邪魔する人は因果応報に遭うかも知れない、注意して身を翻す対処法



身近なところにも、邪魔する人がいるもの。競争が多い現代社会では職場や学校など、人が集まる中では良く目にします。

そんな邪魔する人ですが競争心が強いところがあり、手段を選ばず他人を陥れるなど、どんなことをしても勝とうとするがあります。

また邪魔してくる人は嫉妬心も強く、他の人が仕事や恋愛で順調なのが面白くないので、陥れて不幸を感じさせようとしかねません。

仕事で自分と違う方法で成功した人がいた場合、自身がしてきたことは全て無駄と否定されたようにも感じかねません。

なので、目障りな相手を引き摺り下そうとする人が周囲にいる時は、日々の発言を詳しく観察していくことが必要です。

ここでは、邪魔する人は因果応報に遭うかも知れない、注意して身を翻す対処法を紹介しています。

 

 

 


邪魔する人は因果応報に遭うかも知れない、注意して身を翻す対処法


 

| 1.大事になるのがコンプレックスや嫉妬心を刺激しないと

コンプレックスや嫉妬心を刺激しないということ。邪魔する人が相手のケースでは、大事になるのがコンプレックスや嫉妬心を刺激しないというもの。

楽しいことだったり嬉しいことがあった時も、自慢と受け止められて悪口を言われるなど、口にしない方が無難な注意して身を翻す対処法の一つ。

また普段から幸せそうに見えたり裕福な人は特に注意が必要で、苦労をしている姿を相応に見せる必要があるかも知れません。

 

| 2.できるだけ近づかないようにするのが目に付くやり方と

できだけ近寄らないということ。邪魔する人に相対するには、できるだけ近づかないようにするのが目に付くやり方というもの。

職場が同じで接触を避けることができない場合、必要最低限度の付き合いに留めるのが、注意して身を翻す対処法の一つ。

付き合う相手を選ぶ方が双方の幸せで、触らぬ神に祟りなしという諺にもあるように、邪魔をする人と一緒にいたところで良い方向に向かうことはありません。

また今は仲良くしていても、いつ手のひらを返しターゲットにされるかも分からず注意が必要。

 

| 3.忘れてはいけないのが、何事も裏付けを残しておくという

裏付けを残しておくということ。邪魔する人に向かって対処していく際に忘れてはいけないのが、何事も裏付けを残しておくというもの。

話を聞いたなど他者の名前を口にしたケースでは、その話が本当かどうか証拠を残すのも、注意して身を翻す対処法の一つ。

現実に名前が出た人に尋ねてみれば、本当かどうかは明白に判明するということになりかねません。

 

| 4.ケースでは、信用の置ける相手を選んで相談するという

信用の置ける人物に相談するということ。邪魔をする人のような相手に標的にされたケースでは、信用の置ける相手を選んで相談するというもの。

一人で抱え込むのは大変なことでも、他の人間に話すことで気持ちが楽になる、注意して身を翻す対処法の一つ。

但し、相手は選ぶ必要があり、思わぬ改善案をアドバイスしてくれるような、充分に信用できる人物にすることも重要なポイント。

 

| 5.嫌な思いをすることもあり積極的に放置しておくという

放置しておくということ。邪魔する人に相対していく時は、嫌な思いをすることもあり積極的に放置しておくというもの。

何か言ってきた時も、毅然とした態度を崩すことなく放って置くのが、注意して身を翻す対処法の一つ。

またくだらない話をしている、そんな態度で相手にしなければ、邪魔する人もいずれは諦めることになります。

 

 

 


人が邪魔と思う時も意外にある、知っておきたい邪魔してくる人の特徴


 

| 1.己自身のためなら日常的に上手に嘘を吐くというものです

上手に嘘を吐くということ。他の人の邪魔する人に見られるのが、己自身のためなら日常的に上手に嘘を吐くというもの。

日常生活を過ごす中では、人間関係を良好に保ったり相手への配慮から、稀に嘘も吐くことも必要になってきます。

但し、相手を邪魔する人は、己自身の損得勘定やプライドのため、頻繁に嘘を吐いていることにもなりかねません。

 

| 2.プライドが高く負けている状態は許せないというものです

非常に負けず嫌いということ。誰かの邪魔をする人に見られるのが、プライドが高く負けている状態は許せないというもの。

結果として、優れている部分が相手にあった場合、褒めるようなことはしないで何とかして欠点を探そうとしかねません。

それでも相手が際立って周囲の評価が高い時は、相手を邪魔するのに手段は選ばないということになりかねません。

 

| 3.見られるのが、異常に劣等感を強く持っているというもの

劣等感が強いということ。他の人を邪魔する人に見られるのが、異常に劣等感を強く持っているというもの。

容姿をはじめ、学歴だったり生い立ちや仕事の能力など、その内容は様ざまで多岐に渡っています。

己自身が努力しても手に入れることができないものを持つ相手には嫉妬するので、卑怯な手段に出るということになりかねません

 

| 4.名誉だったり地位や金銭的なものに執着する野心家という

野心家であるということ。他の人を邪魔する人に見受けられるのが、名誉だったり地位や金銭的なものに執着する野心家というもの。

己に自信がないので、そうしたものを振りかざして、周囲の人たちに認められようとしかねません。

結果的に、ゴールを阻む障害や邪魔者は排除していかなければならず、どうしても邪魔することになります。

 

 

 


邪魔する人が嫌いという人は数多いもの、注意しておきたい心理状況


 

| 1.見られるのが、己自身の評価を上げたい心境からという

評価を上げたいという心理状況。他人を邪魔する人に見られるのが、己自身の評価を上げたい心境からというもの。

職場で仕事をしても己自身の評価が上がらない場合、他の人を邪魔することで上げようとしています。

己自身が変わるところがなくても、相手が下がっているように見えれば、必然的に形は上がったことになります。

 

| 2.悪いところがあり、単純に人の邪魔をするのが楽しいから

困惑する様子を見るのが楽しいという心理状況。非常に性格的に悪いところがあり、単純に人の邪魔をするのが楽しいからというもの。

相手が周囲の人たちに白い目で見られたり、困惑している様子を見るなど、とにかく胸が高鳴って仕方がありません。

一方から見れば己自身のストレス発散のためだけに、人の邪魔をしているということになりかねません。

 

| 3.見受けられるのが、そうすることで優越感に浸りたいと

優越感に浸りたい心理状況。人の邪魔する人に見受けられるのが、そうすることで優越感に浸りたいというもの。

困惑する様子を見るのが楽しいことと似ていますが、その裏側には右往左往する姿を見ることにより、優越感に浸っていることに疑いありません。

他人の邪魔をするだけではなく、馬鹿にしたり揶揄をしたりと、優越感を得るためには何でもしかねません。

 

| 4.異常に強いところがあり、劣等感の塊というようなもの

認められたい心理状況。人の邪魔をする人に見られるのが、コンプレックスが異常に強いところがあり、劣等感の塊というようなもの。

己に自信もなく価値を見出すことができないので、何とか認められたい気持ちが心の奥底に渦巻いています。

人の邪魔をすることで己自身の手柄にして、周りの人たちから認められたいと強く願っています。

 

 

 

まとめ

人が集まる中では割に良く目にします。ここでは、人の邪魔をする人はサイコパスかも知れない、注意して身を翻す対処法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。