パニックになると頭が真っ白に、その場を上手く乗り切っていく対処策



日々を過ごしている中で、パニックになることがあるもの。仕事中に問題が発生して焦ってしまい、パニック状態に陥り頭が真っ白になる時があります。

ほかにも大勢の人前で急に挨拶を促され、言うべきことが何一つ思い浮かばず、パニックになるのは無論のこと言葉も出ないこともあります。

こうしたパニックになる人というのは病気の場合もありますが、人間は突発的な事態に出くわしたり、自分自身を追い込み過ぎると思考停止した状態になりかねません。

ただパニックに陥っている状態というのは、次に何をすれば良いのか考えつかない状況で、行動が決まっていると思考停止にはなりません。

ここでは、パニックになると頭が真っ白に、その場を上手く乗り切っていく対処策を紹介しています。

 

 

 


パニックになると頭が真っ白に、その場を上手く乗り切っていく対処策


 

| 1.演技するのが仕事、台詞を間違えてしまうのは許されない

今できる限りの努力をするということ。舞台俳優などを見ると台本に沿って完璧に演技するのが仕事で、台詞を間違えてしまうのは許されないもの。

本番で台詞を噛んでしまったケースでは、パニックになるのは当然で、思考停止ということになりかねません。

そんなときは、元々のシナリオというパフォーマンスに切り替えるのも、その場を上手く乗り切っていく対処策の一つ。

台詞を間違ってもアドリブを使うことで、最初に言うべきことを表現するように、現在できる限りの努力をします。

 

| 2.どういう具合に対処をしていたかを聞いてみるというもの

信頼できる人に聞いてみるということ。色々な場面で問題が起きたケースでは、どういう具合に対処をしていたかを聞いてみるというもの。

特に多くの部下を率いているような管理職の人やトラブル対応に慣れている人など、的確な回答を聞かせてくれるかも知れません。

とにかく多くのケースを学んで、対応するための知識を増やすのも、その場を上手く乗り切っていく対処策の一つ。

 

| 3.スケジュール管理を含めて、精神的にも肉体的にも自立

セルフマネジメントを学習するということ。自己管理とされることもあり、スケジュール管理を含めて、精神的にも肉体的にも自立するというもの。

セルフマネジメント力は、己自身が思い描く理想像に近づくため、将来的に予想されるリスクに向けて入念な準備をしておく力です。

結果的に、パニックになるようなどんな危機やピンチを迎えても、適切な対応を取ることができる、その場を上手く乗り切っていく対処策の一つ。

 

| 4.不安を抑えていく上で非常に効果的とされているものです

瞑想と呼吸法ということ。瞑想は先々に迎えがちなパニックになるような時に、不安を抑えていく上で非常に効果的とされているもの。

呼吸法も良いツールの一つで、パニックになりやすい人は呼吸が乱れがちで、胸が苦しくなったりのほか様々な症状を引き起こします。

こうした事態を和らげていくためにも、瞑想法やをリズミカルな呼吸法知っておくことも、その場を上手く乗り切っていく対処策の一つ。

 

| 5.不安を、具体的なやり方でコントロールしていくという

不安を具体的に把握するということ。パニックになるような曖昧な不安を、具体的なやり方でコントロールしていくというもの。

これは己の考え方を質問に落とし込んでいくのがやり方で、何が心配なのかを自問すると、理屈で不安を払拭しやすくなるその場を上手く乗り切っていく対処策の一つ。

己自身ではどうにもならないと思うから不安が生じるので、心配事に向かって解決策を組み立てれば、不確実性を大きく減らすことができます。

 

 

 


パニックになる夢をみることも、注意しておきたいなりやすい人の特徴


 

| 1.常に何かに追われていて、忙しく息つく暇もないという

精神的に追い詰められているということ。パニックになりやすい人は、常に何かに追われていて、忙しく息つく暇もないというもの。

精神的に追い詰められている場合、強い不安感が湧き上がるので、それが切っ掛けとなってパニックになりかねません。

またこうした精神的に追い込まれている状態はトラブルが発生した時、パニック障害を発症することになりかねません。

 

| 2.見受けられるのが、真面目で完璧主義者といった傾向が

真面目で完璧主義者ということ。パニックになりやすい人に見受けられるのが、真面目で完璧主義者といった傾向が少なくないもの。

何に対しても完璧にこなそうと頑張り過ぎたケースでは、無理を押すことにもなりかねず、心身に不調をきたしてしまうことになりかねません。

己自身にできないことにばかりに目を奪われていると、毎日がストレスを感じやすくもなりかねません。

 

| 3.感受性や共感力が強く、他の人の感情の影響を受けやすい

感受性が強いということ。パニックになりやすい人に見られるのが、感受性や共感力が強く、他の人の感情の影響を受けやすいというもの。

周りの人が苛立っていたり怒っているなど、ネガティブな感情からの影響が続くと、頭がパニックになり思考停止しかねません。

己に対するストレスが大きくなり過ぎると、パニック障害を引き起こすことになりかねません。

 

| 4.見受けられるのが、うつ病などに過去罹ったことがある

過去にうつ病などがあるということ。パニックになりやすい人に見受けられるのが、うつ病などに過去罹ったことがあるというもの。

パニック障害等を抱えていて重症化したケースでは、うつ病を併発しやすいことが世間的にも割合良く知られています。

自律神経のバランスが崩れて生じる症状なので、反対に考えると自律神経失調症等があればパニックになりやすくなります。

 

 

 


パニックになると泣くこともあるもの、覚えておきたいそうした原因面


 

| 1.友人に家族など、人間関係でストレスを覚えているという

人間関係でストレスを覚えているということ。パニックになりやすい人に見られるのが、職場の人や友人に家族など、人間関係でストレスを覚えているというもの。

こういった人というのは、何かトラブルが発生した時にパニックに陥りやすいとされています。

相手にへの気疲れやネガティブな感情が、ストレスを大きなものにしパニックとなる切っ掛けともなりかねません。

 

| 2.睡眠不足のケースでは、パニックに陥りやすいというもの

肉体的疲労を感じているということ。肉体的に非常な疲労を感じていたり睡眠不足のケースでは、パニックに陥りやすいというもの。

疲労物質とされる乳酸は、身体に溜まれば肩こりやだるさの原因となってしまうだけではなく、パニックや思考停止状態を引き起こすとされています。

結果として、パニックで頭が真っ白になるのを防止するには、メンタル面だけではなくフィジカル面も細かくケアする必要があります。

 

| 3.己の思いから外れたときにパニックになりやすいという

強いこだわりがあるということ。強いこだわりがある人に見られるのが、己の思いから外れたときにパニックになりやすいというもの。

己のこだわりの範囲外となってしまったケースでは、強い不快感や不安感を覚えて、思考停止となって頭がパニックになります。

更に己自身の考えで対処できない場面では、自信の低下や喪失感などに繋がって、ストレスを増幅させてしまうことになりかねません。

 

 

 

まとめ

思考停止した状態にもなりかねません。ここでは、パニックになると頭が真っ白に、その場を上手く乗り切っていく対処策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。