波長が合わない人の末路も心配なもの、問題を起こさない向き合い方



身の回りを見渡すと、波長が合わない人がいるもの。意見の食い違いが起きやすかったり、互いに分かり合えないことが多かったりするような人物。

世間的にはスピリチュアル的な意味合いで捉えられることもありますが、簡単に言えば波長が合わない人は自分に似合わない人になります。

波長が合う人と違ってこうした波長が合わない人は、共通した趣味だったり好きな事柄が少ない傾向にあります。

結果的に、波長が合わない人とは共感できるポイントも稀で意思疎通もし難く、会話がうまく噛み合わないことにもなりかねません。

但し、恋愛関係や職場の人の場合は、関係性を切るわけにはいかないので、それなりの対処をしていく必要性もあります。

ここでは、波長が合わない人の末路も心配なもの、問題を起こさない向き合い方を紹介しています。

 

 

 


波長が合わない人の末路も心配なもの、問題を起こさない向き合い方


 

| 1.波長が合わない人でも関わり合いが避けられないことも

適度な距離感を維持するということ。職場の上司だったり同僚などでは、波長が合わない人でも関わり合いが避けられないこともあるもの。

会話が多少なりとも弾めばまだ救われますが、共感ポイントもなかったり質問が多かったりしたケースでは、会話をすることが億劫になりかねません。

そういった時は、仕事関係だからと踏ん切りをつけて、適度な距離感を維持するのが問題を起こさない向き合い方の一つ。

波長が合わない人物との会話も仕事の一部だと思えると、無理に話を繋ごうと努力の必要もなくなるので、一気にストレスからも解放されます。

 

| 2.知らないうちに波長が合わない感じがすることもあるもの

互いの共通点を探すということ。相手の好きなものや趣味が分からないケースでは、会話に困ることにもなり、知らないうちに波長が合わない感じがすることもあるもの。

そういった状況では会話を続けることができないのは無論のこと、仲良くなるのも困難ということになりかねません。

なので、先ずは互いの共通点を見つけることが大事で、探すように努力するのも問題を起こさない向き合い方の一つ。

年齢をはじめ出身地や学校が同じかなど、何かの共通点が見つかると会話もしやすく、一気に距離が縮まることに疑いはありません。

 

| 3.逆手に取って波長の悪さそのものを楽しんでみるという

その違いを楽しむということ。互いの共通点をさがすこととは反対に、逆手に取って波長の悪さそのものを楽しんでみるというもの。

波長が合わない人というのは、己とは全然違う感覚を持っていることもあって、不思議に思うことが数多くあります。

謙虚になってみれば異なる感覚をしている人からも学べる、そんなことも可能なのが問題を起こさない向き合い方の一つ。

人気芸人だったり名コンビとされる人たちは、こうした波長が合わないのを逆手にとり、互いに高め合っていることも多々あります。

 

| 4.ストレスを感じることになり徐々に嫌になってしまうもの

会話は聞き役に徹するということ。他者の意見に耳を傾けない人と会話をしているケースでは、ストレスを感じることになり徐々に嫌になってしまうもの。

波長が合わないので接したくない場合、事情もあってそうできない時は、聞き役に徹してみるのも問題を起こさない向き合い方の一つ。

会話の最中の受け答えを考える必要はなく単に話を聞くだけなので、ストレス的なものもかなり軽減されます。

また、波長が合わない人も話を聞いていると、嫌な気持ちにならないので、相互理解も深まるような一石二鳥の接し方と言えます。

 

 

 


波長が合わない人にはレベルもあるもの、覚えておきたいその特徴面


 

| 1.波長が合わない人は己の考えを絶対に曲げないというもの

他人の意見を聞き入れないということ。己自身の意見を持つことは悪いことではありませんが、波長が合わない人は己の考えを絶対に曲げないというもの。

友人や職場の同僚にこの部分を直した方が良いと言われた場合、そんなことはないと己自身の意見を押し通してしまいかねません。

このように人の意見を聞き届けないところは、意思疎通の取り難さにも結び付き、話が合わない人という受取られ方をしかねません。

 

| 2.見られるのが、片っ端から質問攻めにしてくるというもの

一緒にいて何となく疲れるということ。波長が合わない人に見られるのが、片っ端から質問攻めにしてくるというもの。

普段のパターンからして質問ばかりしてくることも多く、まるで事情聴取されている気分に陥ることになりかねません。

こうした一緒にいて何となく疲れるタイプの人は、自然にコミュニケーションが図り難くなり波長が合わない人になりかねません。

 

| 3.見られるのが、その言動や行動に統一性がないというもの

日々で言動や行動が変わるということ。波長が合わない人に見られるのが、その言動や行動に統一性がないというもの。

例を上げると、プレゼンの内容を職場の上司が高く評価してくれたケースでは、次の日になり同じ上司から駄目出しを受けてしまうなどです。

このように、その日によって言動や行動が変わる人は、どう接するのが正解かが理解し難く波長が合わない人になりかねません。

 

| 4.素の己自身を外に向かって露わにすることが難しいという

素の己を出せないということ。波長が合わない人と接しているケースでは、なかなか素の己自身を外に向かって露わにすることが難しいというもの。

話が合わないときに素の己を出しても、引かれるのではないかと考え、不安が湧き起こることになりかねません。

波長が合わない人とは話も噛み合わないので、一層素の己自身が出し難いと感じることになります。

 

 

 


波長が合わない人ばかりということもあり得る、注意したい心理状態


 

| 1.見られるのが、会話を上手く合わせることができないと

協調性が欠けているという心理状態。波長が合わない人に良く見られるのが、会話を上手く合わせることができないというもの。

職場の同僚との会話の最中でも関心がない話題が出ると唐突に話すのをやめたり、デートプランを話していても全く耳を傾けないような恋人など。

このように他人に合わせる協調性が感じられないケースでは、コミュニケーションを図ること自体が難しく、波長が合わないと感じやすくなりかねません。

 

| 2.何事に対しても自分中心で考える傾向があるというもの

相手に対し興味を持たないという心理状態。波長が合わない人に良く見られるのが、何事に対しても自分中心で考える傾向があるというもの。

二人で会話をしていても全然質問をしてこなかったり、反対に一方的に話してくるばかりなど、会話が続かないということになりかねません。

このように、己以外の他者に興味を感じられず、己がしたいことを最優先で行動するので、コミュニケーションが上手く図れず噛み合わなくなりかねません。

 

| 3.雰囲気なのに、なぜか落ち着かないという体験は意外に

一緒にいて落ち着かない心理状態。穏やかな場所でリラックスもできる雰囲気なのに、なぜか落ち着かないという体験は意外にあるもの。

落ち着かないのはもしかすると、スピリチュアル的に波長が合わない人が一緒にいるからかも知れません。

人間性から見ても立場的にも緊張したり身構えたりしなくて良い相手なのに、なぜかその人といて落ち着かないのは、スピリチュアル的に見て波長が合わない可能性が高くなります。

 

 

 

まとめ

それなりの対処をしていく必要性もある。ここでは、波長が合わない人の末路も心配なもの、問題を起こさない向き合い方を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。