えこひいきがある職場で逆転したいもの、問題を起こさない付き合い方



身の回りを見渡すと、えこひいきが職場にあるもの。周りにえこひいきをする人がいると、決して良いイメージを抱くことはできません。

もちろん職場では上司をはじめ、女性にしても男性にしてもえこひいきする人がいるのが半ば当たり前となっています。

逆から見れば、世の中には贔屓をされやすいタイプとそうでない人がいます。

但し、えこひいきをされないからと言って、仕事をきちんとしていない訳でもなく、人間性に問題があるということではありません。

えこひいきは職場でのパワハラに繋がることもあり、ストレスも溜まることになるので対応には注意が必要です。

ここでは、えこひいきがある職場で逆転したいもの、問題を起こさない付き合い方を紹介しています。

 

 

 


えこひいきがある職場で逆転したいもの、問題を起こさない付き合い方


 

| 1.周囲の人たちは理解していると、少しは気持ちが収まる

周囲との人間関係を良好に維持するということ。えこひいきがある職場でも、周囲の人たちが不当であると理解していると、少しは気持ちが収まるもの。

不当な扱いがあった際も、味方になってくれるかも知れず、関係を良好に維持するのが問題を起こさない付き合い方の一つ。

ただ注意すべきポイントは、周囲を味方につけようと上司の悪口を言わないことで、それは自分自身にとって何もプラスにはなりません。

 

| 2.構築できていないところに問題があるかも知れないもの

信頼を得る努力をするということ。えこひいきを覚えているのは自分だけで、上司との間に信頼関係が構築できていないところに問題があるかも知れないもの。

ここは一歩引いてみることも大切で、先ずは上司から信頼して貰うことを考えてみるのも問題を起こさない付き合い方の一つ。

上司の考えの先回りをして積極的に動けていたかとか、建設的な意見を出すことができていたかなど、自分自身の仕事のやり方を振り返ってみるのも大事かも知れません。

他者がえこひいきされていると思い、上司を信頼し一緒に仕事を頑張るという気持ちが薄れていれば、良い関係を築くことも難しくなってしまいかねません。

 

| 3.えこひいきを上司ができない状況を作り上げていくという

目に見える結果にこだわるということ。仕事で成果を残すことで、えこひいきを上司ができない状況を作り上げていくというもの。

表に数字として現れる成果だったり、一目瞭然の結果にこだわってみるのも問題を起こさない付き合い方の一つ。

結果を残せるということは、自分自身のためのみならず職場の為にもなることで、損することなど何一つありません。

それでもえこひいきが続くようなら、将来的に損をするのは上司ということになります。

 

| 4.相手にしないのも問題を起こさない付き合い方の一つと

相手にしないということ。見方を変えれば自分にも至らない点があったかも知れず、ここは相手にしないのも問題を起こさない付き合い方の一つというもの。

上司の視点に立って見なければ分からないことで、自らが他者がえこひいきされたと腹を立てるのも、時間の無駄ということにもなりかねません。

いくら腹を立ててみたところで、人間を変えることはできないので、上司のえこひいきがなくならない時は気にしないのが一番です。

 

| 5.チームやグループなどの業績の悪化に繋がることもある

味方になる上の上司を見つけるということ。職場内で露骨なえこひいきをされているケースでは、チームやグループなどの業績の悪化に繋がることもあるもの。

上司も人間で互いの歩み寄りが期待できない時は、別の上役の上司を味方に付けることが問題を起こさない付き合い方の一つ。

上司の上役に相談する際は単なる悪口にならないよう注意が必要で、えこひいきによってどういう影響が出ているか、そんなことを具体的に説明する根拠を揃えます。

最良なのは具体的に分かる数字を使用して説明することで、業績の悪化などが分かれば万全です。

 

 

 


そこには様ざまな面が見られる、知っておきたいえこひいきの職場心理


 

| 1.なるのが、好き嫌いが激しい傾向がある上司というもの

好き嫌いが激しいという心理。えこひいきをする典型的なスタイルとなるのが、好き嫌いが激しい傾向がある上司というもの。

好き嫌いが激しいというだけなのに、人により態度を使い分けられる、そんな自らを凄い人物と思い違いしかねません。

特定の部下や後輩に対して褒め称える姿勢が見られ、多くの人たちが不快感を催すほど可愛がることにもなりかねません。

 

| 2.見られるのが、何事に対しても優劣をつけていく上司と

優劣をつけたいという心理。えこひいきをしている職場に見られるのが、何事に対しても優劣をつけていく上司というもの。

優劣や白黒をつけなければ気が済まない、そういったところがあり自分の物差しで図ることが多く、自己中心的なパターンの人物です。

この世の中は優劣が全てだと信じ込んでいて、本人もそれを重視して人生を過ごしてきた可能性が高くなります。

 

| 3.対抗意識や闘争心に火を点け働かせようとすることもある

他者を頑張らせたいという心理。職場ではえこひいきをすることで、対抗意識や闘争心に火を点け働かせようとすることもあるもの。

頑張っている人を賞賛すれば、その人は嬉しく思いますが、その様子を見て周囲の人たちも闘争心が湧き上がります。

えこひいきをする人から見れば好ましい流れですが、周囲に迷惑をかけているということにもなりかねません。

 

| 4.上司ばかりでなく同僚をターゲットにしてしまうことも

自らの立場を周知させたいという心理。職場にいるえこひいきをする人は、上司ばかりでなく同僚をターゲットにしてしまうこともあるもの。

上司や先輩という立ち位置ならまだしも、自らと対等の相手にまでえこひいきをして、接し方の使い分けをしています。

出世欲が強くよく見れば偉そうな態度も分かりますが、自らは他者より立場が上で、誰もが言いなりになってくれると考えています。

 

 

 


職場では上司のえこひいきも目立つもの、注意しておきたいその原因面


 

| 1.明らかに態度が違ってこちらには無表情というのは不愉快

露骨に態度が違うということ。上司が隣の席の人には笑顔で接しても、明らかに態度が違ってこちらには無表情というのは不愉快なもの。

あからさまにそうした態度をする上司は、非常に困ることにもなりかねません。

 

| 2.誰しも一度くらいは、えこひいきを経験をしたことがある

特定の人だけ高評価をつけるということ。子供の頃に誰しも一度くらいは、えこひいきを経験をしたことがあるというもの。

特定の自分自身が気に入った人にだけ高評価をつける、そうした行為も分かりやすいえこひいきです。

子供の頃の学校の成績は個人的なものだから置いといて、仕事の評価は報酬や昇進に直結するので困惑することにもなりかねません。

 

| 3.多いですが、上司が振り分けるときに差が出ることがある

仕事の振り分けに差があるということ。職場の仕事は通常は担当割があることが多いですが、上司が振り分けるときに差が出ることがあるもの。

えこひいきしている人に評価が高くなるような重要な仕事を優先的に任せたり、早く帰れるような簡単な仕事だけ振り向けたりします。

こうしたある意味で職権乱用とも言える、バランスを欠いた仕事の割り振りはえこひいきと受取られても仕方がありません。

 

 

 

まとめ

良いイメージを抱くことはできません。ここでは、えこひいきがある職場で逆転したいもの、問題を起こさない付き合い方を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。