コロコロ変わる人の末路も不安なもの、問題を生じさせない上手い術



身近なところにも、コロコロ変わる人がいるもの。言っていることや話の内容がコロコロ変わり、またしてもとイライラしストレスを抱えかねません。

態度や発言がコロコロ変わる人は病気の時もありますが、いわゆる気分屋と呼ばれる人で感情の起伏が激しいところもあります。

もちろん性格によりますが、上司で言ってることがころころ変わる人の場合、心底苦労することにもなりかねません。

コロコロ変わる人は自分自身の思惑通りにならないと、不貞腐れてしまうことも多く、周囲の人たちに向けて憂さ晴らしをしかねません。

朝令暮改などと昔から言われるように、そんな人に相対していくには注意することが必要になります。

ここでは、コロコロ変わる人の末路も不安なもの、問題を生じさせない上手い術を紹介しています。

 

 

 


コロコロ変わる人の末路も不安なもの、問題を生じさせない上手い術


 

| 1.なった時、どう向き合うかと言えば関わらないというもの

不機嫌な時は関わらないということ。急にコロコロ変わる人が不機嫌になった時、どう向き合うかと言えば関わらないというもの。

原因が不明な不機嫌な態度をつかまえて、何があったのなどと逐一付き合っていると、こちらが疲労困憊ということにもなりかねません。

相手のネガティブな態度に引き摺られないよう、気持ちの良い姿勢を維持するのが問題を生じさせない上手いの一つ。

 

| 2.心の奥底で予想が的中したと納得をするというものです

話は変わるものと最初から割り切るということ。意見が急に変わったときは、心の奥底で予想が的中したと納得をするというもの。

始めからコロコロ変わることを前提に予想しておくと、そこまで苛立つこともない問題を生じさせない上手いの一つ。

結果的に、突然にコロコロ変わる人が意見を変えた時は、態度には表さず心の中で楽しむようにすることが大切なポイント。

 

| 3.変わる人は、指摘されると怒りだしたり不機嫌になったり

言い返さないようにするということ。話の内容があちこちになるコロコロ変わる人は、指摘されると怒りだしたり不機嫌になったりするもの。

結果として、急な変更などに出会っても言い返さない方が良く、それをすればかなり面倒な結果ということになりかねません。

一旦落ち着いてみることが必要で、相手を怒らせないで気まずい雰囲気にならないようにするのが、問題を生じさせない上手いの一つ。

 

| 4.変わる度、己の一言が悪かったとか考えてしまう人がいる

あまり深く考えないということ。コロコロ変わる人の言い分が変わる度、己の一言が悪かったとか考えてしまう人がいるもの。

切っ掛けは確かにそうしたことが原因かも知れませんが、問題点は相手のコロコロ変わる人という性分にあります。

これは深く考えても答えは出ず、己自身の行動を再検討して理不尽なところがなければ、そこから切り替えていくのも問題を生じさせない上手いの一つ。

 

| 5.直してあげようなどと、身勝手に思わない方が良いという

過多な期待をしないということ。相手のコロコロ変わる部分を直してあげようなどと、身勝手に思わない方が良いというもの。

相手を変えようと思うのは期待することと同様で、どんな人でも言えることですが、ほとんど良い結果になることなどありません。

コロコロ気分が変わる人相手に期待を抱くのは、その意味で非常にリスクも高い問題を生じさせない上手いの一つ。

気持ちが通じたと感じた後々、次の日にはその期待を裏切られる、そんな相手に振り回されないように心掛けます。

 

 

 


ころころ変わる人には様ざまなところがあるもの、注意したい特徴面


 

| 1.発言や行動も変わるので、言うことに一貫性がないという

言うことに一貫性がないということ。コロコロ変わる人は気分によって発言や行動も変わるので、言うことに一貫性がないというもの。

昨日までは慎重だったのに今日は積極果敢という具合に、仕事の向き合い方や基本的な思考など普通は変わらないところまで、気分次第で豹変ることになりかねません。

己自身の感情に振り回されていると言えますが、あまりにも目まぐるしいと、周囲の人も困ったことになりかねません。

 

| 2.受けやすいのは、ドタキャンや計画変更が多いからという

計画変更が多々あるということ。コロコロ変わる人の困った点で集中攻撃を受けやすいのは、ドタキャンや計画変更が多いからというもの。

昨日まで非常に楽しみにしていた様子でも、当日の朝になって気分が変わりドタキャンということになります。

行きたくなくなったという気分が、他の人間の都合よりも優先することで、周りの人たちは洒落にならないということにもなりかねません。

 

| 3.入れ込むことが多いものの、飽きっぽく持続性がない傾向

飽き性で持続性もないということ。コロコロ変わる人は、普通より短い間で何かに入れ込むことが多いものの、飽きっぽく持続性がない傾向というもの。

結果として、越えなければならない壁があったり何かに躓くなど、嫌になってしまった際はなかなか続けることができません。

もうしたくないという己の感情が自信を失うことに結び付き、放り出してしまうといった負の連鎖に陥りかねません。

 

| 4.溢れている時と、違った時のギャップが非常に激しいと

気分に左右されてしまうということ。コロコロ変わる人に見られるのが、気分が良く意欲に溢れている時と、違った時のギャップが非常に激しいというもの。

誰しも人間はそういったところがありますが、ころころ変わる人はその落差が激しく上手に隠せなかったりします。

同じ場所で同じことをしても、以前は楽しそうだったのに今回は全く伝わってこない、その違いに周囲の人たちも愕然としかねません。

 

 

 


コロコロ変わる人には見られるところも多い、覚えておきたい心理状態


 

| 1.どんなことに際しても直感で行動しているところがある

深く考えず直感で行動するという心理状態。コロコロ変わる人は相手の気持ちを深く考えることがなく、どんなことに際しても直感で行動しているところがあるもの。

己がやりたいと思ったらする、やりたくないことはしないと、思い立ったら即行動を始める瞬発力はありますが、飽き性で継続する力はありません。

深く考えないからこそ周りの人たちに迷惑をかける、そんな空気を読まない行動や発言を平気ですることになりかねません。

 

| 2.それは視野が狭く己の都合で生きているからというもの

己の都合で生きているという心理状態。コロコロ変わる人は、小さな出来事で怒ったり急に機嫌が良くなるなど、それは視野が狭く己の都合で生きているからというもの。

己自身が中心となっている絶対的な独自の世界観で生きているので、他者の都合などは考える余裕などありません。

結果的に、苛立った際はすぐにその場で怒りを向ける上、上手く怒りが発散できるときは機嫌も良くなります。

 

|  3.従って生きていて、誰に何と言われようと規則を曲げない

己のルールに固執するという心理状態。コロコロ変わる人は非常に頑固で、己の重要なルールに従って生きていて、誰に何と言われようと規則を曲げないもの。

周りの人たちからすると、なぜここで不機嫌にと疑問に思うところも、コロコロ変わる人すれば己の規則に抵触するので怒って当然と考えています。

頑固なので己自身が周りとは違うルール内で生きていることを認めず、己が正しく周囲が間違っていると思い込んでいるところがあります。

 

 

 

まとめ

イライラしてストレスを抱えかねません。ここでは、コロコロ変わる人の末路も不安なもの、問題を生じさせない上手い術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。