クールな人はサイコパスかも知れない、問題を生じさせない上手い対策



身近なところにも、クールな人がいるもの。冷静沈着なところがあり、独特な雰囲気を持っているクールな人はミステリアスな印象。

日本語でクールの意味はと言えば、冷たいと恰好良いの両方の意味があります。

なので、クールな人とはただ冷たいばかりでなく、見た目や雰囲気の恰好良さを兼ね備えている人物を指します。

自分自身の世界観を保持していて、仕事でもプライベートでも独りの時間に没頭するのが好きなので、他人との交際は最低限に留めている人も珍しくありません。

職場などにもいますが、クールな人はギャップがある時もあり、注意して付き合っていく必要もあります。

ここでは、クールな人はサイコパスかも知れない、問題を生じさせない上手い対策を紹介しています。

 

 

 


クールな人はサイコパスかも知れない、問題を生じさせない上手い対策


 

| 1.会話もできないような状況では己自身も辛くなるものです

積極的に話題を投げ掛けてみるということ。仕事上はクールな人間関係でも良いと言っても、会話もできないような状況では己自身も辛くなるもの。

クールな人は己のことを他人に打ち明けるのは好きではないので、余り個人的な話題を持ち出すのは良くありません。

最初は仕事関連の話題からで構わないので、会話の切っ掛けにも丁度良い問題を生じさせない上手い対策の一つ。

仕事関係のテーマを中心に会話をするよう心掛け、世間話程度なら問題なく話せるような雰囲気に段々と持って行くようにします。

 

| 2.友達を作ろう、そんなことはまったく思ってもいないもの

無理矢理に仲良くなろうとしないということ。クールな人は職場内で友達を作ろう、そんなことはまったく思ってもいないもの。

結果として、こちらサイドから仲良くなろうと考えないで、飽くまで仕事上の関係と割り切るのも、問題を生じさせない上手い対策の一つ。

己自身を好きだったり嫌いとか、相手が心を開いてくれるなどは関係なく、仕事がスムーズに進行すれば問題はありません。

明瞭に仕事だけの関係と踏ん切りをつけ、付き合い方に行き過ぎてしまうところがなければ、上手く対処することもできます。

 

| 3.干渉することはなく、己自身も干渉されることを毛嫌い

自立した関係を互いに目指すということ。クールな人は相手に対し干渉することはなく、己自身も干渉されることを毛嫌いするもの。

マイペースな傾向がありそれを崩されるのが苦手で、クールな人と付き合うときは色々と詮索しないようにします。

己の時間を重要視する人なので、それを尊重して互いに依存しないで、自立した関係を築くのも問題を生じさせない上手い対策の一つ。

そんな関係がクールな人にとっては心地良いもので、適切な距離感がある付き合い方は、人間関係を長続きさせる上で大事なポイントです。

 

| 4.不得手で、無論のこと愛情表現もそれほど上手くはない

恋人の場合は明白に理解するということ。クールな人は感情を露わにするのが不得手で、無論のこと愛情表現もそれほど上手くはないもの。

男性より一般的に感情表現が豊かとされる女性でも、クールなタイプは己自身の愛情表現がなかなかできません。

結果として、愛情表現を強要したり無理強いするのは良くなく、それが苦手というのを理解するのも、問題を生じさせない上手い対策の一つ。

クールな人のすべてを迎え入れるつもりになって、愛情表現が不得手なのを個性として好きになるよう心掛けます。

 

 

 


クールな人が好きということもあるもの、注意しておきたいその特徴面


 

| 1.何かを決める際は冷静で合理的な判断をするというもの

合理性を感情より重要視するということ。クールな人は感情に流されることはなく、何かを決める際は冷静で合理的な判断をするというもの。

何事も己自身にとってプラスかマイナスか、そういう具合に損得勘定で明瞭に考えることができます。

恋愛や職場内の人間関係においてはこうした思考パターンが、普通の人間からすると、冷たく感じてしまうことになりかねません。

 

| 2.打ち解けるまでの間は素っ気ない態度を取りがちという

基本は無表情ということ。クールな人は他の人に関心が薄く、打ち解けるまでの間は素っ気ない態度を取りがちというもの。

結果として、相手に対して冷たいイメージを与えてしまうほか、男性なら怖い印象まで与えてしまいかねません。

己から関係を深めようとはしないので、相手から見ると嫌われているのではと受取られかねません。

決して嫌いでそんな態度をしている訳ではありませんが、そんな誤解はクールな人のあるあるの一つというもの。

 

| 3.部分がありますが、現実は誰に対しても意外に優しいと

意外に優しいところがあるということ。クールな人は勘違いされやすい部分がありますが、現実は誰に対しても意外に優しいというもの。

それほど他者に関心もなく感情で動くことがないので、冷たい人間と見られることも多いですが、現実はそうではありません。

必要以上に誰かに干渉することがないだけで、誰に対しても平等に扱える人なので、周りの評判も良く好かれる人も多くいます。

 

| 4.普段から無表情で張り詰めた雰囲気を与えるというもの

いつも表情が固いということ。クールな人は感情表現が不得手なので、普段から無表情で張り詰めた雰囲気を与えるというもの。

己自身を良く見せようとすることが稀で、好かれようともしないので、、相手に己自身の感情を伝えることは得意ではありません。

普段からあまり感情の起伏がないことが、いつも表情が固いという原因の一つなのかも知れません。

 

 

 


クールな人の笑顔に胸騒ぎがすることも、覚えておきたいその心理状態


 

| 1.訳ではないものの、一般的な人よりも希薄な傾向にある

基本的に人や物に対する関心がさほどないという心理状態。クールな人は物や人間に全然関心がない訳ではないものの、一般的な人よりも希薄な傾向にあるもの。

結果的に、交際の仕方も少し薄い人間関係になることも多いですが、人と付き合うこと自体が嫌いな訳ではないので、拒んでしまうようなことはありません。

但し、相手が去ることになってしまっても、追いかけるまでの行動はしません。

これは物に関しても同様で、通の人よりも物欲が希薄なので、いくら欲しくても手に入らない時は諦めも早くなります。

 

| 2.穏やかなので、常に冷静な態度で対応してくれるという

感情の起伏が少ない心理状態。クールな人は感情的になること稀で起伏も穏やかなので、常に冷静な態度で対応してくれるというもの。

その時の状態で態度が違う気分屋などとは真逆の人で、いつも落ち着き払っていて冷静なので付き合いやすいと感じる人もいます。

これは職場でもプラスに作用することも多々あり、安心して仕事を頼める人という高評価を受けることに繋がります。

 

| 3.悪化させることがあり、誰かに向かって嫌な思いをさせて

執着心がなく固執をしないという心理状態。余りに強いこだわりや執着心は、人間関係を悪化させることがあり、誰かに向かって嫌な思いをさせてしまうもの。

クールな人はそんな強いこだわりや執着心もないので、そういったことから関係が悪化してしまうことはありません。

その傾向は、何かに失敗しても切り替えが早いということに繋がり、すぐに次に向かって出発できるということにもなります。

 

 

 

まとめ

注意し付き合っていく必要もあります。ここでは、クールな人はサイコパスかも知れない、問題を生じさせない上手い対策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。