きつい人の末路も心配になるもの、出会ったときの上手な向き合い方



身近なところにも、きつい人がいるもの。こうした人はその言い方が厳しいのも当たり前で、困惑したり戸惑うことになりかねません。

きつい人が多い職場というのもあり、愛想が良くなかったり不機嫌なことも多く、冷めているイメージがどうしても付きまといます。

きつい人が嫌いとか苦手という人も多くいますが、言い方が厳しい割には、悪気がなかったり自覚がなかったりという場合も多々あります。

こういったタイプに悩まされている側にとっては不思議なことですが、指摘されて初めて自らの言い方がきついということを知ることになりかねません。

但し、最近耳にする立場や地位を利用したパワハラやモラハラなど、 中には悪意がある人物もいます。

ここでは、きつい人の末路も心配になるもの、出会ったときの上手な向き合い方を紹介しています。

 

 

 


きつい人の末路も心配になるもの、出会ったときの上手な向き合い方


 

| 1.囲にいる誰かが神経を逆なでしてしまうことがあるもの

感情的になったときは冷めるまで距離を置くということ。自分ではなくても、周囲にいる誰かが神経を逆なでしてしまうことがあるもの。

その時近くにいれば、怒りの矛先が向いてくる可能性があり、一旦距離を置くのも出会ったときの上手な向き合い方の一つ。

きつい人が落ち着き冷静になるのを待ち接するようにすると、不本意に自分が怒られることも減ってきます。

 

| 2.態度がきつくなるかを知っておくと、回避がしやすいもの

どんな切っ掛けで態度が荒くなるかを掴むということ。最初から何が切っ掛けで態度がきつくなるかを知っておくと、回避がしやすいもの。

きつい人の態度が荒くなる要因には、タイミングだったり気持ちやシチュエーションなど、様ざまな切っ掛けがあります。

予めそれを掴んでおけば、自分がきつい人の気性を荒くするのが防げる、出会ったときの上手な向き合い方の一つ。

 

| 3.琴線に触れてしまった場合、相手はすぐに感情的になる

不快にさせる発言や行動は控えるということ。切っ掛けが分かっていても琴線に触れてしまった場合、相手はすぐに感情的になるもの。

相手が不快にならないよう接することが大切で、感情的になるのを防ぐのが出会ったときの上手な向き合い方の一つ。

こうしたコツを掴めばきつい男性や女性に対しても、機嫌を損ねるような対応はせず、正々堂々と相対することができます。

 

| 4.職場の上司など接しなければならない相手がいるものです

聞き役に徹し相槌を打ち聞き流すということ。できる限り近づかないようにしたいところですが、職場の上司など接しなければならない相手がいるもの。

そうした際は、こちらからきつい人に向かって意見を言ったりしないで、聞き役に接するのが出会ったときの上手な向き合い方の一つ。

相手の言うことを否定しないで、適当に相槌を打ちながら聞き流せば、気分も害さないで上手く対処することができます。

 

| 5.普通の人に比べてストレスへの耐性が低い傾向にあるもの

適切に褒めて煽てるということ。きつい人は気性が荒いところがあり、普通の人に比べてストレスへの耐性が低い傾向にあるもの。

普段からきつい人に対してストレスが溜まることがないよう接するのも、出会ったときの上手な向き合い方の一つ。

突如として爆発し感情的になるのを防ぐため、適切に褒めたり上手に煽てたりと、プライドを尊重するよう心掛けます。

 

 

 


そこには様ざまなところがあるもの、知っておきたいきつい人の特徴


 

| 1.負けを認めるのが嫌いなので、感情的になりやすいという

異常な負けず嫌いということ。他者に劣っている箇所を指摘されたり、負けを認めるのが嫌いなので、感情的になりやすいというもの。

仕事上のミスを指摘されたり馬鹿にされた場合、自らのプライドを傷付けられたと感じるので、激しく怒ったりすることにもなりかねません。

プライドも高く他人に劣っているのを認めたくない、そんな異常な負けず嫌いもきつい人には多くいます。

 

| 2.感情をコントロールしていくのが苦手な傾向というもの

感情のコントロールが苦手ということ。きつい人に見られるのが、感情をコントロールしていくのが苦手な傾向というもの。

根気もなく我慢できないので、自らの思い通りにならないと苛立ってしまうなど、いわゆるこらえ性がありません。

嫌なことに出会っても感情を抑えて怒りを静めることが難しく、些細なことで頭に血を登らせすぐに激怒することにもなりかねません。

 

| 3.数多く持っていて、他の人に対し無理強いしやすいという

マイルールが多いということ。自分自身のこだわりやマイルールを数多く持っていて、他の人に対し無理強いしやすいというもの。

受け入れられない場合、自らを否定されたような気持ちなり、人からの言葉をアドバイスではなく指摘として捉える傾向にあります。

他の人が親切心から助言をしたとしても、自分自身のこだわりを否定されたと感じ、直情的に怒ることにもなりかねません。

 

| 4.意見や考え方は相手に合わせて変えたくはないというもの

自己中心的ということ。常に中心に自分がいなければ気が済まないところがあり、意見や考え方は相手に合わせて変えたくはないというもの。

視野も狭いので周りの状況が把握できないところがあり、どういった時でも自分自身の意見を押し通そうとしかねません。

自分が正しいと信じ切っているので相手に合わせることはなく、意見を押し付けやすいのもきつい人に見られるところ。

 

 

 


きつい人には他では見られないところも、注意しておきたい心理状況


 

| 1.指摘を受けたり注意をされるのが好きじゃないというもの

指摘や注意されるのが好きじゃないという心理状況。きつい人に見られるのが、指摘を受けたり注意をされるのが好きじゃないというもの。

頑固なところがあり自らの考えを曲げるのが嫌いな上、他人に合わせるのを不満に感じていて、指摘されることを異常に嫌い感情的になることが多々あります。

他の人が親切心から助言したことに対しても、自らのやり方を否定されたように思い、怒りを感じてしまうことにもなりかねません。

 

| 2.正しいと信じている人は、素直に受け入れられないもの

自らの意見が正しいと信じ込んでいるという心理状況。間違ったことをした時にも、常に自分が正しいと信じている人は、素直に受け入れられないもの。

仕事上で自分自身がミスをして他者から指摘された場合、間違いを認めたくないので、激しく怒ったりすることにもなりかねません。

自分自身の意見は常に正しいという思い込みも、きつい人に多々見受けられる傾向の一つです。

 

| 3.自分の思惑通りにならなければ感情的になるというもの

思惑通りにならないと苛立つという心理状況。常に自分が中心にいないと気が済まないきつい人は、自分の思惑通りにならなければ感情的になるというもの。

視野が狭く周りが見えないことの余裕のなさに加え、自らの思い通りにならない悔しさが湧き起こりかねません。

結果的に、やたら滅多ら苛立ったりと、情緒不安定になってしまうことにもなりかねません。

 

| 4.言う際は、相手の気持ちも考え遠慮して言わない人も多い

嫌なものは嫌と言わないと気が済まないという心理状況。他人に否定的な意見を言う際は、相手の気持ちも考え遠慮して言わない人も多いもの。

どんな相手でも何でもはっきり言える人は、遠慮もしないので、時に感情的になりきつい言い方をすることにもなりかねません。

嫌なものは嫌ときちんと言わなければ気が済まない、そんなところもきつい人の裏側にある気持ちの一つ。

 

 

 

まとめ

きつい人の中には悪意がある人もいます。ここでは、きつい人の末路も心配になるもの、出会ったときの上手な向き合い方を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。