相手が自分を認知することが大切、協力したい人物になる人脈の作り方


人生では人脈があると助かることも多いもの。それは持ちつ持たれつの関係であったり、顔が広いと呼ばれる人の特徴だったりもします。ぜひ作らなければならない、そんな事柄ではありませんが、人脈作りをしておくと人生にプラスの効果をもたらしてくれます。

特にビジネスにおいては、コミュニケーション能力とともに人脈が重要。ただ意味を勘違いしている人が多いのも事実です。名刺交換をして人脈を作ったつもりの人が多く、ほとんどの場合は相手の顔すら思い出せないことが少なくありません。

そもそも名刺交換をしたからといって、人脈はできるものではありません。人脈とは、自分が相手を既に知っていることではなく、こちらが知られていること。それは一目置くことで、関係することで価値ある人間と感じてくれていること。

なのでこちらが提案や依頼や質問などをした時、特別に耳を傾けてくれる人のことを人脈と呼びます。ここでは、相手が自分を認知することが大切、協力したい人物になる人脈の作り方を紹介します。

 

 

 


プライベートもビジネスシーンも効き目、人脈があると嬉しいメリット


 

| 1.自分一人では入手できない情報に触れることができること

異なる意見や助言を貰うことができるということ。これは自分では入手できない情報に触れることができるということです。自分一人で寄せ集める情報は、置かれている状況や経験、インターネットや書籍などからのものに限られることに。

全然違う業界の人や、自分とは異なる考え方を持つ人たちと交流の輪を広げることで、最新の情報に接することができ、さまざまな気づきを得ることができます。これが最初の嬉しいメリット。

 

| 2.判断に迷った際は、適切な助言に出会える確率が高くなる

考え方の選択肢が広がるということ。段々と成長して大人になると、客観的なアドバイスや厳しい意見やを貰うことが少なくなるので、物事に対する考え方や見方が狭まりがち。

人脈作りをしている社会人は、多様な意見に触れることができるため、思考の選択肢が広がります。また大きく判断に迷った際には、適切な助言に出会える確率が高くなるといえます。これが2番目の嬉しいメリット。

 

| 3.知恵を借りるだけではなく、実際に助けて貰えることも

実際に困った時に助けて貰えるということ。人生ではプライベートやビジネスを問わず、自分一人きりでは収拾がつかない問題に当たってしまうことが多くあります。そうしたときに、広げてきた人脈を利用すると、適切な知恵を借りるだけではなく、実際に助けて貰えることもあるもの。

当然、自分が助けて貰う意識ではなく、相手が困った際には常に助けるという、ギブアンドテイクの精神がが前提です。これが3番目のメリット。

 

 

 


人脈作りが苦手な人はぜひ知っておきたい、より着実に顔を広げる方法


 

| 1.その人物と繋がりを持つ知人から紹介して貰うとスムーズ

最初に取り組みたいのが、知人に紹介して貰うということ。人脈作りの目的をはじめ、相手のイメージが明確だったり、現実に親交を結びたい相手が決まったりしている場合、その人物と繋がりを持つ知人から紹介して貰うとスムーズに進みます。

これは全く知らないもの同士ではないので、不安感も少なくなり関係を築きやすいもの。知人が信頼を得ているとさらに好ましく、大学生の人脈作りにも活用できます。

 

| 2.自分の生活スタイルや趣味など、好みに合わせ踏み出す

能動的に取り組みたいのが、イベントや交流会に参加しての人脈作りです。近年では、昔からある異業種交流会や同業種交流会のほか、出勤前の明るいうちを利用して一緒に勉強や運動をする朝活など、多種多彩な集まりが開催されています。

交流会は自分には難し過ぎるという人も、興味のある分野の勉強会や好きなスポーツの集いなら参加しやすいもの。自分自身の生活スタイルや趣味など、好みに合わせ踏み出すことで、そこに新しい人脈が広がるはずです。

 

| 3.結びつきを強化できそうな人を探してメッセージを送る

次にくるのが、SNSなどで自分から声を掛けていく方法です。これは共通の趣味や職業などから、結びつきを強化できそうな人を探してメッセージを送るもの。いくらSNSの普及が進んでいるとはいえ、全く知らない人とは交流を避ける人もいるため、返信が来ないこともありますが、一つの人脈づくりの方法です。

最近では、人脈づくりを狙いとする、最新のビジネスマッチングアプリも姿を見せています。人脈作りの場所として活用したいところ。

 

 

 


自分の成長に繋げたいもの、人脈づくりをする上で気に留めたいこと


 

| 1.何のためにする人脈作り、明白にしておくことがポイント

親しくなりたい根拠を明白にするということ。目的を持たないで知り合っていっても、ただ名刺交換をしたことがある、いわゆる顔見知りが増えていくだけのこと。なので、自分自身が何のために人脈作りをしているのかを、明白にしておくことがポイント。

自分が思い描くキャリアアップに繋がる、豊富な経験や情報を持つ人を探すこと。あるいは、ボランティアや趣味など関心の広がりに繋がる人と知り合うなど。人脈作りの目的が明白になれば、会うべき人物や出かけて行くべき場所もはっきりします。

 

| 2.相手方に喜んで貰えることを意識することが大事になる

相手に対して喜んで貰えることを意識するということ。人と人との繋がりは、双方にとって好都合な関係が理想です。どちらかだけが一方的に得をする関係は、そのうちバランスが崩れる可能性が大きなもの。

相手にして欲しいことをはじめ、相手から手に入れたいことだけ考えるのではなく、相手方に喜んで貰えることを意識することが大事になります。これはビジネスシーンの人脈であっても、互いに高め合いしのぎを削る関係を築くことがポイント。

 

| 3.定型文的な挨拶でなく、人間としての繋がりを濃いものに

形式的な付き合いはしないということ。人脈作りとは名刺の数を競うものではなく、信頼関係が互いにあってこそ成り立つもの。先ず、知り合うことから始めますが、自分が相手にとってどのような存在になれるかを考えます。

特にビジネスシーンの場合、互いの強みを与え合うことが重要視されますが、定型文的な挨拶を不特定多数に繰り返すのではなく、人間としての繋がりを濃いものにしていかなくてはなりません。

 

| 4.長期的な関係を続ける、親密な間柄に発展する可能性も

細くても末長く付き合える関係になるということ。近視眼的な成果に目を向け過ぎ、連絡する機会が減り、せっかく手に入れた人脈を断念するのは非常にもったいないこと。細くても末長く付き合える関係を、維持していくことを心掛けます。

長期的な関係が続けられれば、そこから親密な間柄に発展する可能性も大いにあるもの。利益ばかりを追求するだけの人脈では、太いものでも短い付き合いに終わってしまいます。これは人脈づくりをする上で気に留めたいことの一つ。

人脈も引き寄せる。

夢の実現を引き寄せる最短ルート

 

まとめ

人脈があると助かることも多いもの。ここでは、相手が自分を認知することが大切、協力したい人物になる人脈の作り方を紹介しています。その機会には、ぜひお役立てください。

良ければご覧ください。