トラウマ治し方を理解することが重要、実行に励みたい役に立つやり方



日々の暮らしの中で、トラウマ治し方を探すことがあるもの。どこか劇的なトラウマですが、軽度のものは日常生活で誰もが経験しています。

トラウマの切っ掛けは人により様ざまですが、幼少期の身体的精神的虐待や、いじめや恋愛などの対人関係による心の傷があります。

ほかにも災害だったり事件や事故など、衝撃的な出来事が脳内の深いところに情報として残っていることも。

これは悩みの根本原因ともなって、うつや不安障害といったことでも、少なくない事例がトラウマに起因することが判明しています。

なので、大人になった後もネガティブ感情やフラッシュバックなど、トラウマの離れない辛い記憶に苦しむことになりかねません。

ここでは、トラウマ治し方を理解することが重要、実行に励みたい役に立つやり方を紹介しています。

 

 

 


トラウマ治し方を理解することが重要、実行に励みたい役に立つやり方


 

| 1.状況はどういったものになるのかを理解することが大事

トラウマの仕組みを正しく理解するということ。トラウマとは何かとか、状況はどういったものになるのかを理解することが大事というもの。

正しくメカニズムを知ることで、無用な自責の念に苛まれたりすることを回避し、適切な対応を行うことに繋がります。

こうして仕組みやメカニズムを知るだけでも、生きづらさや症状が軽くなる実行に励みたい役に立つやり方の一つ。

 

| 2.上手くいかないなど、トラウマからもたらされていると

起きている全ては症状を理解するということ。現在感じている生きづらさだったり、人間関係が上手くいかないなど、トラウマからもたらされているというもの。

ほかにもミスが多いのをはじめ、緊張しやすかったり他人に対して否定的な感情が晴れないなど。

現在抱えている諸問題は、トラウマにより生み出された症状で、そんなことを理解するというのは改善への第一歩です。

症状であるというのは、本来自分が持っているものではなく、改善されるという実行に励みたい役に立つやり方の一つ。

 

| 3.普段過ごしている環境を変えることが何よりも重要という

環境を変えるということ。トラウマを治すといえば心理療法などに目が行きがちですが、普段過ごしている環境を変えることが何よりも重要というもの。

特に複雑性トラウマがある人は、真面目で我慢強く、全てを自分自身の責任として受け止めかねません。

こういった人は環境に原因があるとも知らず、厳しい職場だったり家庭環境などに居続けてしまうことにもなりかねません。

トラウマを解消するには、苦しいところから逃れ、安全な環境を確保するのが実行に励みたい役に立つやり方の一つ。

 

| 4.自分が悪いと罪悪感や自己否定感が大きくなっていくもの

自らが大丈夫と知るということ。トラウマを背負っていると理不尽な環境の中で、自分が悪いと罪悪感や自己否定感が大きくなっていくもの。

これは事実でなく外部から影響を受けたストレスにより形成されたもので、自己否定感は真実ではなく自分の姿ではありません。

こうして大きくなった負の暗示から抜け出すため何よりも重要なのは、本来の自分自身は何も問題なく大丈夫と知る、実行に励みたい役に立つやり方の一つ。

 

| 5.思い出したり語ったりは、トラウマの解消に役立つもの

安全な環境でトラウマ体験を語るということ。安全な環境が大前提ですが、過去の辛い体験を思い出したり語ったりは、トラウマの解消に役立つもの。

思い出すのも語るのも安全、そうしたことを繰り返す中で、段々と記憶は感情と結び付いて処理されていきます。

惨事などの単回性トラウマのように、本人が体験を覚えているような場合には効果的な、実行に励みたい役に立つやり方の一つ。

 

 

 


トラウマ治し方は嫌なことを思い出すときにも、注意したい理由など


 

| 1.良かったことより、優先して悪かったことを考える傾向

ネガティブ思考が強いということ。嫌なことばかりが思い浮かぶ人は、楽しかったり良かったことより、優先して悪かったことを考える傾向にあるもの。

仕事のプロジェクトの場合、ネガティブ思考が強い人は成功しても、良かった事柄には注目せずあれこれ考え後悔するばかりになりかねません。

一方でポジティブな考え方の人は、素直に成功を喜ぶことができ、失敗しても上手くいかなかったことは次に活かせば良いと切り替えられます。

ネガティブ思考が強過ぎる人ほど、マイナス感情を引き摺ってしまう癖があり、嫌なことばかりを思い出してしまいます。

 

| 2.頭に浮かぶ人は、危機管理能力が高過ぎるという傾向に

危機管理能力が高過ぎるということ。嫌なことばかりが頭に浮かぶ人は、危機管理能力が高過ぎるという傾向にあるもの。

一見すると優れた能力のように思えますが、先々予想してトラブル回避をしようとするあまり、最悪の事態を想定することが癖になっています。

休日に仕事のことを思い浮かべて憂鬱になったり、新しい物事にチャレンジする際、過去の失敗が頭をよぎり不安になる人は、これに該当するかも知れません。

 

| 3.嫌なことが気に掛かる、そんな習性を持っているものです

過剰に失敗を怖れているということ。そもそも人間を含んだあらゆる動物は、思い浮かべたくなくても嫌なことが気に掛かる、そんな習性を持っているもの。

動物は敵の力を見誤ることで逃げ損ねた場合、それが怪我や死に繋がることを本能で理解しています。

そうした失敗を未然に防ぐために、常日頃から不安や恐怖を感じ危険に備えていて、人間が嫌なことを思い出すのもミスを回避する本能の一つ

他の人と比べて過剰に失敗を怖れている人は、動物としての本能が優れているのかも知れませんが、生きづらさを感じやすいということにもなりかねません。

 

 

 


トラウマで過呼吸になることもあるもの、知っておきたいその原因面


 

| 1.単発の大きなストレスを受けてトラウマになるというもの

単回性トラウマということ。悲惨な事件を目撃したりするのを始め、事故やレイプに災害など、単発の大きなストレスを受けてトラウマになるというもの。

命の危険があるような出来事を自分が1回以上体験したり、他人の身体の危機を目撃したりなど、本人のストレス過多が長期に渡るのはトラウマ経験になります。

こうした出来事が普段の日常生活の中で繰り返しよみがえるので、苦痛を感じるのを避けるために、記憶を呼び起こす環境を避けることにもなりかねません。

常に緊張した状態になることも多く、非常に過敏になり自分自身はもちろんのこと、他者や社会に対してネガティブな認識を持つことにもなりかねません。

 

| 2.トラウマですが、暴言など何気ない日常の体験でもなる

慢性反復性トラウマ(複雑性トラウマ)ということ。ストレスが当人の感受性を超えるものがトラウマですが、暴言など何気ない日常の体験でもなるというもの。

慢性反復性トラウマはいじめをはじめ、虐待やネグレクトなど、繰り返して受ける長期に渡るストレスから引き起こされます。

ある研究結果によれば、最も深刻なのはDVの目撃と暴言による虐待の組み合わせとされ、身体的虐待やネグレクト以上に強烈なインパクトがあります。

トラウマの原因を探る際、最初に虐待などから入ってしまうと、それ以外の問題が小さく受取られかねませんが、注意することが非常に重要ということにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

軽度のものは日常生活で誰もが経験がある。ここでは、トラウマ治し方を理解することが重要、実行に励みたい役に立つやり方を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。