心が寂しい時は因果応報かも知れない、先に向け上手く乗り超える術



日々の暮らしの中で、心が寂しい時があるもの。特にすることもなく暇を持て余しているような時は、考えることも多くなり寂しさを感じやすくなります。

心が寂しいときは恋愛などでもありますが、遥か悠久の昔から集団で協力し生きてきた人間は、一人になり危険に曝されることのないよう感じるとされます。

なので、SNSを開いてみると周囲の人たちの充実した楽しそうな姿があり、それを自分と比べまた孤独を感じるなどの悪循環にも陥りかねません。

こうしたどうしようもなく心が寂しい時は、なぜそうなっているのか、寂しい心を埋めるにはどうすれば良いのかを知っておくと先々役に立ちます。

ここでは、心が寂しい時は因果応報かも知れない、先に向け上手く乗り超える術を紹介しています。

 

 

 


心が寂しい時は因果応報かも知れない、先に向け上手く乗り超える術


 

| 1.苦悶しているよりは、一旦言語化して外に出した方が良い

気持ちをリストアップするということ。心が寂しい時の気持ちに苦悶しているよりは、一旦言語化して外に出した方が良いもの。

現在の気持ちをブログや日記などに文章でリストアップして、言葉にしてみることが先に向け上手く乗り超える術の一つ。

書いたものを敢えて人に見せる必要はありませんが、一旦頭の中を整理してみると、気持ちが可視化され寂しさも薄まります。

 

| 2.集中できる事柄に没頭することで、寂しさを忘れるという

好きな趣味や仕事に没頭するということ。大好きな趣味や仕事など、集中できる事柄に没頭することで、寂しさを忘れるというもの。

趣味を持たないという人は、これを機会に熱中できるものを探していくのも、先に向け上手く乗り超える術の一つ。

時間を忘れて打ち込めるものがあれば、心が寂しい時を感じる暇もなくなり、一心不乱に行動することができます。

 

| 3.寂しさが増すばかりなので、思い切って外に出掛けると

人の多い場所に出掛けてみるということ。心が寂しい時に部屋でじっとしていても寂しさが増すばかりなので、思い切って外に出掛けるというもの。

誰もいない静かなところは、普段であれば心が落ち着きリラックスできますが、心が寂しい時に行くと更に孤独を感じてしまうかも知れません。

買い物に出掛けて店員さんと話したり、映画館で楽しい雰囲気のものを見たりするのも、先に向け上手く乗り超える術の一つ。

 

| 4.癒されるので、心が寂しい時の孤独感も薄れていくもの

動物と触れ合うということ。好きな動物と触れ合うことで精神的に癒されるので、心が寂しい時の孤独感も薄れていくもの。

ペットがいない場合、専門カフェやペットショップなどに出掛け、話しかけてみるのが先に向け上手く乗り超える術の一つ。

これまで動物がそれほど得意ではないという人が、猫カフェなどで嵌まることも良くあり、この機会に試してみるのも良いかも知れません。

 

| 5.身体のことだけではなく精神的な不調にも繋がってしまう

質の良い睡眠をとるということ。睡眠不足に陥った場合、身体のことだけではなく精神的な不調にも繋がってしまうもの。

寝ている最中は寂しさなど感じようもなく、心が寂しい時は寝ることで英気を養うのも先に向け上手く乗り超える術の一つ。

ストレスを感じたときは交感神経が優位になるので、お風呂で身体を温めるなど、リラックスし眠りを誘う副交感神経を働かせるよう心掛けます。

 

 

 


心が寂しい人も見かけるもの、知っておきたい切っ掛けや原因面など


 

| 1.多い場合、ふとしたタイミングで心が寂しい時を迎える

単独で過ごす時間が多いということ。一人暮らしをしていたり日常生活で一人切りになる時間が多い場合、ふとしたタイミングで心が寂しい時を迎えるもの。

話したいことがあっても側に聞いてくれる人がいない、静まり返った場所などを意識し始めると、途端に寂しさが襲ってきかねません。

普段から慣れていて平気なようでも、何となく人恋しい気分になった際など、より一層寂しさが募ります。

 

| 2.不安になり、見放されてしまう恐怖心が膨らむものです

仕事で失敗を犯したということ。仕事で何かの失敗を犯した場合、周囲の信頼を失うのではないかと不安になり、見放されてしまう恐怖心が膨らむもの。

更に、仕事が上手くいかないで落ち込んでいる際は、誰かに甘えたかったり、慰めて欲しいという気持ちになります。

但し、プライドが高かく責任感が強い人は上手く甘えられないので、心が寂しい時を迎えかねません。

 

| 3.一人ぼっちで過ごすのは寂しさが募ってしまうものです

体調を崩したということ。体調を崩してしまった場合、誰かに看病して欲しくなり、一人ぼっちで過ごすのは寂しさが募ってしまうもの。

身体の調子が悪ければ、徐々に気持ちも落ち込んでしまうので、物事をネガティブな方向に考えることにもなりかねません。

特に、秋から冬にかけての気温が低くなる冬場は体調を崩しやすく、人肌恋しくなるということにもなりかねません。

 

| 4.遠距離など、恋人と会えない日々が続いているというもの

なかなか恋人と会えないということ。心が寂しい時に見受けられるのが、互いに多忙だったり遠距離など、恋人と会えない日々が続いているというもの。

いくら仕事に打ち込んでも、その寂しい気持ちを紛らわせることはなかなかできません。

パートナーというのはある意味で唯一無二のかけがえない存在なので、当たり前ということもできます。

 

 

 


心がどっか寂しいこともあるもの、注意しておきたい寂しがり屋の特徴


 

| 1.他人にどう映るか、そんなことを気にしてしまうという

一人で行動できないということ。寂しがり屋に見受けられるのが、必要以上に他人にどう映るか、そんなことを気にしてしまうというもの。

気になる映画を見に出掛けたり、カフェでちょっとした空き時間を潰したり、休日にショッピングに行くなどが一人でできません

一人で行動することがのが苦手なタイプは、一人の人がいない場所だと、周囲の人たちに孤独な人とか友人や恋人がいないなどと思われていないか不安です。

こうした気持ちが心の奥底にあり、常に他の人と一緒に行動していないと気が済まないということにもなりかねません。

 

| 2.何もないと感じ、無意識のうちに他人を羨んでしまうもの

自己肯定感が低いということ。自らに自信がない人は、周囲の人たちと周りと比べて自分自身には何もないと感じ、無意識のうちに他人を羨んでしまうもの。

ほかにも、自分は魅力がなく誰からも関心は得られない、そんなことを考え始めると止まらなくなることにもなりかねません。

無条件に人から好かれることはあり得ないと思っているので、他の人からの好意を条件付きで考えてしまうことにもなりかねません。

その条件を保っていくには努力しなければならず、失われると周囲の人たちが離れていくと感じ不安が湧き上がります。

 

| 3.用語の中の一つに、見捨てられ不安という言葉があるもの

見捨てられ不安が強いということ。臨床心理学の用語の中の一つに、見捨てられ不安という言葉があるもの。

今現在仲良くしている人が、いつか離れていってしまうと感じることが多い人の場合、この見捨てられ不安が強くなっているのかも知れません。

見捨てられ不安は幼い頃の対人関係の中で、不安が高まったことからくるとされていて、潜在的に寂しい思いは繰り返したくないという気持ちがあります。

なので、大切な人ができると、いつか見捨てられ心が寂しい時を迎えかねないと不安を覚え、確認したくなり相手を試すことにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

孤独を感じるの悪循環にも陥りかねない。ここでは、心が寂しい時は因果応報かも知れない、先に向け上手く乗り超える術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。