トラウマの克服方法を掴んで先々に繋げたいもの、上手く乗り切る術



人生を過ごしていると、トラウマを克服する方法を探すことがあるもの。性的虐待だったり交通事故や家庭内暴力などで、絶望的なほど過去に囚われることがあります。

元の体験は何年も前のことでも、未だにフラッシュバックや悪夢に襲われたり、感情の麻痺や爆発に陥ったりすることにもなりかねません。

そんなトラウマの克服法は、病院に通ったり心理学のカウンセリングを受けたりと数多く存在します。

但し、幼少期から増幅しているトラウマエネルギーには、大人になってもなかなか太刀打ちできず、根本的な治療は薬等ではできません。

なので、トラウマは克服できないと考えず、理解していくことこそ重要になります。

ここでは、トラウマの克服方法を掴んで先々に繋げたいもの、上手く乗り切る術を紹介しています。

 

 

 


トラウマの克服方法を掴んで先々に繋げたいもの、上手く乗り切る術


 

| 1.状態はどういった具合になるのかを理解することが重要

トラウマの構図を正しく理解するということ。トラウマとは一体何かとか、状態はどういった具合になるのかを理解することが重要というもの。

正しくメカニズムを把握することで、無用な後悔の念に苛まれたりすることを避け、適切な対応を行うことに結び付きます。

こうしてメカニズムや仕組みを明確に知るだけでも、生きづらさや症状も軽くなる上手く乗り切る術の一つ。

 

| 2.現在感じている生きづらさなど、トラウマから生じている

起きていることは症状と理解するということ。人間関係が上手くいかなかったり、現在感じている生きづらさなど、トラウマから生じているというもの。

ほかにも小さなミスが多いのをはじめ、緊張しやすかったり他の人間に対してネガティブな感情が晴れないなどです。

現在抱えている多くの諸問題は、トラウマによって生み出された症状で、そうしたことを理解するということが改善への第一歩。

症状であるということは、本来己自身が持っているものではないので、改善されるという上手く乗り切る術の一つ。

 

| 3.普段過ごしている環境を変化させることが何よりも大事

環境を変化させるということ。トラウマを治すというと心理療法などに目を捉われがちですが、普段過ごしている環境を変化させることが何よりも大事というもの。

特に複雑性のトラウマを持つ人は、生真面目で我慢強く、何かあっても全てを己自身の責任として受け止めかねません。

こういった人は環境に要因があるとも知らず、厳しい家庭環境だったり職場などに居続けてしまうことになりかねません。

トラウマを解消していくためには、苦しい場所から逃れ、安全な環境を確保するのが上手く乗り切る術の一つ。

 

| 4.理不尽な環境下で己が悪いと自己否定感や罪悪感が大きく

己は大丈夫と知るということ。トラウマを背負っている場合、理不尽な環境下で己が悪いと自己否定感や罪悪感が大きくなっていくもの。

これは事実ではなく外部の影響を受けたストレスによって形作られたもので、自己否定感は真実ではなく己の本来の姿ではありません。

こうして大きくなった負の兆候から抜け出すために何よりも重要なのが、本来の己自身は何の問題もなく大丈夫と知る上手く乗り切る術の一つ。

 

| 5.思い起こしたり語ったりは、トラウマ解消に役立つもの

安全な環境下でトラウマ経験を語るということ。安全な環境下が大前提ですが、過去の辛い経験を思い起こしたり語ったりは、トラウマ解消に役立つもの。

思い起こすのも語るのも安全、そういったことを繰り返す中で、徐々に記憶は感情と繋がって処理されていきます。

惨事等の単回性トラウマのように、己自身が体験を覚えているようなケースでは、効果的な上手く乗り切る術の一つ。

 

 

 


トラウマの克服は恋愛にも必要なもの、嫌なことを思い出す理由など


 

| 1.嬉しかったことより、優先して悪かったことに捉われる

ネガティブな思考が強いということ。嫌なことばかりを思い浮べる人は、楽しかったり嬉しかったことより、優先して悪かったことに捉われる傾向にあるもの。

仕事のプロジェクトのようなケースでは、ネガティブ思考が強い人は例え成功しても、良かった事には目を向けず上手くいかなかったことを後悔するばかりになりかねません。

一方でポジティブ思考の人は素直に成功を喜ぶことができて、失敗して上手くいかなかった事は、次回に活かせば良いと切り換えられます。

ネガティブな思考が強過ぎる人ほど、マイナスの感情を引き摺ってしまうところがあり、嫌なことばかりに捉われてしまいかねません。

 

| 2.思い浮かぶ人は、危機管理の能力が高過ぎるというところ

危機管理の能力が高過ぎるということ。嫌なことばかりが頭に思い浮かぶ人は、危機管理の能力が高過ぎるというところがあるもの。

これは一見すると優れた能力に見えますが、先々を想定してトラブル回避をしようとするあまり、最悪の事態をイメージすることが癖になっています。

休日に仕事のことを考えて憂鬱になったり、新しい物事に挑戦するとき、過去の失敗が頭を駆け巡り不安になる人は、こうしたことに該当するかも知れません。

 

| 3.嫌なことが気に掛かる、そういった習性を持っているもの

過多に失敗を恐れているということ。そもそも人間を含めたあらゆる動物は、思い浮かべたくないのに嫌なことが気に掛かる、そういった習性を持っているもの。

動物は敵の力を見誤り逃げ損ねたケースで、そういった行動が怪我や死に結び付くことを本能的に理解しています。

そうした失敗を未然に防止するため、常日頃から不安や恐怖を感じることで危険に備えているので、人間が嫌なことを思い起こすのもミスを回避する本能の一つ。

他者と比べて過多に失敗を怖がっている人は、動物としての本能が優れているかも知れませんが、生きづらさを感じやすいということになりかねません。

 

 

 


トラウマ克服に本を活用することもある、注意しておきたいその原因面


 

| 1.単発の大きなストレスを受けトラウマになったというもの

単回性トラウマがあるということ。悲惨な事件を目撃したりを始め、災害やレイプに事故など、単発の大きなストレスを受けトラウマになったというもの。

命の危険があるようなことを己自身が1度以上体験したり、他者の身体的な危機を目撃したりなど、本人のストレス過剰が長期に渡るのはトラウマ体験になります。

こうした物事は普段の日常生活で繰り返し蘇るので、苦痛を感じるのを回避するために、記憶を呼び覚ますような環境を避けることになりかねません。

常に緊張した状態となることも多々あり、非常に過敏になって己自身はもちろんのこと、現実の社会に対してネガティブな意識を持つことになりかねません。

 

| 2.トラウマですが、暴言などの何気ない日常体験でもなる

慢性反復性トラウマ(複雑性トラウマ)があるということ。ストレスが本人の感受性を超えてしまうものがトラウマですが、暴言などの何気ない日常体験でもなるというもの。

慢性反復性トラウマは虐待をはじめ、いじめやネグレクトなど、繰り返して受け続ける長期間に渡るストレスから引き起こされています。

ある研究結果によると、最も深刻なのが暴言による虐待とDVの目撃の組み合わせとされ、身体的な虐待やネグレクト以上に強烈な衝撃があります。

トラウマ原因を探る時、始めに虐待などから入ってしまえば、それ以外の問題は小さく扱われかねませんが、注意することが非常に重要。

 

 

 

まとめ

絶望的なほど過去に囚われることがある。ここでは、トラウマの克服方法を掴んで先々に繋げたいもの、上手く乗り切る術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。