人嫌いが治らない末路も考えさせるもの、上手く立て直していく方策



日々を送る中では、人嫌いが治らないと感じることもあるもの。人嫌いというのは、個性の一つでもあり悪いことではありません。

そうした人間嫌いとも言うべき人は、他人と一緒にいることに苦痛に感じたり、世間話はもちろん仕事上の必要な会話さえしたくないと考えています。

現代社会では生活を送る上で他者と接することは避けられず、人嫌いではスムーズなコミュニケーションが図れないことが多くなります。

飲み会や同窓会等の集まりが苦手で大勢でいるときに孤立しがちだったり、悩みがあっても他人に相談できず視野がせまくなりがちということにもなりかねません。

なので、先々を視野にいれると、人嫌いを徐々にでも直す必要も出てきます。

ここでは、人嫌いが治らない末路も考えさせるもの、上手く立て直していく方策を紹介しています。

 

 

 


人嫌いが治らない末路も考えさせるもの、上手く立て直していく方策


 

| 1.関係する全部の人を好きになる必要はまったくないもの

全部の人間を好きになろうとしないということ。人嫌いが治らないの克服しようと、関係する全部の人を好きになる必要はまったくないもの。

人間の考え方や価値観は個々で違い、全員と気が合うのは不可能なので、嫌いな人がいたところで問題はありません。

人間関係は良好でなければという思い込みは捨て去り、好きになろうとしないで一定の距離を維持するのが上手く立て直していく方策の一つ。

気の合わない人と無理に仲良くする必要はなく、相手との適度な距離感を見つけ出すことが重要なポイント。

 

| 2.ならないケースでは、なぜなのかといった不満も募るもの

周囲の人たちに期待しないということ。他者に期待をして己の思惑通りにならないケースでは、なぜなのかといった不満も募るもの。

但し、最初から他者に期待をしなければ、不満を持つことも失望することもなくなる上手く立て直していく方策の一つ。

余計な不信感やストレスを増やさないよう、例え親しい間柄でも、他の人に期待をするのをやめるよう心掛けます。

 

| 3.積極的発言はできなくても、現場での楽しみ方を見つける

現場での楽しみ方を見つけるということ。人嫌いが治らないのを改めるやり口の一つが、積極的発言はできなくても、現場での楽しみ方を見つけるというもの。

他者を観察して良い箇所を探してみるのが良く、人嫌いが治らない人は相手の悪い部分ばかりに目がいきがちで、良い箇所を見つけられれば嫌な感情も軽減されます。

大勢の人がいるときにも無理に話そうとしなくても良く、周りの人たちを観察しメリット部分を探すのも上手く立て直していく方策の一つ。

 

| 4.関わるケースでは、似た者同士で分かり合えることがある

同じようなタイプと意思疎通をしてみるということ。同じような人嫌いが治らない人と関わるケースでは、似た者同士で分かり合えることがあるもの。

人嫌いが治らないタイプは他者を遠ざける傾向にあるので、知らない間に言いたいことも言えず、ストレスが蓄積していることになりかねません。

波長が合うような人を見かけたら、段々とで良いので気持ちを打ち明けて、心の扉を開くようにする上手く立て直していく方策の一つ。

 

| 5.悩んでいる時は、カウンセリングも考えてみるというもの

カウンセリングを受診してみるということ。どうしても人嫌いが治らないが克服できないで、人間関係の問題に悩んでいる時は、カウンセリングも考えてみるというもの。

人嫌いが治らない人は客観的判断ができないこと多々あり、誰かに相談することで別の考え方を知ることができる、上手く立て直していく方策の一つ。

対人関係で大きな困難を感じている際は、パーソナリティ障害をはじめとして、精神障害や不安障害の可能性も出てきます。

 

 

 


人嫌いを治したいと心底思う人もいる、注意しておきたい共通する特徴


 

| 1.人嫌いが治らない人にはそれが重荷でストレスを覚える

集団行動が不得手ということ。大勢で行動をする時は他者と意思疎通を図る必要もあり、人嫌いが治らない人にはそれが重荷でストレスを覚えるもの。

学生であれば修学旅行などの行事だったり、社会人なら社員旅行や研修のほか、歓送迎会など多くのシーンで集団行動をする機会があります。

人嫌いが治らない人は集団行動をする際も進んで人の輪の中に入ることはなく、孤立が深まることに結び付きかねません。

 

| 2.興味や関心がなく、他の人は別と踏ん切りを付けて生きて

他人に関心がないということ。人嫌いが治らない人は他人に興味や関心がなく、他の人は別と踏ん切りを付けて生きているもの。

己自身のことで目一杯とも言えますが、そもそも他者に関心が湧かないので、会話をする時間も勿体ないと思ってしまいかねません。

人と関わることが稀なので単独行動が多くなり、例え新しい環境に入ることになっても 同じことを繰り返しかねません。

 

| 3.嫌うので、個人的なことを聞かれても受け流すというもの

個人的なことは話さないということ。他人に己自身のことを知られるのを嫌うので、個人的なことを聞かれても受け流すというもの。

そうしたことが続いた場合、話し掛けられるこも減ってしまいますが、人嫌いが治らない人はずいぶん気楽と捉えかねません。

更に個人的な話はしなくて済むよう、普段から距離を置いて他人と接するのも人嫌いが治らない人はに見られるところ。

 

| 4.他の人との関わり合いから逃げ出してしまうというもの

全く自信が持てないということ。素っ気なくされたらなどと己自身に自信が抱けず、他の人との関わり合いから逃げ出してしまうというもの。

何らかのコンプレックスがあり己に自信を抱けないケースでは、他人に嫌われる想像だけが膨らんで、関わりを避けることになりかねません。

例え相手が何とも思ってなくても、ネガティブなことばかりが思い浮かんで、苦手意識から結果的に人嫌いが治りません。

 

 

 


人嫌い治し方を探すこともある、覚えておきたいその切っ掛けや原因面


 

| 1.育ったケースでは、他人への不信感がより強くなるという

幼少の頃の愛情不足ということ。幼少期に周囲の人たちから愛情を十分に受けずに育ったケースでは、他人への不信感がより強くなるというもの。

身近な人間からの愛情もなく成長した場合、きちんと自己肯定感が構築されないので、他の人を認める能力も低くなりかねません。

他者を認められなくなると、一人でいる方が気楽に感じるようになり、人嫌いが治らないのはある意味当たり前。

 

| 2.他者に受け入れて貰えないと決め付け、人嫌いを深める

内向的な傾向ということ。内向的な人は人間関係で上手くいかないことがあった時、他者に受け入れて貰えないと決め付け、人嫌いを深めるというもの。

内向的な人は己自身のことを話すのも不得手で、他人に心を開くのには時間も掛かりますが、聞き上手で観察力も高いという長所もあります。

己を内向的と感じている人は、少なからずそれが人嫌いが治らない原因となっている、頭の隅にそんなことを置いておけば良いかも知れません。

 

|  3.記憶があるケースでは、人嫌いが治らないことにもなる

トラウマの体験があるということ。過去にいじめや裏切りなどの辛い記憶があるケースでは、人嫌いが治らないことにもなるもの。

ほかにも周りの人たちに受け入れられなかった経験があれば、他人と関わるメリット面などは感じられなくなります。

他人と関わり合いになっても良いことがないとか、仲良くなっても裏切られると考えていると、人と接すること自体を避けるようになります。

 

 

 

まとめ

個性のでもあり悪いことではありません。ここでは、人嫌いが治らない末路も考えさせるもの、上手く立て直していく方策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。