行動できない人の末路も厳しいもの、前向きに上手に乗り切っていく術



身の回りを見渡すと、行動できない人がいるもの。周囲の人たちの評価を気にする余り、迅速な行動がとれないようなタイプ。

こうした人は周りの全ての人が納得できるような行動をしたいと考え、一層慎重になってしまうことにもなりかねません。

また行動しない人は事前の準備が入念すぎるところがあり、プランがなければ動くことができず、計画すること自体を重視しています。

もちろん計画はより良い結果を得るため必要ですが、こだわり過ぎれば行動力の欠如として評価されてしまうことになります。

また人のために行動する時に躊躇していると、信頼や信用を失うことにもなりかねません。なので、自覚があるときは早めの対処が必要です。

ここでは、行動できない人の末路も厳しいもの、前向きに上手に乗り切っていく術を主に紹介しています。

 

 

 


行動できない人の末路も厳しいもの、前向きに上手に乗り切っていく術


 

| 1.問題点は、そういったことの強弱に関係なく動いていない

行動のハードルを下げるということ。行動できない人の最大の問題点は、そういったことの強弱に関係なく動いていないというもの。

具体的な目標を掲げるなど大きな到達点を用意するのは横に置き、先ずは動けるハードル設定をするのが、前向きに上手に乗り切っていく術の一つ。

対人関係では目を見て挨拶するとか、資格の勉強では机に座り本を開くだけなど、行動を1分以内にできる最小限の内容にします。

人間は行動し始める時が最もエネルギーを使うので、動いてしてしまえば案外楽に動けるようになります。

 

| 2.変えてみる、そうしたことも行動力を上げる秘訣という

生活リズムを変えてみるということ。思い切って普段生活しているリズムを変えてみる、そうしたことも行動力を上げる秘訣というもの。

これまでの自分であれば絶対にしないようなことを日常に取り入れることで、今までにないような自分を発見できる、前向きに上手に乗り切っていく術の一つ。

外見はお金をかければ努力せずスピーディーに変えられ、周囲の人たちからのリアクションも早くやってみる価値があります。

 

| 3.いうこともあり、行動できる人の真似をしてみるという

行動する人の真似をするということ。行動できない要因が周囲に行動しない人ばかりということもあり、行動できる人の真似をしてみるというもの。

自分の身近にいる人が、やらない理由や言い訳ばかりという環境では、どうしても影響を受けてしまうことにもなりかねません。

逆もまた真なりで、ポジティブで行動的な人物と一緒にいれば、自然と行動できるようになる前向きに上手に乗り切っていく術の一つ。

 

| 4.固定化している場合、どうしてもキャラから抜け出せない

仕事関係以外の人と接してみるということ。職場で大人しい印象が固定化している場合、どうしてもそのキャラから抜け出せないもの。

同じ趣味の人たちとの飲み会では、普段とは全く異なる自分が出せ、受け入れて貰うことで自信にも結び付く前向きに上手に乗り切っていく術の一つ。

行動するには自分が認めて貰えるという自信が必要で、職場でなかなか行動できないという場合、趣味や遊びの場で身に付けるのもやり方です。

 

| 5.頭の中にある考えだったり記憶を整理していくのに役立つ

メモを取るということ。メモを取ることを習慣化すると、頭の中にある考えだったり記憶を整理していくのに役立つもの。

仕事では遅い理由や早くする方法など、プライベートでは日常で出会った面白い事柄など、テーマを設定してメモを取るよう心掛けます。

テーマが具体的であるほど書きやすくなり、自分自身が興味を持つことが行動に繋がる、前向きに上手に乗り切っていく術の一つ。

 

 

 


行動できない人の割合も気になるもの、注意しておきたいその特徴面


 

| 1.急かされたり、命令された場合しか行動できないという

指示待ち人間ということ。行動できない人は基本的に指示待ちで、人から何かを急かされたり、命令された場合しか行動できないというもの。

自ら考えて行動するような経験に乏しく、指示をされなければ何をしていいかが分からず動けなくなりかねません。

仕事以外も友人や家族関係など、言われたからするというパターンが多く、自主的に行動することは滅多にありません。

 

| 2.失敗することを恐れて動くことができないというものです

失敗を恐れるということ。行動できない人によく見られるのが、失敗することを恐れて動くことができないというもの。

過去に失敗したことがあったり、他者から否定された体験などがあると、行動すること自体が嫌になりがち。

考え込みやすい人は特に失敗を怖がる傾向で、行動することが人から否定されるという思いに繋がり動けません。

 

| 3.典型的なパターンと言えるのが、できない理由を考える

できない理由を考えるということ。行動できない人に見られる典型的なパターンと言えるのが、できない理由を考えるというもの。

時間がないとか金銭的な余裕がないなど、やらない理由を沢山用意し、自分のせいではなく環境のせいという言い訳をします。

行動しない自分自身を正当化するパターンで、周りのせいにすることで我が身を守ろうとしています。

 

| 4.自身の心の奥底で納得いかなければ行動できないという

納得しなければ行動できないということ。行動できない人に稀にいるのが、自身の心の奥底で納得いかなければ行動できないというもの。

行動する以前に納得するための過程がいるので、納得できないことに対しては行動することができません。

慎重に行動するタイプですが、納得するまでに時間が掛かるのと、疑問がある都度止まってしまうのが難点です。

 

 

 


行動できない人は考えすぎなところも、覚えておきたい理由や原因など


 

| 1.考えている場合、行動することを躊躇してしまうものです

挫折は悪いものと思っているということ。挫折するのは良くないことと考えている場合、行動することを躊躇してしまうもの。

どうして挫折を悪いと考えていると行動できなくなるのかと言えば、挫折をした際に自分を責めるから。

行動する度に失敗したり挫折した時、自分を責めるという負のスパイラルに陥ると、行動することに対してネガティブなイメージが付きかねません。

挫折する都度自らを責めてしまうと、行動するのが怖くなってしまいかねません。

 

| 2.行動できない人は最初のハードルが高過ぎるというもの

ハードルが高過ぎるということ。最終目標が高いのは良しとして、行動できない人は最初のハードルが高過ぎるというもの。

初めて行動する時はある意味で赤ん坊のようなもので、ほぼ何もできない状態でも、いきなりハード過ぎるタスクを設けかねません。

こういったハードルが高過ぎる場合、行動すること自体が億劫になって、挫折しやすくなることにもなりかねません。

 

| 3.あるのが、周囲の人たちに否定されることが怖いという

周囲の人たちに否定されることが怖いということ。行動できないパターンの一つにあるのが、周囲の人たちに否定されることが怖いというもの。

チャレンジする人が否定されるのは、どういった分野にもある王道パターンです。見たことのない新しいことを始める人や変化を求める人は、拒絶されたり否定されることにもなりかねません。

行動することで得られるメリットより、周囲の人たちに否定される恐怖心が勝ってしまうことで動けません。

 

 

 

まとめ

迅速な行動がとれないようなタイプも。ここでは、行動できない人の末路も厳しいもの、前向きに上手に乗り切っていく術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。