生きていく自信がないところから大逆転したいもの、上手く盛り返す術



人生を過ごしていると、生きていく自信がないと感じることがあるもの。何かをやってみたいと思っても、自信がないので戸惑うばかりということにもなりかねません。

自信を持って生きるのはある意味で理想的ですが、生きる自信がない時に行動しろとアドバイスされてもなかなか実行することはできません。

更に自信を持つという言葉を考える程、それに対する疑問が湧き上がり何なのかが分からなくなってきます。

なので、夢を持ちそこに向かって全力で取り組んでいる人や、周囲に流されず自分の軸が明確な人を見ると、羨ましく思うことにもなりかねません。

結果として、もう生きていく自信がないというときは、一旦立ち止まり対処していく必要性があります。

ここでは、生きていく自信がないところから大逆転したいもの、上手く盛り返す術を紹介しています。

 

 

 


生きていく自信がないところから大逆転したいもの、上手く盛り返す術


 

| 1.価値観や世界観など、どの程度理解しているかというもの

自分自身の内面についての理解ということ。自らの内側にある感覚や価値観や世界観など、どの程度理解しているかというもの。

これに関しては、他の人からのフィードバックなしに認識するのは困難で、自分では当然と思っていることばかりだからです。

なので、認識するには自分を理解してくれている人と、協力しながら発見していくことが上手く盛り返す術の一つ。

どういう風に世界を見ているのかや何を大事にしているのかなど、色々な問が立てられ生きていく自信に繋がります。

 

| 2.そうではなく自分への愛というのは非常に大切というもの

自分を好きになるということ。自分が好きかといえばナルシスト的なものを想像しがちですが、そうではなく自分への愛というのは非常に大切というもの。

飽くまで極端過ぎるナルシストが受け入れ難いだけであり、自らに対して公平な好意を持つことは、むしろ必要な上手く盛り返す術の一つ。

好きという表現に抵抗感がある人は、自分の中で気に入っている箇所がある、そんな風に言い換えてもいいかも知れません。

 

| 3.自身を他人のように眺め、認めることと同じというもの

他者への信頼ということ。自らを信頼するという行為は、ある意味で自分自身を他人のように眺め、認めることと同じというもの。

逆から言えば、他の人を信頼できる人間は、自らを信頼できるようになる下地は充分に持っていることになります。

なので、どういった人物が信頼できるのか、そんなことを思考するのも足掛かりになる上手く盛り返す術の一つ。

更に、他人から認められるのも、自らを信じるための大切な要素の一つで、自身のポジティブな面について友人などに聞いてみます。

 

| 4.積み上げるのも、自分自身を信頼する上で大切な要素と

小さな達成感を積み上げるということ。小さなことで良いので、達成感や成功体験を積み上げるのも、自分自身を信頼する上で大切な要素というもの。

この時のポイントは、余りに高過ぎる目標にしないということで、レベルの段階より自身の些細な変化に気づくことが上手く盛り返す術の一つ。

何を成功させたかより、自身が設定した目標を達成し終えた成功体験を、徐々に増やしていく方が重要です。

 

| 5.ネガティブな発言ばかりの人とは距離を置くというもの

自らを否定する人と距離を置くということ。生きていく自信がない時は、自らのことを否定する人や、ネガティブな発言ばかりの人とは距離を置くというもの。

いくら自分に向かってポジティブな言葉を投げ掛けていても、ネガティブな言葉が耳に入って来るような環境はいけません。

そうすると徐々にネガティブな感情へと、気持ちが引っ張られてしまう怖れがあるからです。

距離を置くことが難しい相手のときは、できるだけ顔を合わせる機会を減らすのも上手く盛り返す術の一つ。

 

 

 


一人で生きていく自信がないと思う時もある、知っておきたいその原因


 

| 1.不安を覚え生きていく自信がない状態になるというもの

経験が不足しているということ。仕事に関する経験だったりスキルが不足している場合、不安を覚え生きていく自信がない状態になるというもの。

経験不足というのは時間の経過すると解決できる場合も多く、諦めずに継続することが改善策の一つになります。

失敗と成功体験を交互に繰り返す間に、次第に自信を持てるようになっていきます。

 

| 2.失敗が切っ掛けで不安が湧き起こり前進できないという

過去に大きな失敗を犯したということ。生きていく自信がない人に見られるのが、過去の失敗が切っ掛けで不安が湧き起こり前進できないというもの。

また、それほどの大失敗ではないにも関わらず、他人から酷く責められた体験があると、自信を失って劣等感を抱きやすくなりかねません。

過去に犯した失敗からなかなか立ち直れない人は、原因を詳しく調べ対処していくのが重要なポイント。

 

| 3.他人と自分を比べることにより悩んでしまうというもの

他人と比べてしまうということ。生きていく自信がない人に見受けられるのが、他人と自分を比べることにより悩んでしまうというもの。

比較すると自分自身のできない部分ばかりが目について、自信を失い気持ちが落ち込んでしまうことにもなりかねません。

劣っている箇所にだけ注目するのを避け、自分にはこれができるとポジティブに考えれば、自己肯定感が高められます。

 

| 4.見られるのが、仕事に対して完璧主義的な傾向があると

完璧主義ということ。生きていく自信がない人に良く見られるのが、仕事に対して完璧主義的な傾向があるというもの。

目標に対して満点の成果を求めるあまり、少しのミスでもあれば完璧にできなかったと、自分自身を責めてしまうことにもなりかねません。

物事に向かって真剣に向き合う姿勢は必要ですが、それにより自信を失っている場合、自らに対する評価の基準を下げてみることも大切。

 

 

 


生きてく自信がないのは様ざまなことから、注意したいそんな人の特徴


 

| 1.見られるのが、視野が狭いという傾向があるというもの

視野が狭いということ。生きていく自信がない人に見られるのが、視野が狭いという傾向があるというもの。

結果として、嫌なことばかりが目に入ってしまい、それのせいで憂鬱な気持ちで過ごすことが多くなりかねません。

視野が狭い場合は、目先のことだけしか考えられなくなるのはもちろん、他者の意見に耳を傾けないということにもなりかねません。

 

| 2.見受けられるのが、どうせできないとか何をしても無駄

思い込みが強いということ。生きていく自信がない人に見受けられるのが、どうせできないとか何をしても無駄というもの。

こういったネガティブな思い込みが強いので、他の人がどのような言葉を投げ掛けても受け入れません。

こんなネガティブな思考パターンが頭の中を駆け巡り、どんどん自分自身の評価を下げてしまうことにもなりかねません。

 

| 3.必要以上に周りの人たちの目を気にしてしまうものです

人の目が気になるということ。生きていく自信がない人に見られるのが、必要以上に周りの人たちの目を気にしてしまうもの。

自信のない人は普段から他の人の顔色を伺い、周囲の人たちの評価を気にしてしまいます。

特に他の人からの威圧的な言葉や批判などには、一層敏感になることにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

立ち止まり対処していく必要性がある。ここでは、生きていく自信がないところから大逆転したいもの、上手く盛り返す術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。