出世できない人の末路も厳しいもの、考え方を変え先々に繋げていく術



身の回りを見渡すと、出世できない人がいるもの。社会人ともなればこの先は出世したい、そんなことを思い描きながら仕事をしている人は女性にも男性にもいます。

但し、残念ながら考える全ての人間が出世できるという訳ではなく、その中には出世ができない人もいます。

出世する人とできない人との間には違いがあり、仕事に関するスキルが高いというだけでは出世はできません。

一生懸命に仕事に向かっていても問題が起こり、期日までに終わらなかったり納期を守れなかったりがあると、スケジュール管理ができていないと受取られかねません。

ほかにも出世できない人の共通点というのもあり、出世したい人は注意をする必要があります。

ここでは、出世できない人の末路も厳しいもの、考え方を変え先々に繋げていく術を紹介しています。

 

 

 


出世できない人の末路も厳しいもの、考え方を変え先々に繋げていく術


 

| 1.良好な人間関係を築いておくことが非常に重要というもの

上司と良好な人間関係を築くということ。出世していくためには、直属の上司と良好な人間関係を築いておくことが非常に重要というもの。

会社などの職場という組織においては、自分自身を評価してくれるのは結局は上司ということになる、考え方を変え先々に繋げていく術の一つ。

更に、上司と良好な人間関係を構築して信頼されることで、いずれその上司が出世しポストが空いた際は、自らにチャンスが巡ることも考えられます。

 

| 2.自らのことだけを考えている人はなかなかできないもの

チームや職場の成長を第一に考えるということ。出世は個人的なことですが職場や会社で考える場合、自らのことだけを考えている人はなかなかできないもの。

職場や会社という組織の成長や、一緒に仕事をしているチームの人たちの成長を目指して仕事をすることが重要な、考え方を変え先々に繋げていく術の一つ。

チームが成功を収めれば出世するのは上司かも知れませんが、それがいずれ自分自身の出世にも繋がってきます。

 

| 3.必要なことになるのが、目標に向かって着実に実践して

目標達成に向け実践するということ。出世のために最大限に必要なことになるのが、目標に向かって着実に実践して行くというもの。

自らの目標はもちろんですが、社内のチームが掲げたものも一つずつ達成することで、将来設計にも役立つ考え方を変え先々に繋げていく術の一つ。

目標達成することも重要ですが、そのために努力ができるのも出世のためには重要なことになり、必ず自分自身の糧にもなってきます。

 

| 4.繁忙期はチームの結束を強めるためには非常に重要なもの

忍耐力を持つということ。忙しい日々が続けば誰もが疲れ休みたくなりますが、繁忙期はチームの結束を強めるためには非常に重要なもの。

どれほど忙しくても率先して仕事を引き受けるぐらいの忍耐力は、出世のためには必要になる考え方を変え先々に繋げていく術。

誰かが怠ければチームの輪も乱れかねませんが、逆に率先し業務を受ける人がいれば、活気も戻って仕事がスムーズにこなせます。

 

| 5.広い視野で物事を捉えることができる人が多いというもの

チームの状況を把握しフォローするということ。仕事で成功をおさめる人や出世ができる人は、広い視野で物事を捉えることができる人が多いというもの。

チームワークを大事にする意味でも、今の状況を把握できる目を持つのが、考え方を変え先々に繋げていく術の一つ。

改善した方が良いことや足りないものがある場合、自然にフォローできるようになれば、チームの人たちの信頼を得ることもできます。

こういった具合に客観的にチームを眺め分析できるよう、心に余裕を持つことが非常に重要なことになります。

 

 

 


出世できる人との間には差がある、注意したい出世できない人の特徴面


 

| 1.こともできず、誰かに責任を押し付け言い逃れするという

責任を周囲の人に押し付けるということ。出世できない人は失敗した場合、素直に過ちを認めることもできず、誰かに責任を押し付け言い逃れするというもの。

素直なところがないので、自分自身の失敗を認めることもできず、懸命に言い訳ばかりをすることにもなりかねません。

責任逃ればかりしていると、いずれ周りの人たちに人柄を疑われることにも繋がり、上司に認められることはありません。

 

| 2.ところがあり、現状を維持することしか頭の中にないもの

スキルアップの勉強をしないということ。出世できない人は諦めているところがあり、現状を維持することしか頭の中にないもの。

日々与えられた仕事をこなせば満足するので、上昇志向もなくスキルアップなど思いつくことがありません。

諦めているので仕事も前向きでなく、上司や同僚から信頼は得られず、仕事ができない人のレッテルを貼られかねません。

 

| 3.見られるのが、ネガティブな言葉を口にするというもの

できないなどネガティブな言葉が口癖ということ。出世できない人や仕事ができない人に見られるのが、ネガティブな言葉を口にするというもの。

現実にやってみなければ分からないような仕事であっても、始めからできないと決めつけてしまいかねません。

こうしたマイナスな言葉が口癖になっていれば、上司はじめ周りの人たちからの評価が下がることにもなりかねません。

 

| 4.同僚など、成功を収めた相手に嫉妬する傾向が強いという

同僚の成功を嫉妬するということ。出世できない人は自らは努力をしないのに、早々と昇格した同僚など、成功を収めた相手に嫉妬する傾向が強いというもの。

嫉妬心は自分自身を鼓舞する方向へとシフトできれば、人生の中の一つの原動力にもなります。

但し、出世できない人の場合、妬みから同僚の邪魔をしようとするなど、ネガティブな方向へと動きかねません。

 

 

 


出世できなかった人も良くいるもの、知っておきたいその理由や原因面


 

| 1.無断欠勤や遅刻が多い人は出世の対象にはなり難いもの

無断欠勤や遅刻が多いということ。社会人としてみれば基本的なことですが、無断欠勤や遅刻が多い人は出世の対象にはなり難いもの。

特に無断欠勤は周りの人たちに必要以上に負担を掛けるだけではなく、人事の印象も悪くなりかねません。

事前に分かっている休みは予め会社に伝えておくのはもちろんのこと、当日の急な欠勤もできる限り早い段階で連絡を入れます。

 

| 2.考えられる問題はないのに、出世できないことが稀には

評価制度が合っていないということ。何一つ自らに考えられる問題はないのに、出世できないことが稀にはあるもの。

評価基準が不透明だったりするような、職場の制度が自分に合っていない場合がその一つです。

得意分野があるにも関わりなく、評価の対象にもならなかったりするときは、制度が自らに合っていないのかも知れません。

 

| 3.そもそも管理職のポスト自体が空いていないというもの

管理職の空きがないということ。出世できない人に良く見受けられるのが、そもそも管理職のポスト自体が空いていないというもの。

特に景気が低迷している状況では、給与水準が高いことが多い管理職を多数置くことは、会社にとっては負担となります。

なので、管理職のポストや人数を減らしているところが多いのも事実で、仕事ができてもポストに空きがないと出世はできません。

 

 

 

まとめ

したい人は注意をする必要があります。ここでは、出世できない人の末路も厳しいもの、考え方を変え先々に繋げていく術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。