嫌な思いをした時は因果応報かも知れない、上手く乗り越える対処法



人生を過ごしていると、嫌な思いをした時もあるもの。仕事でミスや失敗を指摘された場合、嫌だと思う考えも頭に浮かびねません。

脳科学の研究報告では、嫌な気持ちなどの余分な情報に脳内が占領されたときは、仕事や勉強の集中力が低下することが分かっています。

なので、もう嫌だと思った時のような被害者意識を抱え続けると、集中力の低下により仕事上のミスも頻発するかも知れません。

結果として、嫌だと思った時の気持ちにより生じる負のスパイラルに目を向けると、切り替えが必要なのは当たり前のこと。

但し、有効性はやり方次第でまったく異なり、曖昧な嫌だと思う気持ちが晴れないことも多々あります。

ここでは、嫌な思いをした時は因果応報かも知れない、上手く乗り越える対処法を紹介しています。

 

 

 


嫌な思いをした時は因果応報かも知れない、上手く乗り越える対処法


 

| 1.前向きな思考に欠かせない、酸素が脳に行き渡り難くなる

呼吸法を考えるということ。嫌な思いをした時が長く続いたケースでは、心身の緊張によって前向きな思考に欠かせない、酸素が脳に行き渡り難くなるもの。

そうした時に効果的なのが、ゆっくりと深呼吸をして肺を動かすことで、酸素の流入量を増加させていく上手く乗り越える対処法の一つ。

多くの酸素の流入によって息苦しさが解消されると、段々と気分も落ち着いてきて、頭の隅に前向きな考えも浮かびやすくなります。

 

| 2.汗を掻く程度の運動をし、身体と心をリフレッシュさせる

運動して汗を掻くということ。嫌な思いをした時に好循環をもたらすのが、軽く汗を掻く程度の運動をして、身体と心をリフレッシュさせるというもの。

ジョギングなどの有酸素運動をした場合、精神安定に必要なセロトニンも分泌されやすくなり、嫌な気持ちも晴れる上手く乗り越える対処法の一つ。

また、自宅で行える筋トレは、セロトニンのほか抑うつ効果も高いキヌレンや、集中力や意欲を高めるテストステロンなどを増やす効果があるとされています。

 

| 3.最良とされるのが、良質な睡眠時間とバランスが良い食事

良質な睡眠をしバランスの良い食事を摂るということ。嫌な思いをした時のストレス発散に最良とされるのが、良質な睡眠時間とバランスが良い食事というもの。

日々の睡眠リズムの中で深い眠りが得られたケースでは、脳に休息も与えられ自律神経が調整されることで、ストレスからの回復もより順調になります。

嫌な思いをした時に踏み越える心や身体をつくるには、毎日の暮らしの中で神経伝達物質に良い栄養成分をきちんと摂ることも必要です。

具体的な食材や栄養素の種類が分からない場合、内臓関係に負担がかかる高カロリー食を止め、昔から伝わる一汁三菜のようなバランスが取れた食事を心掛けます。

 

| 4.抜け出せないケースでは、その体験をリストアップする

詳細に嫌な感情をリストアップするということ。嫌な思いをした時に辛い事柄に捉われ抜け出せないケースでは、その体験をリストアップするというもの。

筆記表現法という手段で、そのときの感情を思い起こし、細かい箇所までありのままにリスト化する上手く乗り越える対処法の一つ。

ネガティブワードが並ぶのは当然のことですが、ポイント的には嘘を書くのではなく、ポジティブな言葉に置き換えるよう心掛けます。

悲しいなら嬉しい気持ちにはなれなかったとか、失敗は成功には至らなかったなど、単語としてポジティブな言葉にします。

 

| 5.親しい友人など、信頼できる身近な人に相談するという

信頼できる人に相談するということ。嫌な思いをした時は、家族をはじめ恋人や親しい友人など、信頼できる身近な人に相談するというもの。

親身になってくれる人物と会話をした場合、同情してくれたり共感などにより、己は独りではないと心から思えるようになります。

こうした身近な人との会話は、頭の中を占領しがちな嫌なことに対し、少しでも距離が置けるメリットもある上手く乗り越える対処法の一つ。

 

 

 


嫌な思いをするのは誰しも避けたいもの、注意したい心が晴れない原因


 

| 1.ケースでは、どうしても身体や心に対して影響が出てくる

不規則な生活リズムということ。日々の生活リズムが不規則になったケースでは、どうしても身体や心に対して影響が出てくるもの。

睡眠不足で休息が充分に取れていない場合、不調を心身に残したままになることにもなり、とても回復などは望めません。

更に食生活が乱れているときは栄養不足になりがちで、必要な栄養素などが不足していると、体調面に変化が生じて精神的影響の可能性もあります。

特に女性は生理前や妊娠中のホルモンバランスの乱れなどで、精神的な不調を感じることになりかねません。

 

| 2.事例が、仕事のことを思うだけで曖昧模糊になるという

仕事で疲労しているということ。嫌な思いをした時の原因として最も多く上げられる事例が、仕事のことを思うだけで曖昧模糊になるというもの。

仕事での上司の対応に苛立ったり、会議や打ち合わせの時に、己自身の意思が伝わらないことなどから疲労が蓄積していきます。

ほかにも効率の悪い職場のシステムに対して疑問を感じていたり、チーム内が雑談ばかりで作業が進まない際は嫌な思いをしかねません。

 

| 3.人間関係が原因で、嫌な思いをして気分が晴れないという

人間関係で疲れ果てているということ。仕事上の付き合いやママ友等の人間関係が原因で、嫌な思いをして気分が晴れないというもの。

馬の合わない先輩と一緒の仕事が続くような時だったり、他の人の陰口をママ友などから聞かされた時などです。

こうした荒れた人間関係の渦中にいると、毎日が憂鬱になってしまうことになりかねません。

 

 

 


嫌な思いをした時の対処法に繋げたいもの、覚えておきたい心理状態


 

| 1.将来の生活や子育てなどに漠然とした心配があるという

漠然とした不安感があるという心理状態。先行きに不安がある世の中を感じて、将来の生活や子育てなどに漠然とした心配があるというもの。

答えが出ない問題に対して曖昧な感情が湧き上がり、このままでいいのかと嫌な思いをすることになりかねません。

また毎日の暮らしがルーティーンとなっていることも多く、趣味に没頭する時間もないまま旅行などの刺激も足りません。

 

| 2.嫉妬する気持ちが湧き起こり、気持ちが晴れないという

他者と比べているという心理状態。他者の状況などを見て羨ましく思えたり、嫉妬する気持ちが湧き起こり、気持ちが晴れないというもの。

人間は己自身に不足しているものを持っている人が、どうしても幸せに見えてしまう、そんな具合にできています。

嫉妬による余計なストレスは、ネガティブ発想になったり苛立ったりと、精神的にも落ち着かない状況となりかねません。

 

| 3.好きな事も手に付かず気持ちも沈む感じがするというもの

心が満たされていない心理状態。金銭的な余裕や時間がないケースでは、好きな事も手に付かず気持ちも沈む感じがするというもの。

一人の時間を持てなかったり、したい事に集中する時間を作れなかったりと、心が満たされない思いをする瞬間は多々あります。

仕事のことをはじめ家事や子供のことなど、己自身より優先することも多過ぎ、喜びなどはなく気持ちが晴れることはありません。

 

 

 

まとめ

集中力が低下することが分かっています。ここでは、嫌な思いをした時は因果応報かも知れない、上手く乗り越える対処法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。