頭が真っ白になるのは因果応報かも知れない、思考停止を避ける対処法



人生を過ごしていると、頭が真っ白になることがあるもの。仕事中に問題があると焦ってしまい、頭が真っ白になり何をすれば良いか分からなくなる時があります。

ほかにも突然大勢の人の前で挨拶を促されるようなときに、何も言うことを用意していないと、頭が真っ白になるのはもちろん言葉が出ないことにもなりかねません。

頭が真っ白になるのは病気の場合もありますが、人間は突発的なトラブルが起こったり、自らを追い込み過ぎると思考回路が停止した状態になることがあります。

こんな頭が真っ白になっている状態というのは、次に何をすれば良いのか思い浮かばない状況。

結果として、次にとるアクションが決まっていると、思考停止にはならず上手く切り抜けていくことができます。

ここでは、頭が真っ白になるのは因果応報かも知れない、思考停止を避ける対処法を紹介しています。

 

 

 


頭が真っ白になるのは因果応報かも知れない、思考停止を避ける対処法


 

| 1.演技するのが仕事で、台詞を間違えることは許されない

いま現在できる限りの努力をするということ。舞台俳優などは台本に沿い完璧に演技するのが仕事で、台詞を間違えることは許されないもの。

本番で台詞を噛んでしまった場合、頭が真っ白になるのは当たり前で、思考停止ということにもなりかねません。

そんな際は、元々そんなシナリオというパフォーマンスに切り換えるのも、思考停止を避ける対処法の一つ。

台詞を間違えてもアドリブを使うことにより、最初に言うべきことを表現するようにして、いま現在できる限りの努力をします。

 

| 2.どういう具合に対処をしているかを尋ねてみるというもの

信頼できる人物に尋ねてみるということ。様ざまな局面で問題が起きた場合、どういう具合に対処をしているかを尋ねてみるというもの。

特にトラブル対応に慣れている人や、多くの部下をまとめているような管理職の人など、的確な答えを聞かせてくれるかも知れません。

とにかく多くの事例を学んで、対応するための知識を得ていくのが思考停止を避ける対処法の一つ。

 

| 3.管理をはじめ、肉体的にも精神的にも自立するというもの

セルフマネジメントを身に付けるということ。自己管理と呼ばれることもあり、スケジュール管理をはじめ、肉体的にも精神的にも自立するというもの。

セルフマネジメント力というのは、自分自身が思い描く理想像に近づくために、将来的な予想されるリスクに向け入念な準備をしておくことです。

結果として、頭が真っ白になるどんなピンチや危機を迎えても、適切な対応をすることができる思考停止を避ける対処法の一つ。

 

| 4.不安を鎮める上で非常に効果が高いとされているものです

瞑想と呼吸ということ。瞑想は先々に迎えがちな頭が真っ白になるような、不安を鎮める上で非常に効果が高いとされているもの。

呼吸法もいいツールで、頭が真っ白になりやすい人は呼吸の仕方が乱れがちで、胸が苦しくなったり他にも様ざまな症状を引き起こします。

こうした事態を和らげるためにも、リズミカルな呼吸法や瞑想法を知っておくことも、思考停止を避ける対処法の一つ。

 

| 5.曖昧な不安を、具体的にコントロールしていくというもの

不安を具体的に掴むということ。頭が真っ白になるような曖昧な不安を、具体的にコントロールしていくというもの。

これは自らの考え方を質問に落とし込むのが手で、何を心配しているのかを自問すると、理屈で不安を払拭しやすくなる思考停止を避ける対処法の一つ。

自分自身ではどうにもならないと考えることから不安が生じるので、心配事に対する解決策を組み立てると、不確実性を減らすことができます。

 

 

 


頭が真っ白になる意味を掴むこと、知っておきたいなりやすい人の特徴


 

| 1.追われているような、多忙で息つく暇もない時というもの

精神的に追い込まれているということ。頭が真っ白になりやすいのは、常に何かに追われているような、多忙で息つく暇もない時というもの。

精神的に追い込まれていると、強い不安感が湧き起こるので、それが引き金となって頭が真っ白になりかねません。

またこうした精神的に追い詰められている状況はでトラブルが発生した場合、パニック障害を発症することにもなりかねません。

 

| 2.生真面目で完璧主義といった傾向が少なくないものです

生真面目で完璧主義ということ。頭が真っ白になりやすい人に見られるのが、生真面目で完璧主義といった傾向が少なくないもの。

何事も完璧にこなそうと頑張り過ぎた場合、無理をしてしまうことになりかねず、心身に不調をきたしてしまうことにもなりかねません。

自分自身にできないことにばかりに着目していると、日々ストレスを感じやすくなりかねません。

 

| 3.感受性や共感力が高く、他者の感情の影響を受けやすい

感受性が高いということ。頭が真っ白になりやすい人に見受けられるのが、感受性や共感力が高く、他者の感情の影響を受けやすいというもの。

周囲の人が怒っていたり苛立っているなど、ネガティブな感情から受ける影響が続くと、頭が真っ白になり思考停止しかねません。

自分に対するストレスが大きくなり過ぎれば、パニック障害を引き起こすことにもなりかねません。

 

| 4.見られるのが、過去にうつ病等に罹ったことがあるという

うつ病などが過去にあるということ。頭が真っ白になりやすい人に見られるのが、過去にうつ病等に罹ったことがあるというもの。

パニック障害などを抱えていて重症化した場合、うつ病を併発しやすいことは割合良く知られています。

自律神経のバランスが乱れて生じる症状なので、逆に考えれば自律神経失調症などがあると頭が真っ白になりやすくなります。

 

 

 


頭が真っ白になるのは脳機能の問題もある、注意しておきたい原因面


 

| 1.友人に家族など、人間関係でストレスを抱えているという

人間関係でストレスを感じているということ。頭が真っ白になりやすい人に見られるのが、職場の人たちや友人に家族など、人間関係でストレスを抱えているというもの。

こういったパターンの人は、何か問題が発生した際にパニックに陥りやすいとされています。

相手に対する気疲れだったりネガティブな感情が、ストレスを大きなものにして頭が真っ白になる引き金になりかねません。

 

| 2.肉体的疲労を感じている場合、頭が真っ白になりやすい

肉体的な疲労を感じているということ。睡眠不足だったり非常な肉体的疲労を感じている場合、頭が真っ白になりやすいもの。

疲労物質と呼ばれる乳酸は、身体に溜まると肩こりやだるさの原因となるだけではなく、パニックになったり思考停止状態を引き起こすと言われています。

なので、頭が真っ白になるのを防いでいくには、精神的な面だけではなく肉体面も細かくケアしていく必要があります。

 

| 3.思いから外れた際に頭が真っ白になりやすいというもの

こだわりが強いということ。こだわりが強い人に見られるのが、自分の思いから外れた際に頭が真っ白になりやすいというもの。

自らのこだわりの範囲外となってしまった時、強い不安感や不快感を覚え、思考停止となって頭が真っ白になります。

更に自分自身の考えで対処できない局面では、自信の低下や喪失感などに結び付き、ストレスを増幅させてしまうことにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

何をすれば良いか思い浮かばない状況です。ここでは、頭が真っ白になるのは因果応報かも知れない、思考停止を避ける対処法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。