自分に価値がないと思うのは因果応報かも知れない、取り戻していく術



人生を過ごしていると、自分に価値がないと思うことがあるもの。仕事で失敗した際や職場の人間関係に悩んだ時、自分なんて価値がないと落ち込んでしまうことにもなりかねません。

ほかにも人間には突然自分に価値がないと思ってしまう、そんな落ち込んでしまう瞬間があります。

仕事にしても恋愛にしても、生活が充実している間は思うことがなくても、ふとした瞬間に潜在意識の下で自分の無価値を感じることがあります。

こうした自己無価値感というのは理由もなく生じているのではなく、幼少期から現在に至るまで、挫折などの長い負の感情の蓄積から起きているもの。

なので、意識して自分は価値があると考えていくことで、先々に向けて解消や改善へと繋げていくことができます。

ここでは、自分に価値がないと思うのは因果応報かも知れない、取り戻していく術を紹介しています。

 

 

 


自分に価値がないと思うのは因果応報かも知れない、取り戻していく術


 

| 1.肉体面だけでなく精神面のデトックスに繋がるというもの

運動をするということ。汗を掻くということは、肉体面だけでなく精神面のデトックスに繋がるというもの。

運動不足になっている人は5分程で行える運動からで良く、試してみると心地よさが味わえる取り戻していく術の一つ。

最近はジムなどに通わなくても、専門知識があるトレーナーが配信しているYouTubeなどで、自宅で簡単にストレッチが行えます。

 

| 2.疲弊した心や身体を、充分に癒してあげることができない

趣味に没頭するということ。趣味を持っていない場合、自分自身の疲弊した心や身体を、充分に癒してあげることができないもの。

金銭的なものが掛かる趣味でなくても、休日の昼間に部屋を丸ごと掃除をしたり、髪をイメージチェンジをするな何でも構いません。

リフレッシュできることを徐々に取り入れ、仕事から離れ充実した時間を増やしていくのが取り戻していく術の一つ。

 

| 3.理由や感情と一緒に素直にリストアップするのも効果的

感情をリストアップするということ。自分に価値がないと落ち込んだ状況を、理由や感情と一緒に素直にリストアップするのも効果的というもの。

いつどこで誰がなにをなぜのどのようにの5W1Hを使い、ブログや日記に細かく書き出すようにします。

そうすることにより、自分自身の現状や感情を、俯瞰して見ることができる取り戻していく術の一つ。

 

| 4.今現在まで過ごしてきた全ての時間を認めていくという

これまで自分がしてきたことを全て認めるということ。失敗したことも含めて、今現在まで過ごしてきた全ての時間を認めていくというもの。

これまで行ってきたことは自分が一番知っているはずで、誰かに褒められることはなくても、自分なりに頑張ったことは自ら認めて褒めるようにします。

そうすることで、自分に価値がないと思うことも減り、できることを見詰め直すことができる取り戻していく術の一つ。

 

| 5.感じ始めた場合、徹底的に休息を取っていくというもの

徹底的に休むということ。気持ちが疲弊していて自分に価値がないと感じ始めた場合、徹底的に休息を取っていくというもの。

飽きるほど寝てみたり、暇にうんざりするほど何もしない時間を敢えて作るのも取り戻していく術の一つ。

休みに満足して飽きてきた場合、自然に新たな目標が思い浮かぶだけでなく、心と身体がリフレッシュしたことにより前向きな気持ちになります。

 

 

 


自分の価値とは何かを考えることも、覚えておきたいないと感じる理由


 

| 1.見られるのが、仕事をしていて苦手な作業があるという

仕事に苦手意識があるということ。自分に価値がないと思う人に見られるのが、仕事をしていて苦手な作業があるというもの。

できることは率先して進められるものの、苦手意識がある作業内容の場合、以前の失敗や恐怖心が湧き上がり進めることができません。

こうした行動1つが誰かに大きな迷惑を掛けると考えてしまう人ほど、自分に価値がないという考えに陥りやすいということにもなりかねません。

 

| 2.理由の中に、自分を愛せず良さを否定しているというもの

自らを愛せていないということ。自分に価値がないと思う理由の中に、自分を愛せず良さを否定しているというもの。

日々が余りにも多忙の場合、自分自身の価値を探し出す時間が取れない可能性も考えられます。

自らを愛することができて始めて他の人を愛せるので、自分を好きになれるとそんな姿を、素敵に感じてくれる同僚や友人ができます。

 

| 3.していない場合、本当に自分に価値がないと思うという

自分を大事にしていないということ。自らを労わることをせず大事にしていない場合、本当に自分に価値がないと思うというもの。

気持ちはもちろん身体も大事にしていないので、全ての物事に対して、どうでも良くなっているような状態ともなりかねません。

魅力や取り柄やメリットなど何もないと思い込みすぎるからこそ、自分に価値がないと塞ぎ込んでしまうことにもなりかねません。

 

| 4.同僚と仲良くすることに厚かましさを感じるというもの

身近に理解者や仲間がなく孤独を感じているということ。自分に価値がない思い込み過ぎるあまり、同僚と仲良くすることに厚かましさを感じるというもの。

自分自身のことを卑下しすぎているので、仲良くすることに対して恐怖心を抱いているような状態かも知れません。

結果として、自分には何もないと感じていることで、身近に理解者や仲間と呼べる存在がない可能性もあります。

 

 

 


自分の価値は自分ということも、注意しておきたいないと思う人の特徴


 

| 1.感じたりする、そんな自分に対して自信が持てないという

自らに自信を持てないということ。仕事に対して苦手意識があったり、人付き合いが不得手と感じたりする、そんな自分に対して自信が持てないというもの。

余りにも自己肯定感が低過ぎて、些細なことでもネガティブな感情が湧き上がり、結果的に自分に価値がないと考えてしまうことにもなりかねません。

無理矢理に自信を持たなくても良いですが、好きなところを一つ見つけて、大切にすることことから初めることがポイント。

自らの良さを大切にすることで、段々と自信が持てるようになり、自分には何もないといった考え方から遠ざけてくれます。

 

| 2.常に完璧を求める余り自分を潰してしまうというものです

完璧主義ということ。失敗した際に周囲からどう思われるかなど、常に完璧を求める余り自分を潰してしまうというもの。

こうした完璧主義な人は生真面目な人に多く、他人の意見を真っ直ぐに受け止めてしまう傾向があります。

自分自身の中にこうあるべきという考えが強い人が失敗した場合、自らを卑下し自分には何もないと落ち込んでしまうことにもなりかねません。

 

| 3.ない人で、没頭できるような好きな趣味がないというもの

趣味を持っていないということ。仕事が多忙で自分のことを労う時間がない人で、没頭できるような好きな趣味がないというもの。

生きていくために働かないと食べていけませんが、働くためだけの理由で生まれてきた訳ではありません。

働くことももちろん重要ですが、それより自分の趣味を持ち、楽しんで充実した日々を過ごすことの方が大切です。

些細な趣味で良いので一つでもリフレッシュできるものを持つと、これから先の自分の糧や力にもなります。

 

 

 

まとめ

落ち込んでしまう瞬間などもあります。ここでは、自分に価値がないと思うのは因果応報かも知れない、取り戻していく術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。