生きるのに向いてない末路も不安があるもの、乗り越えて前進する術



人生を過ごしていると、生きるのに向いてないと思う時もあるもの。周囲に必要とされてる気もせず、自分自身の値打ちや生きる意味がわからないような時。

前を向いて生きる気持ちにならず、人間関係も苦手で社会に合わせようとするほど苦しんでしまうことにもなりかねません。

現代社会では期待や要求を高く求めるところがあり、年間3万人ほどが自殺によって亡くなり、100万人以上もの人がうつ病と診断されています。

なので、生きることに向いていないというような内向的なタイプは、非常に苦労することにもなりかねません。

結果的に、前だけ向いて生きていくように考え方を転換することが重要です。

ここでは、生きるのに向いてない末路も不安があるもの、乗り越えて前進する術を紹介しています。

 

 

 


生きるのに向いてない末路も不安があるもの、乗り越えて前進する術


 

| 1.しなくて良いものの、無駄遣いをしないようにするという

お金を貯めるということ。生きるのに向いてないと思う場合、過激な節約までしなくて良いものの、無駄遣いをしないようにするというもの。

家賃をはじめ保険や水道光熱費に食費などを見直し、月々の貯蓄額を決め、一部を資産運用しリスクヘッジしながら増やすよう心掛けます。

何故かといえば、どれほど生きるのに向いてなくても、ある程度の金銭的なものがあれば、精神的にも余裕が出る乗り越えて前進する術の一つ。

悩みの大半は人間関係と言われますが、どれほど辛いことがあっても逃げ道があるように思え、自分自身を追い詰めなくても済むようになります。

 

| 2.ネガティブな感情に揺さぶられることがなくなるという

趣味を持ち生きる意味を見出すということ。没頭できるような趣味を持つことで心を空にすることができ、その間はネガティブな感情に揺さぶられることがなくなるというもの。

できれば収入になるような趣味が良く、副業から始め支出を超えることができるようになると、それで仕事を辞めることもできる乗り越えて前進する術の一つ。

お金を貯めるような習慣が定着していると、生活レベルを考えることもできるので、簡単ではないものの不可能ではありません。

平日の夜や休日で良いので、収入になるような趣味を探して没頭すると、生きるのに向いてないと自己嫌悪に陥っている暇もないので心が整ってきます。

 

| 3.向いてないと思っている場合、それ以外の繋がりを探す

人間への関心を取り戻すということ。職場内の人間関係しかなく、自分は生きるのに向いてないと思っている場合、それ以外の繋がりを探すというもの。

職場内の人間関係というのは一般に閉鎖的で、しかも適度な距離を維持できず生き辛いという欠点があります。

そうしたものとまったく逆の、ゆるくて適度な距離感が維持できるコミュニティーに所属すると、ずいぶんと救われる乗り越えて前進する術の一つ。

 

| 4.チャレンジするのも乗り越えて前進する術の一つという

断食して心身をデトックスするということ。メタボ体型のような少しスタイルが気になる場合、断食にチャレンジするのも乗り越えて前進する術の一つというもの。

固形物を摂取しないのは身体面のデトックスというイメージが非常に強くありますが、案外心もデトックスされるのが断食です。

好きな食べ物を好きなだけ食べる、そんなことをしても幸せになれないということも理解できるので、ストレスにも敏感になれ生きるのに向いてない気持ちが薄れます。

 

 

 


生きるのに向いていないのには要因もある、注意しておきたい特徴面


 

| 1.抑えるため、自らの内側に意識を向けやすいというもの

内側に意識が向きやすいということ。刺激に敏感な内向的な人物は、外界から衝き動かされるのを抑えるため、自らの内側に意識を向けやすいというもの。

反対に外向的な人は、刺激を求めたいところがあり、外界に意識を向けて周囲に積極的に働きかけます。

静な場所で考えるのを好む内向的な人は、社交性がないと言われることが多く、社会に適応できず生きるのに向いていないということにもなりかねません。

 

| 2.人との相互の関わり合いがストレスになりやすいという

人間関係がストレスになりやすいということ。刺激に敏感な内向的な人は、他の人との相互の関わり合いがストレスになりやすいというもの。

内向的なタイプはすぐに過剰に意識してしまうので、刺激の多い体験に出会うことを避けることが多く、他の人との相互の関り合いを持たないようにしています。

なので、チームプレーや共同作業が苦手で、協調性がないと受取られてしまったり、ストレスを抱えやすく生きるのに向いていないということにもなりかねません。

 

| 3.情報に意味や解釈を加え、推測や判断を行うというもの

行動より先ず考えるということ。外向的な人は得た情報をそのまま記憶して判断しますが、内向的な人は受けた情報に意味や解釈を加え、推測や判断を行うというもの。

結果として、外向的な人は物事に反応して即行動に移しますが、内向的な人は一旦深く考えてから慎重に行動していくという違いがあります。

内向的な人は消極的とか行動力がないと捉えられ、生きるのに向いていないということにもなりかねません。

 

| 4.反応するので、話すより書いて伝える方が得意というもの

話すより書く方が得意ということ。内向的な人は物事を一旦深く考えてから反応するので、話すより書いて伝える方が得意というもの。

会話は言葉に反応して返答する必要がありますが、LINEやメールなどの文章は、一旦考えてから返信ができるからです。

結果として、内向的な人は世間話や雑談が苦手なことも多く、コミュニケーション能力が重要視される現代社会では生きるのに向いていないということにもなりかねません。

 

 

 


生きるのに向いてないのは別問題、覚えておきたい仕事に対する考え方


 

| 1.現代社会は、行動力よりも思考力がポイントとされている

行動力より思考力という考え方。個人の力が重要視される現代社会は、行動力よりも思考力がポイントとされているもの。

なぜかといえば、行動力などの実務に関係する部分は、IT等に取って変わられていくからです。

それより現状を細かく分析し課題を見つける力や、問題解決するための仕組みを考える力のほか、新しいことを考える想像力が重要になってきます。

 

| 2.組織の力に頼ることなく、個人でできることも増えてきた

チームワークよりも個人の力ということ。IT技術やインターネットが発達したことにより、組織の力に頼ることなく、個人でできることも増えてきたもの。

例を挙げると、BASEやメルカリなどを利用すれば、すぐにでも商品販売が行えて、SNSやGoogleを活用すればサービスを広めることができます。

少し前までこういうことは、労力的にも金銭的にも一人ではできず、組織を組んで行っていたことで、現在は個人の力が重要とされています。

 

| 3.時代では、ゼネラリストであるほど求められたというもの

コミュニケーション能力よりオタクということ。組織力が重要視された時代では、ゼネラリストであるほど求められたというもの。

組織の時代は仕事に対し縦の繋がりが形作られ、上に行くほど全体を把握できる知識や、コミュニケーション能力が求められました。

現代的な個人の時代には、仕事に対して横の繋がりが重要で、全体を総括できるような人より、一つの分野に特化した専門的な人材が求められています。

 

 

 

まとめ

生きる意味がわからないようなときなど。ここでは、生きるのに向いてない末路も不安があるもの、乗り越えて前進する術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。