友達依存症の末路も厳しいもの、先々に向かい似つかわしく治す方法



日々を過ごしている中で、友達依存症に付いて思い悩むことがあるもの。仲の良い友達に依存し過ぎてしまい、動向や交友関係にまで干渉することにもなりかねません。

唯一無二の存在ともいえる友達なので依存してしまいますが、そういった関係では大事な友情も結局は崩れてしまいかねません。

特段に用事がなくても友達のことが気になり、LINEやメール等でメッセージを送るような行為が続くことがあります。

とりとめのない内容を毎日送るようになると注意が必要で、友達依存症の症状の一つにあげられます。

これはもうアルコール依存症と同様の病気ということになり、それなりの対応が必要ともなりかねません。

ここでは、友達依存症の末路も厳しいもの、先々に向かい似つかわしく治す方法を紹介しています。

 

 

 


友達依存症の末路も厳しいもの、先々に向かい似つかわしく治す方法


 

| 1.掛け過ぎないで、独りで解放される時間を設けるという

独りで解放される時間を設けるということ。友達依存症の人は一緒にいることに時間を掛け過ぎないで、独りで解放される時間を設けるというもの。

己と向き合うには友達と離れて独りでいる時間が必要で、一人旅にぶらりと行くのも先々に向かい似つかわしく治す方法の一つ。

独りでも楽しく過ごせたり己自身で決断できることが理解できれば、友達依存症も改善する可能性があります。

 

| 2.ケースでは、心を満たすような趣味を探し出していくと

心を満たす趣味を見つけるということ。熱中するものがなくて友達依存症になっているケースでは、心を満たすような趣味を探し出していくというもの。

仕事に生き甲斐を持って取り組むのも良く、友達以外の物事に意識を集中して気を紛らわすのが、先々に向かい似つかわしく治す方法の一つ。

達成感がある趣味や仕事に熱中することで、承認欲求や自己肯定感も得やすくなり心にゆとりができて、友達依存症から抜け出せるかも知れません。

 

| 3.強いケースでは、相手の心情を無視してしまうこともある

恋人や友達の気持ちを配慮するということ。友達と一緒にいたいとか詳しく知りたいという気持ちが強いケースでは、相手の心情を無視してしまうこともあるもの。

己の感情を押し付け過ぎれば相手との関係を壊しかねず、恋人や友達などの気持ちに配慮する癖をつけるのも、先々に向かい似つかわしく治す方法の一つ。

依存している友達が困惑している様子が見えた時は、連絡の頻度を少なくしたり連れ立っていかないなど、行動を変えてみるよう心掛けます。

 

| 4.特定のグループだったり友達に依存してしまうこともある

広い視野で交流を心掛けるということ。交流する人が少ないケースでは、特定のグループだったり友達に依存してしまうこともあるもの。

視野を広げるためにも交流をは幅広くすることが必要で、多様な人と接することで友達依存症も低くなる、先々に向かい似つかわしく治す方法の一つ。

恋人が居なくて寂しさを埋めるため友達依存症となっている傾向があれば、恋活をするのも良く、マッチングアプリや恋活パーティーなどを活用すれば多くの出会いが望めます。

 

| 5.己自身に対して自信を持つことがポイントというものです

己自身に自信を持つということ。友達依存症から抜け出していくため必要なのが、己自身に対して自信を持つことがポイントというもの。

自己肯定感を高めることによって、物事をポジティブに捉えるようにするのも先々に向かい似つかわしく治す方法の一つ。

ダイエットや筋トレをしたり本を多く読んで知識をつけるなど、小さなことで良いので成功体験を積み重ねると自信を持ちやすくなります。

 

 

 


友達依存症は男性にも見られるもの、注意しておきたいそんな特徴面


 

| 1.普段の日常生活から常に友達と共に行動したがるという

常に一緒に行動するということ。友達依存症に陥っている人というのは、普段の日常生活から常に友達と共に行動したがるというもの。

仲良しグループで行動したがるのは女性にも多く見られますが、友達依存症の人は誘いを断れば、不機嫌になってしまうことになりかねません。

いつの間にかそれが当たり前のようになっていて、一人になりたい場合も一緒にいたがるので、依存されている方からするとストレスが溜まることになりかねません。

 

| 2.意見に同調するのはもちろん嗜好を真似したりするもの

友達の真似をするということ。友達依存症に陥っている人は、考え方や行動に影響されやすく、意見に同調するのはもちろん嗜好を真似したりするもの。

依存している友達に対しては仲間意識が強くあるので、相手の持ち物のほか言動なども真似することになりかねません。

また依存している相手に憧れを持っていることがあり、本人には悪気はなくても、真似される方は不快な思いをするかも知れません。

 

| 3.見られるのが、友達は多くいても親友はほとんどいない

友達は多くいても親友はいないということ。友達依存症に陥っている人の中に見られるのが、友達は多くいても親友はほとんどいないというもの。

特定の人物ではなくて友達という存在に対して依存しているので、己の存在価値を低く見積もっていて、一人の親友より沢山の友人を求めます。

心の奥底にあるのが皆の人気者になることで、承認欲求や自己肯定感を満たそうとしているのかも知れません。

 

| 4.嵌まり込んでいる人物は、誰かと連絡を取り続ける傾向が

連絡を誰かと取り続けるということ。友達依存症に嵌まり込んでいる人物は、誰かと連絡を取り続ける傾向があるというもの。

構って欲しいという気持ちが強く、特別な用事などなくても、頻繁に電話やLINEして繋がろうとしかねません。

される側からすれば、忙しい時でも全く関係なしなので、非常に身勝手と感じることになりかねません。

 

 

 


友達依存症は中学生や大人にも見られる、覚えておきたいその


 

| 1.見られるのが、友達のことを詳しく何でも知りたがると

友達のことは詳しく知りたいという心理状態。友達依存症になっている人に見られるのが、友達のことを詳しく何でも知りたがるというもの。

SNSをチェックしるのはもちろんのことあれこれ質問することで、相手のことを詳しく何でも把握しようとしかねません。

己からも多くのことを打ち明けて秘密を共有しようとし、何でも互いに知っている状況を作って、一人ではないという安心感を得ようとします。

 

| 2.見られるのが、優柔不断で一人では決めることができない

一人では決められないという心理状態。友達依存症に陥っている人に見られるのが、優柔不断で一人では決めることができないというもの。

己自身で決断することができないので、恋愛にしてもプライベートや仕事のことなど、何でもどうしたら良いと友達に相談しかねません。

重大な物事も決定してもらいたがるので、頼られた方は非常に負担に感じることにもなりかねません。

 

| 3.誰かと一緒に過ごしていないと不安が湧き上がるという

誰かと一緒でないと不安という心理状態。友達依存症になっている人に見受けられるのが、誰かと一緒に過ごしていないと不安が湧き上がるというもの。

寂しがり屋と呼ばれる人が多く、一人で過ごすのが嫌なので、常に誰かと一緒に行動していたいと心の底から思っています。

相手の都合も考えず側にいようとするので、寄られた方からすれば驚いて引いてしまうことになりかねません。

 

 

 

まとめ

友情さえ結局は崩れてしまいかねません。ここでは、友達依存症の末路も厳しいもの、先々に向かい似つかわしく治す方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。