人と違う人に好かれることもある、問題を起こさず向き合っていく術



人生を過ごしていると、人と違う人に好意を持たれることもあるもの。その際にどう対応すれば良いか、向き合い方が思い浮かばないことがあります。

人とは違う変な人は、他者とのコミュニケーションが苦手で会話にも慣れていないので、前後の話題と関係なく脈絡のない話を始めかねません。

そうした人と違う人に好意を寄せられた場合、その普通とは違う行動や言動に戸惑うことにもなりかねません。

人とは違うという変なタイプは、人と違うことをしたいとか人と違うことをするのを主眼として生きているところがあり、少しついていき難いところがあります。

但し、本人的には自身の人が違う部分を個性と考えていて、多くの人々に認めて欲しいとも。

ここでは、人と違う人に好かれることもある、問題を起こさず向き合っていく術を紹介しています。

 

 

 


人と違う人に好かれることもある、問題を起こさず向き合っていく術


 

| 1.人と違う人が己には近寄って来やすいと明白に意識する

警戒心を抱くということ。自信がなかったり隙があるという自覚がある場合、人と違う人が己には近寄って来やすいと明白に意識するというもの。

どの程度の距離感で相対すれば良いのか、どういった言葉を掛けるのが適当かなど、工夫するのも問題を起こさず向き合っていく術の一つ。

関わり方には、一対一でのやり取りを避けるとか、二人切りにならないといったことも効果があります。

 

| 2.相手の長所を発見していく努力も大事なポイントという

思い込みを捨てるということ。人と違う人だと思い込みで決めつけず、相手の長所を発見していく努力も大事なポイントというもの。

人間は思い込みがあると違う見方になることもあり、人と違う人と思うのをやめて、新たな魅力を知ろうとするのも問題を起こさず向き合っていく術の一つ。

長所を見つけようと己から歩み寄っていくことで、相手を理解することになりその魅力的な点にも気が付くことになるかも知れません。

 

| 3.他者からこだわりに関心や興味を持たれると喜ぶものです

質問をしてみるということ。人と違う人は好きな事柄を突き詰めていることが多く、他者からこだわりに関心や興味を持たれると喜ぶもの。

結果的に、職場などでコミュニケーションに困った場合、好きな事柄や趣味を質問するのが問題を起こさず向き合っていく術の一つ。

好きな事柄や趣味については、無尽蔵とも言える知識を持っているので、時間が経つのを忘れ話すことになりかねません。

 

| 4.効果がないケースでは、思い切って周囲の人たちに相談

周りの人たちに相談するということ。明確に拒否してもさほど効果がないケースでは、思い切って周囲の人たちに相談するというもの。

具体的にどんなことが起こっているのかを伝えるのと同時に、受けどう感じているかとか、辛さや不安も伝達する意識を持つのが問題を起こさず向き合っていく術の一つ。

ここで重要なのは充分に信頼できる人物に相談することで、信頼関係がないと変な誤解を招いたりすることもあり慎重に行動します。

 

| 5.職場での距離感を維持するのも重要なポイントというもの

やたらと詮索しないということ。特別危害がある訳ではないケースでは、現在の職場での距離感を維持するのも重要なポイントというもの。

人と違う人は己の世界観を持っているので、やたらと詮索をしないで必要最低限の関わりにするのも問題を起こさず向き合っていく術の一つ。

職場の人間関係だったり雰囲気を大事にしたい場合、徐々に距離を置いてフェードアウトするよう心掛けます。

 

 

 


人と違うことをしたがる人もいるもの、覚えておきたい変な人の特徴面


 

| 1.空気も読めないので、周囲が不愉快になる言動を平気で

周りの視線を気にしないということ。人と違う人は周りの視線を気にしないところがあり、空気も読めないので、周囲が不愉快になる言動を平気でするというもの。

己の価値観を大事にしていて一般常識に捉われないので、その場の雰囲気を壊してしまわないかなど全く気に留めてもいません。

突然何の脈絡もないことを喋り出したり、理解できないことをやってみたりと、周りの人たちを驚かせることになりかねません。

 

| 2.全く気にもならず、己自身の価値観を重要視しているもの

頑固でアドバイスを聞かないということ。人と違う人は他人のことは全く気にもならず、己自身の価値観を重要視しているもの。

結果として、仕事面であってもプライベート関連にしても、周囲の人たちからのアドバイスにはまったく聞く耳を持ちません。

上司や目上の人からの助言であっても、職場で孤立することも厭わず、己にとって本質的な観点から突き通そうとします。

 

| 3.異常に強く持っていて、何かに固執する傾向があるという

異常にこだわりが強いということ。人と違う人はこだわりを異常に強く持っていて、何かに固執する傾向があるというもの。

人間なら誰しもある種のこだわりを持ちますが、その強さが尋常ではないケースでは、周りの人たちから人と違うと受取られかねません。

好き嫌いも明白なので、己自身が好きな事柄にはとことんこだわり、周りの人たちの意見には耳を傾けないことが多々あります。

 

| 4.気に留めず、他人のことに配慮するという感覚もないもの

マイペースで協調性が欠けているということ。人と違う人は周りのことを全く気に留めず、他人のことに配慮するという感覚もないもの。

結果として、己だけのペースで行動し周り合わせることを不得手としているので、基本的に自由が効く単独行動を好みます。

他人とのコミュニケーションで疲弊することも多々あり、独りの方が気楽と感じているので、職場の雑談の輪に入ることはありません。

 

 

 


人と違うところがある人に好かれる、注意しておきたいそんな人の特徴


 

| 1.傾向があったり、己自身の考えが変わりやすいからという

一面に流されやすい傾向があるということ。人と違う人に好かれるのは、周囲の人たちの意見に流される傾向があったり、己自身の考えが変わりやすいからというもの。

トラブルを避けて己の意見を言わなかったり、己自身の意思よりも他人を優先する人は、人と違う人から見てコントロールしやすいと思われます。

この人なら受け入れてくれると見られやすく、結果的に好意を寄せられることになりかねません。

 

| 2.隙があるタイプも、人と違う人に付け込まれやすいという

態度に隙があるということ。お酒の会席で酔っ払いがちなど、ガードが緩いような隙があるタイプも、人と違う人に付け込まれやすいというもの。

パーソナルスペースが狭く他者との距離感が近いような人は、隙を感じさせることが多く、どんな人にもモテる傾向にあります。

こんな隙がある振る舞いが好意と思い違いされたケースでは、人と違う人は無論のこと色々な人に好かれやすくなります。

 

| 3.都合が良い存在、そういう風に見られている可能性がある

他の人に対する愛想が良いということ。己のすることは喜ばれるなど、人と違う人にとり都合が良い存在、そういう風に見られている可能性があるもの。

己のことに好意を持っているのではないかとか、何をしても迎え入れてくれそうなどと身勝手に考えています。

人と違う人に対して困惑していても、それにはまったく気付いて貰えないことになりかねません。

 

| 4.低いケースでは、人と違う人の標的になりやすいという

自己肯定感の低さがあるということ。何となく周りの人目が気になってしまうなど、自己肯定感が低いケースでは、人と違う人の標的になりやすいというもの。

自信がなく己で己自身を認めていない分だけ、他の人に対して依存しやすくなる傾向があります。

己を卑下していると、人と違う人も近寄りやすくなるのは、ある意味では当然というものです。

 

 

 

まとめ

少しはついていき難いところがあります。ここでは、人と違う人に好かれることもある、問題を起こさず向き合っていく術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。