相手側も図ろうとする、そんな切っ掛けにもなる上手く乗り越えていく治し方の一つ。

大きな声で不自然に話す必要はありませんが、普段から小さな声しか出ない人は、少し大袈裟に声を出すように心掛けます。

 

| 4.話すのはもちろんのこと、相手の話を聞くことが含まれる

聞き役に徹した態度を覚えるということ。コミュニケーションで重要となるのが、己が話すのはもちろんのこと、相手の話を聞くことが含まれるもの。

きちんと人の話を聞く態度を見せれば、相手にとって非常に良い話し相手と認識される上手く乗り越えていく治し方の一つ。

引っ込み思案でどうしても己から積極的に話すことに抵抗があるケースでは、先ずは聞き役に徹することからスタートするようにします。

相槌などのリアクションをして、話をしっかり聞いているのをアピールするのが秘訣で、聞き役で自信が湧けば話す側へと回る切っ掛けともなります。

 

| 5.話をする時の失敗の一つに会話が途切れることがあるもの

沈黙を怖がらないということ。引っ込み思案の人が怖れているのが、話をする時の失敗の一つに会話が途切れることがあるもの。

但し、現実に会話が続かないのはよくあることで、余程のお喋り好き同士でもない限り思うようには継続しません。

会話での沈黙を怖がって最初から喋らないのでは意味がないので、続かなくても平気と意識付けするのが上手く乗り越えていく治し方の一つ。

 

 

 


引っ込み思案を治すには切っ掛けを知ることも大事、注意したい原因面


 

| 1.何を話せば良いかが分からず、緊張したり不安になるもの

何を話したら良いか分からないということ。人と会話するのが苦手な引っ込み思案の人は、会話するときに何を話せば良いかが分からず、緊張したり不安になるもの。

話の切っ掛けを掴むことができなかったり、会話のキャッチボールも続かないなど、コミュニケーションのしようがありません。

こういったコミュニケーション能力や会話能力の欠如は、引っ込み思案の典型的な原因で、悩む人もまた多くいます。

 

| 2.己自身が相手にどう映っているかを気にし過ぎるという

評価を気にし過ぎるということ。引っ込み思案の原因ともなっているのが、己自身が相手にどう映っているかを気にし過ぎるというもの。

こんなことを言えば嫌われるとか、これを言えば馬鹿にされるなど、気にし過ぎて気後れするのでコミュニケーションが取れません。

余りに自意識過剰になっていると、執拗に人目を気にすることになり、更に引っ込み思案の状態を引き起こすことになります。

 

| 3.裏切られたことが原因で引っ込み思案になったというもの

過去にトラウマとなった経験があるということ。過去に大失敗を犯して恥ずかしい思いをしたり、裏切られたことが原因で引っ込み思案になったというもの。

失恋やいじめが代表例ともなっているように、人間関係で大きなダメージを受けた場合、人を避けてしまう切っ掛けともなりかねません。

それまで引っ込み思案などとは無縁で、恋愛や仕事に関して積極的だった人間でも、トラウマを切っ掛けに突然引っ込み思案になることもあります。

 

| 4.取る必要はない、そうした考え方をしているというもの

人に興味がないということ。引っ込み思案の人に見られるのが、誰ともコミュニケーションを取る必要はない、そうした考え方をしているというもの。

そもそも相手に関心や興味がないケースでは、話をしたりすることもなければ相手の話を聞く必要もありません。

こういった原因が無関心から生まれている引っ込み思案は、最も本人に問題意識が芽生えることのないパターンです。

 

 

 


引っ込み思案は大人になって苦労することも、覚えておきたい特徴など


 

| 1.人を疑いやすく心を許すまでに相当の時間が掛かるという

非常に警戒心が強いということ。引っ込み思案の典型的なパターンにあるのが、人を疑いやすく心を許すまでに相当の時間が掛かるというもの。

この理由の引っ込み思案に悩む男性や女性は多く、他の人に対して警戒心が強いケースでは、どうしても己自身を表すことも難しく会話になりません。

仕事上の付き合いなど、初対面や良く知らない相手の場合、良く理解もできないで壁を設けてしまうことになりかねません。

 

| 2.楽しめないので、引っ込み思案になってしまうというもの

基本的に暗い雰囲気ということ。暗く後ろ向きなパターンの人は、人付き合いを楽しめないので、引っ込み思案になってしまうというもの。

反逆に積極的で明るいと言われる人は、人付き合いも上手なことが多く、だからこそ明るい人と言われます。

面白い話術などできなくても普通の世間話ができれば十分ですが、ネガティブで暗いタイプはそれすら苦痛になりかねません。

 

| 3.遠慮したり恐れたりとそうは主張することができないもの

控えめで己の意見を伝えられないということ。己自身を出せない引っ込み思案タイプは、遠慮したり恐れたりとそうは主張することができないもの。

己自身の都合よりも相手の主張を優先するところがあり、いつもこうした姿勢で過ごしていると、周りも遠慮して話しかけづらくなりかねません。

控えめな傾向の人物は、コミュニケーション自体も消極的になるので、典型的な引っ込み思案パターンに陥りかねません。

 

 

 

まとめ

恋愛も大きなマイナス影響があります。ここでは、引っ込み思案の末路も厳しいものがある、上手く乗り越えていく治し方を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。