出世できない人には目に付く特徴があるもの、考えを変え逆転する方策



身近なところにも、出世できない人の特徴を持つ人がいるもの。役職が上がる出世を目指すのは、仕事をする上での世間で言われるモチベーションの一つ。

自分自身の仕事や業績を評価されて出世できれば、自信にも繋がり仕事のやり甲斐も大きくなります。

但し、出世する人の特徴というものもあれば、出世しない人の特徴もあり、同期は出世していても自分だけそのままだと思い悩むことにもなりかねません。

それは職場の人間関係が良くないのが要因かも知れず、上司と折り合いが悪かったり同僚と衝突してしまう人が当て嵌まります。

こうしたタイプはコミュニケーションを取れない人と判断され、マイナス評価に繋がってしまうので注意が必要。

ここでは、出世できない人には目に付く特徴があるもの、考えを変え逆転する方策を紹介しています。

 

 

 


出世できない人には目に付く特徴があるもの、考えを変え逆転する方策


 

| 1.良好な人間関係を構築しておくことが非常に大切という

上司とは良好な人間関係を構築するということ。出世するために直属の上司とは、良好な人間関係を構築しておくことが非常に大切というもの。

職場という組織において、結果的に己自身を評価してくれるのは直属の上司ということになり、そうするのが考えを変え逆転する方策の一つ。

更に、上司と良好な人間関係を築き上げて信頼されることで、先々その上司が出世してポストが空いた時は、己にチャンスが巡ってくることも考えられます。

 

| 2.ケースでは、己のことだけを考えている人は昇進できない

チームなど他の人の成長を優先するということ。出世は個人的なものですが職場で考えるケースでは、己のことだけを考えている人は昇進できないもの。

職場という組織の成長や、一緒に仕事をしているチームの他の人たちの成長を目指すのが重要な、考えを変え逆転する方策の一つ。

チームが成功を収めても出世するのは上司だったりしますが、いずれはそれが己自身の出世にも繋がってきます。

 

| 3.必要なものになるのが、目標に向かって着実に実行して

目標達成に向けて実行していくということ。最大限に出世のために必要なものになるのが、目標に向かって着実に実行していくというもの。

己自身の目標はもちろんですが、社内のチームが掲げたものなど一つずつ達成することで、将来設計にも役立つ考えを変え逆転する方策の一つ。

目標達成することも大事なことですが、そのために努力するのも出世のためには重要なことで、必ず己自身の将来的な糧にもなってきます。

 

| 4.繁忙期はチームの結束力を強めるためには非常に重要な

忍耐力を持つことが大事ということ。多忙な日々が続けば誰しも疲れて休みたくなりますが、繁忙期はチームの結束力を強めるためには非常に重要なもの。

どれほど多忙でも率先して仕事を引き受ける忍耐力は、出世のためには必須ともなる必要になる考えを変え逆転する方策の一つ。

誰かが怠けるとチームの輪が乱れかねませんが、逆に率先して業務を受ける人がいれば、活気も戻り仕事がスムーズに進みます。

 

| 5.出世ができる人は、物事を広い視野で捉えることができる

チームの状況を掴んでフォローするということ。仕事で成功を収めたり出世ができる人は、物事を広い視野で捉えることができるというもの。

チームワークを大事にする意味合いでも、現在の状況を掴める目を持つのが、考えを変え逆転する方策の一つ。

足りないものがあったり改善した方が良いことがあるケースで、自然にフォローができるようになると、チーム内の信頼を得ることができます。

こういった具合に別の立場から客観的にチームを眺めて分析できるよう、心に余裕を持つことがとても重要なポイントになります。

 

 

 


出世が早い人の特徴とは違う所がある、覚えておきたいできない特徴面


 

| 1.認めることができず、誰かに責任を押し付けて言い逃れ

周りの人に責任を押し付けるということ。出世できない人は失敗した際に、過ちを素直に認めることができず、誰かに責任を押し付けて言い逃れするというもの。

素直なところがないので、己自身の失敗を認めることができず、懸命に弁解ばかりをすることになりかねません。

責任逃ればかりしている場合、いずれ周囲の人たちに人柄を疑われることになり、上司に認められることなどありません。

 

| 2.部分があり、現状を維持していくことしか頭の中にない

スキルアップの学習をしないということ。出世できない人は諦めている部分があり、現状を維持していくことしか頭の中にないもの。

毎日与えられた仕事をしていれば満足するので、上昇志向もなくスキルアップのことなど思いつくことがありません。

諦めているところがあるので仕事も前向きでなく、上司や同僚からも信頼は得られず、仕事ができない人物のレッテルを貼られかねません。

 

| 3.見られるのが、ネガティブなワードを口にするというもの

できないなどネガティブなワードが口癖ということ。仕事ができない人や出世できない人に見られるのが、ネガティブなワードを口にするというもの。

現実に行ってみなければ分からない、そんな風な仕事であっても、最初からできないと決め付けてしまいかねません。

こんなマイナス言葉が口癖になっていると、上司はじめ周囲の人たちからの評価も下がることになりかねません。

 

| 4.同僚など、成功した相手に対する嫉妬が強いというもの

同僚の成功に対して嫉妬するということ。出世できない人は己では努力をしないのに、早く昇進した同僚など、成功した相手に対する嫉妬が強いというもの。

嫉妬心は己自身を鼓舞する方向へと転換できれば、人生の中では一つの原動力にもなります。

但し、出世できない人のケースでは、妬みから同僚の足を引っ張ろうとするなど、ネガティブな方面へと動きかねません。

 

 

 


出世できない人には他にも気を付けたいところが、注意したい原因面


 

| 1.遅刻や無断欠勤が多い人物は出世の対象にはなり難いもの

遅刻や無断欠勤が多いということ。社会人として見ると基本的なことですが、遅刻や無断欠勤が多い人物は出世の対象にはなり難いもの。

特に無断欠勤は周囲の人たちに必要以上の負担を掛けるだけでなく、人事をする人の印象も悪くなりかねません。

事前に分かっている休み等は予め会社に伝えておくのは無論のこと、急な当日の欠勤もできるだけ早い段階で連絡を入れます。

 

| 2.諸問題は何一つないのに、稀には出世できないこともある

評価の制度が合っていないということ。己に考えられる諸問題は何一つないのに、稀には出世できないこともあるもの。

評価の基準が不透明だったりする、そんな職場の制度が己自身に合っていないケースがその一つです。

得意分野があるにも関係なく、評価の対象にもならない時は、制度自体が己に合っていないのかも知れません。

 

| 3.良く見られるのが、元から管理職のポストが空いていない

管理職に空きがないということ。出世できない人に良く見られるのが、元から管理職のポストが空いていないというもの。

特に景気が低迷している状態では、給与水準の高いことが多い管理職を沢山設置することは、会社にとっては大きな負担となります。

結果として、管理職ポストや人数を減らしている企業が多いのも事実で、仕事ができてもポストに空きがなければ出世はできません。

 

 

 

まとめ

世間で言われるモチベーションの一つ。ここでは、出世できない人には目に付く特徴があるもの、考えを変え逆転する方策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。