連絡が来なくなったのは因果応報かも知れない、上手く向き合う対処術



人生を過ごしていると、突然連絡が来なくなったということもあるもの。それまで頻繁に連絡を取っていたのに、ある日唐突に相手からの連絡が途絶えるようなことです。

もちろん連絡が来なくなったのが彼氏や彼女などの好きな人の場合、様ざまなことを思い浮かべ焦ることにもなりかねません。

そんな際は、何かしてしまったとか、もう自分自身に興味がなくなったなど、理由を探して頭が混乱してしまうことになります。

更に、連絡が来なくなった友達などが加わると、不安も頂点に達して占いなどに頼ることにもなりかねません。

但し、連絡が来なくなるのには要因も多々あり、気を落とす必要はなく相手に負担が掛からないよう気持ちを伝えることが肝腎です。

ここでは、連絡が来なくなったのは因果応報かも知れない、上手く向き合う対処術を紹介しています。

 

 

 


連絡が来なくなったのは因果応報かも知れない、上手く向き合う対処術


 

| 1.大切なのが、相手の状況や心境を理解して尊重するという

相手の心境を尊重するということ。連絡が来なくなった時に最も大切なのが、相手の状況や心境を理解して尊重するというもの。

人にはそれぞれに都合があり、己自身の連絡をしたい気持ちを最優先したときは、相手側に負担が掛かってしまうことになりかねません。

そうならないためにも、先ず相手のことを思い遣り良い関係になれるように行動するのが、上手く向き合う対処術の一つ。

 

| 2.しまう場合、好きなことや趣味などに全力を注ぐという

他のことに熱中するということ。連絡が来なくなったせいで不安が湧き上がってしまう場合、好きなことや趣味などに全力を注ぐというもの。

できる限り予定を多く組むようにして、相手のことを思い描かない時間を増やしていくのも上手く向き合う対処術の一つ。

どうしても思いが浮かび上がって集中できないという場合、踏ん切りを付け部屋に閉じ籠り、存分に落ち込んでみるのも一手かも知れません。

 

| 3.一般的に返信がこなくてもさほど不思議という訳ではない

長期的な観点で待ってみるということ。好きな人から連絡が来なくなったときは辛いところもありますが、一般的に返信がこなくてもさほど不思議という訳ではないもの。

一週間ほど待っても返信がないときは、一旦やり取りは終了したと割り切るのも上手く向き合う対処術の一つ。

返信を待っているという状態から抜け出すだけで、気持ちも切り替えやすくなって、連絡のペースを長期的な観点から掴んでいくようにします。

 

| 4.ケースでは、理想的な連絡の頻度を尋ねてみるというもの

連絡の頻度を聞いてみるということ。仕事で多忙だったり連絡を取り続けるのが面倒臭い人のケースでは、理想的な連絡の頻度を尋ねてみるというもの。

相手が多忙で連絡が取り難かったり取りたがらない人に対しては、返しやすい頻度で連絡をするのも上手く向き合う対処術の一つ。

メールやlineは長文だと返信が大変なので、短い文にして返事を急かさないような内容にして送信するよう心掛けます。

 

| 5.ケースでは、直接話をしたいと言うのも一つのやり口と

直接向き合いたいと言うということ。文章を打つなどの連絡を取り続けるのが不得手な相手のケースでは、直接話をしたいと言うのも一つのやり口というもの。

文章を打つために使っているような時間も、向き合って話せばその必要もなくなる上手く向き合う対処術の一つ。

相手の都合の良いタイミングを狙うのは難しいですが、会って話せばより一層違った面も発見できて嬉しくなります。

 

 

 


連絡が来なくなったのは大いに気になるもの、知っておきたい心理状態


 

| 1.見られるのが、取り続けること自体が不得手なパターン

日々連絡する必要はないと思っている心理状態。連絡が来なくなった人に見られるのが、取り続けること自体が不得手なパターンというもの。

面と向かっている時間は優しくても、LINEやメールとなると素っ気なかったり連絡が来なくなったのは、それが苦手ということかも知れません。

好きな人とは常時連絡を取り合いたい人には物足りなく思うかも知れませんが、苦手な人には無理をしないで似合ったアプローチを心掛けます。

 

| 2.何事かの不満を抱えていて怒ってしまっているというもの

怒っているという心理状態。これは、連絡が来なくなった人に良くあるのが、何事かの不満を抱えていて怒ってしまっているというもの。

毎日のように連絡を取り合っていたのに急に連絡が来なくなった際は、己自身が相手に向かって何か嫌なことをしていないかを振り返ります。

もし心当たりがあった場合、謝罪して許して貰うのが最優先になり、誠実に気持ちを伝えるようにし仲直りを成功させます。

 

| 3.相手は己の気持ちを整理している最中かも知れないもの

気持ちを整理している心理状態。毎日のように連絡を取り合っていた人から連絡が来なくなった時は、相手は己の気持ちを整理している最中かも知れないもの。

そんな場合は、一旦相手側の気持ちが折り合うまで待つのが一番で、その間は不安を感じるものですが、じっくり考えてくれている良い意味です。

相手が将来的な二人のことを考えてくれているのを信じて、心を落ち着かせながら待つよう心掛けます。

 

| 4.突然来なくなった場合、心変わりをした可能性もあるもの

好きな人が他にできたという心理状態。日々連絡を取り合っていた人から突然来なくなった場合、心変わりをした可能性もあるもの。

自分以外の好きな人が相手にできてしまったケースでは、とても悲しく辛いものですが、責めたりすることは己自身の印象を下げてしまいかねません。

連絡が来なくなったのを確かめた後は、しばらく様子を見て心の踏ん切りがついたら、新しい恋に向かって出発するようにします。

 

 

 


連絡が来なくなったのは女性も男性もあるもの、注意しておきたい理由


 

| 1.連絡をし忘れてしまったり先延ばしにしてしまうという

忙し過ぎて暇がないということ。男性によく見受けられるのが、一つの事柄にしか集中できず、連絡をし忘れてしまったり先延ばしにしてしまうというもの。

疲れたので明日にしようとか一段落してから連絡しようなど、考えているうちに時間ばかりが過ぎていくことになりかねません。

結果として、付き合っている彼氏が多忙な期間は、返信はないと考えておいた方が良いかも知れません。

 

| 2.文章をあれこれ考え過ぎ返信ができない男性も多くいる

連絡ツールを苦手にしているということ。LINEやメールなどの連絡ツールが苦手で、文章をあれこれ考え過ぎ返信ができない男性も多くいるもの。

こうしたスタイルの人に見られるのが、必要な事項だけ連絡が取れれば良く、後は会ってから話す方が良いという思考パターン。

女性からすれば、好きな人とは常時連絡を取り合っていたいと思っている人がほとんどで、男性の考え方が理解できないかも知れません。

 

| 3.一般的にも良く口に上る恋の駆け引きの中の一つという

恋の駆け引きを楽しんでいるということ。連絡をしないというやり方は、一般的にも良く口に上る恋の駆け引きの中の一つというもの。

己自身の存在を意識させるため、連絡が来た後もわざと返信しないで、敢えて距離を置いておくという戦略的なものがあります。

付き合う以前に相手がわざと返信をしていないケースでは、好意を寄せていると考える余地は大いにあります。

 

 

 

まとめ

相手からの連絡が途絶えるようなこと。ここでは、連絡が来なくなったのは因果応報かも知れない、上手く向き合う対処術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。