不信感を抱く末路も心配なもの、湧き起こったときの具体的な対処術



日々を過ごしていると、不信感を抱くことがあるもの。職場の上司だったり同僚は無論のこと、プライベートでは友人や恋人などに抱くことがあります。

良く耳にする言葉の一つの不信感ですが、意味は信用できない思いがある気持ちを表しています。

同僚や上司に不信感を抱いている場合、いざという時になっても助けてくれない、そんな信用できない気持ちです。

更に恋人の行動に対して不信感があるという時は、裏切っているんじゃないかなど、信頼できない気持ちを表していることに疑いはありません。

こういう風に他人に対して不信感を持ってしまうと、恐怖心を人間関係に覚えることにもなるので、メンタル的にも余り良くありません。

ここでは、不信感を抱く末路も心配なもの、湧き起こったときの具体的な対処術を紹介しています。

 

 

 


不信感を抱く末路も心配なもの、湧き起こったときの具体的な対処術


 

| 1.受け止めてしまえば、自分自身が振り回されることになる

証明する力を身につけるということ。相手の言動だったり行動は必ずしも見たままではなく、正直に受け止めてしまえば、自分自身が振り回されることになるもの。

相手の言動に対し、本心は何を言いたいのかとか本音を言っているのかなど、分析できる力を身に付けるのが湧き起こったときの具体的な対処術の一つ。

証明する力が身に付けば、相手が何を言っていても、信じて良いとか本音ではないと理解できるようになり、余分な不信感を持たずにすみます。

 

| 2.真剣に受け止めすぎれば、何が本当か分からなくなるもの

話半分で聞き流すということ。その場で話がコロコロ変わるような信用できない人の場合、言動を真剣に受け止めすぎれば、何が本当か分からなくなるもの。

主義や主張に一貫性がない人が言っていることは、話半分で聞き流すのも湧き起こったときの具体的な対処術の一つ。

この人物の話は当てにならないはと、最初から割り切れると、相手に対する余分な不信感を抱かずに済みます。

 

| 3.置き去りにしておくと、疑う気持ちが大きくなるばかり

不信に思う点を指摘するということ。納得できないことや不思議に思うことを、そのまま置き去りにしておくと、疑う気持ちが大きくなるばかりというもの。

気になる点や腑に落ちないことがあれば、積極的に相手に質問や確認をするのも、湧き起こったときの具体的な対処術の一つ。

納得できない気持ちのまま、不安になっていた心の中の曖昧さを取り除くことができ落ち着きます。

 

| 4.証明するのは難しい、そんな風に考える人も世間には多く

信頼できる人物に相談するということ。不信を抱いた他人の言動を証明するのは難しい、そんな風に考える人も世間には多くいるもの。

自分自身で相手の言動に潜む意図を汲み取るのが難しい場合、頼りになる先輩など信頼できる人物に相談してみるのも、湧き起こったときの具体的な対処術の一つ。

相対している当事者より、第三者の方が冷静に分析できるので、信頼できる人物からのアドバイスは非常に参考になります。

 

| 5.抱いた相手との距離を置くことも一つの手段というもの

距離を置いてみるということ。様子を窺うことにも似通っていますが、不信感を抱いた相手との距離を置くことも一つの手段というもの。

相手側の苛立つ気持ちを静める働きもあり、人間関係に嫌気がさした時でも、距離を置くことでストレスを溜めずに過ごすことができます。

言葉でストレートに指摘することもできますが、それだけでは伝わらないことも多いように、態度で示すことも湧き起こったときの具体的な対処術の一つ。

 

 

 


不信感を抱くとは何かの把握も重要なもの、知っておきたいそんな原因


 

| 1.した場合、相手を信じられず疑う気持ちが湧き上がるもの

挙動不審な態度ということ。どこか相手が落ち着きがない態度をしていたり、言動が変だったりした場合、相手を信じられず疑う気持ちが湧き上がるもの。

信頼している職場の人が急に冷ややかな態度になったり、他人行儀なものの言い方になったりすれば、何か隠し事をしていると疑わざるを得ません。

挙動不審な態度を見せつけられたときは、怪しむ気持ちが心に渦巻いて、不信感を抱くことにもなりかねません。

 

| 2.騙すことで、吐かれた側は良い気持ちはまったくしない

嘘を吐かれたということ。どういった理由があっても、嘘というのは相手を騙すことで、吐かれた側は良い気持ちはまったくしないもの。

言っていたことと後日話が違うことが判明すれば、内容が悪いこととまったく関係なくても、その人に対する信頼は大きく下がることにもなりかねません。

相手からすれば無用なトラブルになるのを避けたかっただけであっても、嘘を吐かれるたと分かれば、不信感を抱くことにもなりかねません。

 

| 3.持つことは、良好な人間関係を築く上で重要なポイント

自分本位なことばかり言うということ。他人に対して誠実に対応したり思い遣りを持つことは、良好な人間関係を築く上で重要なポイントというもの。

いつも自分が最優先の発言ばかりで、他人に対する気遣いもできない人には、相談や頼み事などしたいとは思えません。

自分本位なことばかりが中心になっているような人に対しては、こちらのことは少しも配慮して貰えない、そんな不信感を募らせることになりかねません。

 

| 4.一貫している方が、説得力もあって信頼性が高まるもの

日によって言動が変わるということ。当たり前のことですが、主義主張というのは一貫している方が、説得力もあって信頼性が高まるもの。

職場の上司などにもいますが、その日の気分や人間の好き嫌いで言動がコロコロ変わり、部下からも信頼されていない人を見かけます。

言動が毎日のように変わる人は、言っていることに全く信頼性がないと、不信感を覚えることにもなりかねません。

 

 

 


不信感を抱くのには様ざまなところがある、注意しておきたい理由など


 

| 1.不信感を抱く切っ掛けの典型的パターンというものです

その人物に裏切られた経験があるということ。その人物に過去に於いて裏切られた体験があるという場合、不信感を抱く切っ掛けの典型的パターンというもの。

例を挙げると、交際中の恋人が過去に浮気をし、それが明るみに出たことがあるような場合。

その時に浮気を素直に認めて謝まったとしても、一度そんなことがあれば、どうしても浮気の発覚以前と同じ目で恋人を見ることはできません。

相手が恋人以外でも同様で、友人などでも一度でも裏切られるようなことをされると、心から信頼できず不信感を抱いてしまいかねません。

 

| 2.している場合、人間は不信感を抱くことが珍しくないもの

様子がいつもと違うということ。普段から接している人が、いつもと違う様子をしている場合、人間は不信感を抱くことが珍しくないもの。

いつもは不機嫌そうにしているパートナーが、その日は明るい表情で妙に優しく接してくるようなこと。

何もないのにいつもと違う様子はないと考え、これは怪しいと不信感を抱きかねません。

 

| 3.違う話をする人は、信頼を置くことなどできないという

以前言っていたことと違うということ。以前口にしていたことと違う話をする人は、信頼を置くことなどできないというもの。

プライベート上の付き合いであっても、前に言ってたことと全然違うような発言をする人が案外います。

そういうことを幾度となく繰り返すような人じは、信頼を置くことなど考えられません。

 

 

 

まとめ

メンタル的にもあまり良くはありません。ここでは、不信感を抱く末路も心配なもの、湧き起こったときの具体的な対処術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。