自嘲癖がある人は意味を知ることが大事、立て直して前進する具体策



人生を過ごしていると、自嘲癖の意味を探すこともあるもの。普段の生活から自分を卑下するような言葉が口を吐き、自嘲するのが癖ということもあります。

但し、自分を責めるのはその出来事が自分のことだからで、他人の失敗だったり遠い場所で起きたことでは、自嘲することにはなりません。

全く叶わないことに対して悔しい気持ちは湧き起こらず、自らが関与していない物事には、怒りや悲しみの感情を持つことがあっても自分を責めることはしません。

なので、自嘲気味に何かを口にするのは、自分自身が成すべきことという認識があり、成功させたいと思っていたからにほかなりません。

但し、自嘲癖が身に付いてしまっている場合、上手くいくこともいかなくなるので注意が必要です。

ここでは、自嘲癖がある人は意味を知ることが大事、立て直して前進する具体策を紹介しています。

 

 

 


自嘲癖がある人は意味を知ることが大事、立て直して前進する具体策


 

| 1.発生する、ネガティブな感情の迎え方を変えてくれるもの

己自身を褒めるということ。褒めることは己自身を自嘲する時に発生する、ネガティブな感情の迎え方を変えてくれるもの。

人間は成し遂げたことよりも、できなかった事柄を強く記憶する傾向があり、これは脳の機能にからツァイガルニク効果と呼ばれています。

生命の危機に際して生物の本能は真っ先に反応するので、回避するためできなかった物事は、できたことに比較して約4倍も多く記憶されます。

結果として、バランスを取っていくために、己を責めた分量の4倍は己自身を褒めるのが、立て直して前進する具体策の一つ。

 

| 2.己自身の良い部分である長所をリストアップするという

己の良い部分をリストアップするということ。褒めるために最初に手を付けるのが、己自身の良い部分である長所をリストアップするというもの。

思い浮かばない際は家族や友人に聞いてみるのも良く、その次の段階として同様に短所と思う部分をリスト化していきます。

意見が言えないのは協調性が豊かとか、周囲の反応が気に掛かるのは心配りができるなど、肯定的な見方から言い換えるようにします。

枠組みを変えて別の角度から見ることをリフレーミングと良い、短所が実際は長所でもあることに気付く立て直して前進する具体策の一つ。

 

| 3.日々どんな良いことがあったのかを振り返っていくという

良かった点を振り返る習慣を付けるということ。自嘲癖をなくしていくには、日々どんな良いことがあったのかを振り返っていくというもの。

特別なことは何も必要なく、日常の中で良かったことをはじめ感謝したり嬉しかったことなど、その日の終わりに三点ほど上げるよう心掛けます。

こうすることで己がどんな人たちに囲まれて、どんな体験を積んでいるのか、更に何に感謝しているのかなどが見えてきます。

日々肯定的な振り返りをすることで、良い部分を見つけることが習慣化される、立て直して前進する具体策の一つ。

 

| 4.未来を選択するかなど、己自身の心の中で決めているもの

嬉しさに意識を向けるということ。生きて行く上で将来どのような未来を選択するかなど、己自身の心の中で決めているもの。

自嘲癖のような問題が発生したケースでは、一時的に大きく心が揺れ動き、その揺れはなかなか鎮まることはないかも知れません。

それでも日々己自身の心の奥底で幸せを感じている場合、そうした出来事でも学びの一つとして受け入れることができます。

結果として、嬉しさに意識を向け良い気分の己を用意する準備が、己を褒めることと知る立て直して前進する具体策の一つ。

 

 

 


自嘲するのは様ざまな思いがあるから、注意しておきたいそんな特徴面


 

| 1.他の人と比較して責任感を非常に強く持っているという

強い責任感ということ。自嘲癖がある人に見られるのが、他の人と比較して責任感を非常に強く持っているというもの。

失敗した際は己一人で責任を背負うところがあり、実際に己一人の責任ではなくても、失敗を犯したことに負い目を感じかねません。

社会通念的にみても責任感が強いのは良いことですが、強過ぎるのは問題になってくるかも知れません。

 

| 2.一般的に言っても非常に自己肯定感が低いというものです

自己肯定感が非常に低いということ。自嘲癖がある人に見受けられるのが、一般的に言っても非常に自己肯定感が低いというもの。

自己肯定感は己自身を認める気持ちのことで、自らを好きになっている心境ということです。

自嘲癖がある人は己を駄目人間と思っていることも多々あり、他人と比べても明らかに自己肯定感が低い傾向にあります。

 

| 3.自嘲癖がある人に見られるのが全く自信を持てないという

自信を持てないということ。自己肯定感が低いことと似ていますが、自嘲癖がある人に見られるのが全く自信を持てないというもの。

自信がなく何をやっても上手くいかないとかできるはずがないなど、そう信じ込んでしまうことにもなりかねません。

そんなネガティブな状況では、上手くいくものも簡単にはいかず、失敗して己を責めることが繰り返えされます。

 

| 4.見受けられるのが、周りの人目を異常に気にするという

周りの人目を気にするということ。自嘲癖がある人に見受けられるのが、周りの人目を異常に気にするというもの。

評判や評価を人一倍気にしてしまうので、己が周りの人たちにどう映っているか、そういったことが気になって仕方がありません。

結果的に、上手くいかなかった時には、執拗に己自身を責めることにもなりかねません。

 

 

 


自嘲とは何かを掴むことが大事になるもの、覚えておきたい心理状態


 

| 1.見られるのが、周りにいる人たちに嫌われたくないという

嫌われたくない心理状態。自嘲癖がある人に見られるのが、周りにいる人たちに嫌われたくないというもの。

完璧主義なところを持っていて、上手くできない己は駄目人間なので嫌われる、そんな極端な考え方をしていることも多々あります。

結果的に、周りの人たちに嫌われることを恐れて、自分を責めることになりかねません。

 

| 2.普通の人と比較して劣等感が強いところがあるというもの

劣等感が強いという心理状態。自嘲癖がある人に見受けられるのが、普通の人と比較して劣等感が強いところがあるというもの。

自己肯定感が低く自身もないので、己自身の心の奥底に人一倍コンプレックスが強くあります。

己の長所を知らないだけですが、劣等感が強すぎるので、何か問題が起こった際は全部が己の責任と思い込んでしまうことになりかねません。

 

| 3.周囲にいる人たちに向かって迷惑をかけたくないという

迷惑をかけたくない心理状態。自嘲癖がある人に見られるのが、周囲にいる人たちに向かって迷惑をかけたくないというもの。

責任感を強く持っていてチームで行う仕事では、特に周りの人たちに迷惑をかけたくない思いが非常に強く芽生えます。

ミスを犯せば周りに迷惑がかかる、そう考えて努力するのですが、少し気負い過ぎているのかも知れません。

 

| 4.見受けられるのが、物事に臨むときに不安で仕方がない

不安で仕方がない心理状況。自嘲癖がある人に見受けられるのが、物事に臨むときに不安で仕方がないというもの。

自信がない上に心配性なところがあり、行動を起こす際はとにかく不安で仕方がありません。

仕事が終わってもミスがどこかにあるかもなどと、必要以上に不安が募ってくることにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

自嘲するのが癖ということもあり得ます。ここでは、自嘲癖がある人は意味を知ることが大事、立て直して前進する具体策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。