働かない人がずるいのは自業自得かも知れない、具体的に対処する術



身の回りを見渡すと、働かない人がいるもの。仕事に対しモチベーションが低く、最低限度のことしかしないようなタイプ。

働いている人の多くは、社会に貢献したいとか自らの目標を達成したい、そうした前向きな気持ちを持っています。

但し、現代社会では働かない人が急増しているとも言われ、そんな人が身近にいると苛立ったりと、自らがストレスを溜めることにもなりかねません。

働かない人はずるいところがあり、働けない理由を持ち出して自分自身を正当化しようとします。

仕事を頼もうとうする場合、現在は他のことで手一杯ということも多く、仕事を振り向けられないように仕向けかねません。

更に、仕事をしていないのが明るみに出ないよう過ごしているので、忙しいが口癖です。

ここでは、働かない人がずるいのは自業自得かも知れない、具体的に対処する術を紹介しています。

 

 

 


働かない人がずるいのは自業自得かも知れない、具体的に対処する術


 

| 1.自分自身は仕事に対する評価が断然違うと受け止めると

相対的に考えるということ。働かない人と比較した場合、自分自身は仕事に対する評価が断然違うと受け止めるというもの。

職場で苛立たないようにするためには、働かない人がいることで逆に自分の評価が上がる、そんな風に考え方を変えるとストレスも溜まり難くなります。

職場での評価が上がるとは、モチベーションも下がらず、前向きな態度で仕事に取り組める具体的に対処する術の一つ。

働かない人がいることで積極的に仕事をしている自分自身が、一層目立って評価されると考えれば、わざわざ注意したりしなくて済みます。

 

| 2.するには、自らの視界に相手が入らないようにするという

可能なら関わり合いを避けるということ。働かない人に苛立たないようにするには、自らの視界に相手が入らないようにするというもの。

相手に対して注意したり仕事を振った場合、その反応次第で更にストレスが溜まったり、職場の雰囲気が悪くなりかねません。

言っても聞くような相手でない時は、関りを避けるのもやり方で、接触を最低限に抑えることも具体的に対処する術の一つ。

 

| 3.働かない人がいるのを管理職が認識していないこともある

職場内で共有するということ。まず必要なのは情報の共有で、働かない人がいるのを管理職が認識していないこともあるもの。

自分が苛立っている働かない人がいることを一人で抱え込まず、悩んでいるのを早めに相談するのも具体的に対処する術の一つ。

この時の伝え方も大切で、こうした事態になっていて業務に支障が出ていて困っていると、できる限り冷静な態度で率直に伝えます。

 

| 4.そんな時に効果的なのが業務分担の可視化というものです

明確に役割分担するということ。どうしても自分から動かない働かない人がいる場合、そんな時に効果的なのが業務分担の可視化というもの。

上司や同僚とじっくり相談して役割の分担表を作成するようにし、いつでも職場内で見えるようにしておきます。

働かない人は業務分担が曖昧では、誰かがやってくれるという発想になりがちで、会議などで進捗を確認し合うと効果的です。

また、普段働かない人だけに振り分けた業務を、いくつか設けていくことも具体的に対処する術の一つ。

 

| 5.仕事をした場合、必要以上にストレスが溜まることはない

反面教師にするということ。働かない人はいないものと想定して仕事をした場合、必要以上にストレスが溜まることはないもの。

どうしても最初は働かない人が目に入りますが、自分自身は絶対にああならないと反面教師にして仕事をしていると、徐々に気にならなくなってきます。

こうして少しずつ相手と距離を取ることで、仕事にへの取り組み方も前向きになる具体的に対処する術の一つ。

 

 

 


働かない人が増えていると言われるもの、注意したい働かない人の心理


 

| 1.自分に対して期待されていない雰囲気を感じているという

期待されていないという心理面。働かない人の中に見受けられるのが、自分に対して期待されていない雰囲気を感じているというもの。

最初は一生懸命働いていた人もいますが、仕事を進めていく間に徐々に自分が思うような評価を受けていないと気づきます。

正当な評価を受けられないのなら、仕事に真面目に取り組むのは馬鹿らしいと、チベーションが下がることにもなりかねません。

 

| 2.働いても働かなくても報酬は一緒、そんな考え方という

報酬は上がらないという心理面。働かない人の心の中にあるのが、働いても働かなくても報酬は一緒、そんな考え方というもの。

どれほど努力しても大幅に給料は上がらないと諦めているので、職場ではいかに報酬を落とすことなく楽に過ごすかということにもなりかねません。

上手く仕事量が減れば、コストパフォーマンスが良くなるのでり、より楽して儲けた気持ちになります。

 

| 3.仕事で達成したり社会貢献したい気持ちが薄いというもの

仕事のメリットが分からないという心理面。働かない人の中に見られるのが、何かを仕事で達成したり社会貢献したい気持ちが薄いというもの。

自分自身が希望した職種ではなく採用されたので入った、そんな人は給料さえ貰えれば仕事は何でも良いといった考え方になりかねません。

仕事は生活するためと割り切っていて、モチベーションも低くなり、最低限の仕事をしできる限り楽をしようとします。

 

| 4.自分が成すべき仕事を、充分に把握できていないという

何をすべきか理解していないということ。働かない人に見られるのが、プロジェクトなどの自分が成すべき仕事を、充分に把握できていないというもの。

プロジェクトがスタートした理由や目的が曖昧で、自らがこの仕事の何に必要とされているのかが理解できていません。

プロジェクトの始めから時間が経つほど周囲にも聞けなくなり、ただ時間だけが過ぎて、結果として働かない人と呼ばれかねません。

 

 

 


働かない人の割合も案外気になるもの、知っておきたいそんな特徴面


 

| 1.指示を出していた過去があり、名残から素直に従わない

他人から指示されるのが嫌ということ。働かない人の中に見られるのが、指示を出していた過去があり、名残から素直に従わないというもの。

指示を出しても動かないことが繰り返された場合、周りも扱いにくい人と受け止め、段々と注意する人もなくなり働かない人の完成です。

こうしたタイプは、自分自身の置かれている状況を、客観的に眺めることができません。

 

| 2.楽に過ごせるか、そんなことばかりを考え行動するという

サボって休憩ばかりということ。働かない人に見受けられるのが、いかに仕事をしないで楽に過ごせるか、そんなことばかりを考え行動するというもの。

結果として、やたらとトイレ休憩が多かったり、会議と称しその場から立ち上がり姿を消してしまうことにもなりかねません。

定時で帰宅しようと思っていて、仕事を振られないように、デスクには最小限しか座らず常にどこかに移動しています。

 

| 3.生活するだけ稼げれば、そんな風に割り切っているという

向上心が非常に低いということ。仕事を通して自らが成長しようなどとは考えもせず、生活するだけ稼げれば、そんな風に割り切っているというもの。

わざわざ負荷をかけてまで職場に貢献しようとは思ってもなく、一生懸命に仕事している仲間を見て、どうしてそんなに頑張れると疑問に思うことにもなりかねません。

結果として、積極的に仕事に取り組むことはなく、常にどうしたら楽ができるかということしか頭にありません。

 

 

 

まとめ

最低限度のことしかしないようなタイプ。ここでは、働かない人がずるいのは自業自得かも知れない、具体的に対処する術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。