仕事をしない人の末路も厳しいもの、問題を生じさせない向き合い方



身近なところにも、仕事をしない人がいて末路が気に懸かるもの。そんな仕事をサボる人がいると、業務のしわ寄せが来て困惑することにもなりかねません。

仕事をしない人は、自分自身が主体的に動くことは滅多になく、誰かがやるだろうといった他力本願の考えが根底にあります。

言われるまで動かないことも多く、依頼された仕事すらなかなか取り掛からず、結果として他の人のサポートをを待っていることも。

仕事ができない人と違ってやらないもの勝ちと考えているようなところがあり、中途半端に切り上げてしまうことにもなりかねません。

そのくせ責任を持たされるのは特に嫌うので、相対する際は注意が必要になります。

ここでは、仕事をしない人の末路も厳しいもの、問題を生じさせない向き合い方を紹介しています。

 

 

 


仕事をしない人の末路も厳しいもの、問題を生じさせない向き合い方


 

| 1.仕事に対する評価が断然違っていると受け止めるという

相対的に見るということ。仕事をしない人と比較したケースでは、己自身の仕事に対する評価が断然違っていると受け止めるというもの。

職場内で苛立たないようにするには、仕事をしない人がいることで逆に己の価値が上がる、そんな風に思考パターンを変えるとストレスも減ってきます。

職場での評価が上がれば、モチベーションも下がることなく、前向きな姿勢で仕事に取り組める問題を生じさせない向き合い方の一つ。

仕事をしない人がいることにより、積極的に仕事をしている己自身が一層目立って評価される、そんな風に考えればわざわざ注意しなくて済みます。

 

| 2.するためには、相手が己の視界に入らないようにすると

可能であれば関わりを避けるということ。仕事をしない人に苛立たないようにするためには、相手が己の視界に入らないようにするというもの。

仕事をしない人に向かって注意したり仕事を振った時は、その反応次第で更にストレスが溜まったり、職場の雰囲気も悪くなりかねません。

言っても聞くような相手には、関り合いを避けるのもやり方で、接触を最小限に抑えることも問題を生じさせない向き合い方の一つ。

 

| 3.しない人がいるのを管理する側が認識していないことも

職場の中で共有するということ。先ず必要となるのは情報の共有で、仕事をしない人がいるのを管理する側が認識していないこともあるもの。

己が苛立っている仕事をしない人がいることを一人で抱え込まないで、悩んでいる時は早めに相談するのも問題を生じさせない向き合い方の一つ。

こうした時の伝え方も大事で、こうした事態が生じていて業務に支障が出て困っていると、できるだけ冷静な態度で率直に伝えるよう心掛けます。

 

| 4.いるケースでは、効果的なものが業務分担の視覚化という

明確な役割分担をするということ。どうしても己から動かない仕事をしない人がいるケースでは、効果的なものが業務分担の視覚化というもの。

上司や同僚と相談して役割分担表を作成するようにして、それをいつでも職場の中で見えるようにしておきます。

仕事をしない人は業務分担が曖昧な場合、誰かがやってくれるなどの発想になりがちで、会議などでも進捗を確認し合うと有効性が上がります。

また、普段仕事をしない人だけに振り分けた作業を、いくつか設けていくことも問題を生じさせない向き合い方の一つ。

 

| 5.したケースでは、必要以上にストレスを受けることはない

反面教師とするということ。仕事をしない人は存在しないものと想定して仕事をしたケースでは、必要以上にストレスを受けることはないもの。

どうしても最初は仕事をしない人が目に入りますが、己自身は絶対にああいう風にならないと反面教師にし仕事をしていると、段々と気にならなくなってきます。

こうして徐々に相手との距離を取ることで、仕事の取り組み方も前向きになる、問題を生じさせない向き合い方の一つ。

 

 

 

 


楽な仕事しかしない人の末路もまた心配に、覚えておきたい心理状況


 

| 1.己は期待されていないという雰囲気を感じているという

期待されていない心理状況。仕事をしない人の中に見られるのが、己は期待されていないという雰囲気を感じているというもの。

当初は一生懸命働いていた人も、仕事を続けているうちに段々と己自身が思うような評価を受けていないことに気がつきます。

正当な評価を受けられないのは、真面目に仕事に取り組むのは馬鹿らしいと、モチベーションが下がることになりかねません。

 

| 2.してもしなくても報酬は一緒、そういった考え方という

報酬が上がらないという心理状況。仕事をしない人の心の中にあるのが、してもしなくても報酬は一緒、そういった考え方というもの。

どれほど頑張っても大幅に給料が上がることはないと諦めているので、職場ではどうやって報酬を落とすことなく楽にやるかを考えます。

上手く仕事量が減ってくれれば、コストパフォーマンスも良くなり、より楽して儲けた気分になります。

 

| 3.達成したりするほか社会貢献したい気持ちが薄いという

仕事するメリットが分からない心理状況。仕事をしない人の中に見られるのが、何かを仕事で達成したりするほか社会貢献したい気持ちが薄いというもの。

己自身が希望した職種ではなくても採用されたので入った、そういった人物は給料さえ貰えれば仕事の内容は何でも良いという考え方になりかねません。

仕事は生活するためだと割り切っているので、モチベーション自体も低くなり、最小限の仕事をしてできる限り楽をしようとします。

 

| 4.成すべき仕事の内容を、十分に把握できていないという

何をすべきかを理解していない心理状況。仕事をしない人に見受けられるのが、プロジェクトなどの己が成すべき仕事の内容を、十分に把握できていないというもの。

プロジェクトのスタートした目的や理由が曖昧で、己自身がこの仕事の何に対して必要とされているのかを理解できていません。

プロジェクトの出発から時間が経つほど周りにも聞けなくなり、ただ時間だけが過ぎ、結果的に仕事をしない人と呼ばれかねません。

 

 

 


仕事を押し付ける人の末路も問題に、注意しておきたいそんな特徴面


 

| 1.指示していた過去があり、その名残から素直に従わない

人から指示されるのが嫌ということ。仕事をしない人の中に見られるのが、己が指示していた過去があり、その名残から素直に従わないというもの。

指示を出しても動かないということが繰り返された時は、周囲の人たちも扱いにくい人と受け止め、徐々に注意する人もいなくなり仕事をしない人の完成です。

こういったタイプは、己自身の置かれている状況を、客観的な目で眺めることなどできません。

 

| 2.楽に過ごせるか、そうしたことばかりを考えて行動する

休憩ばかりということ。仕事をしない人に見受けられるのが、いかに仕事をせずに楽に過ごせるか、そうしたことばかりを考えて行動するというもの。

結果的に、無暗やたらとトイレ休憩が多かったり、会議と称してその場から立ち上がり、しばらく姿を消してしまうことも多々あります。

定時で帰宅しようと考えていて、仕事を割り振りされないように、デスクには最低限しか座らずいつもどこかに移動しています。

 

| 3.生活するだけ稼げれば良い、そんな具合に割り切っている

非常に向上心が低いということ。仕事を通じ己が成長しようなどは考えもせず、生活するだけ稼げれば良い、そんな具合に割り切っているというもの。

わざわざ負担になってまで職場に貢献しようとは思いもせず、一生懸命に仕事している仲間の姿を見て、どうして頑張れると疑問に思うことになりかねません。

結果的に、積極的な態度で仕事に取り組むことはなく、常にどうすれば楽ができるかしか頭にありません。

 

 

 

まとめ

他の人のサポートをを待っていることも。ここでは、仕事をしない人の末路も厳しいもの、問題を生じさせない向き合い方を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。