別れる時は自然に訪れてくるもの、先々に思いを残さない向き合い方



日々の暮らしの中で、別れる時を考えることがあるもの。これまで相思相愛だった恋人たちにも、唐突に別れる時期が訪れることがあります。

まだ結婚など考えていない年若いカップルだけではなく、長年に渡って交際してきた人たちも、結婚に至ることなく別れてしまうことにもなりかねません。

もちろん別れる時の理由は、他に好きな人ができたのをはじめ、価値観の違いに気付いたなど多様なパターンがあります。

特に社会人で結婚適齢期の年齢は働き盛りでもあることで、仕事の楽しさに気付いたり金銭的な余裕もできて、価値観が変化することも少なくありません。

何となく楽しそうなので付き合ってみたものの、自分自身が恋愛や結婚に向いていないことが分かるということもあります。

そんな別れる時を感じた場合、先々に後悔しないようにすることが必要。

ここでは、別れる時は自然に訪れてくるもの、先々に思いを残さない向き合い方を紹介しています。

 

 

 


別れる時は自然に訪れてくるもの、先々に思いを残さない向き合い方


 

| 1.一旦距離を置いて、一人の時間を設けてみるというもの

一旦距離を置いてみるということ。己自身の気持ちと真剣に向き合うために、現在の状況から一旦距離を置いて、一人の時間を設けてみるというもの。

デートは無論のこと連絡もしないような環境を作ることで、冷静な判断もできるようになる先々に思いを残さない向き合い方の一つ。

己自身の心の中に相手に対する恋愛感情が残っているのか、人生にとって相手が本当に必要な存在なのかなど自問自答してみます。

 

| 2.己自身にとって必要不可欠な存在かどうかが分かるもの

相手がいない未来をイメージするということ。相手と別れた後の生活を想像することで、己自身にとって必要不可欠な存在かどうかが分かるもの。

もし、寂しい気持ちや悲しい感情が湧き起これば、相手のことに以前として好意が残っている先々に思いを残さない向き合い方の一つ。

反対に、自由を感じ未来が開ける感じが湧き上がれば、相手に対しての未練はない状態であると言えます。

 

| 3.一緒にいられる感謝の気持ちを再認識できる可能性がある

相手の好きなところを振り返るということ。相手の好きなところを明確にすることで、一緒にいられる感謝の気持ちを再認識できる可能性があるもの。

特に、倦怠期などで己自身の気持ちを見失っている、そんな場合に効果的な先々に思いを残さない向き合い方の一つ。

具体的には相手の好きな箇所をリスト化するのが良く、視覚に訴えることで思考が整理され、本心や別れるタイミングへの答えも見つかります。

 

| 4.比較することで、付き合っている相手の短所や長所が明確

良い存在だったかを振り返るということ。過去の恋愛経験と比較することで、付き合っている相手の短所や長所が明確になるもの。

現在の恋人に不満を持っている際は、過去を思い起こすことで、それが実は長所だったりもする先々に思いを残さない向き合い方の一つ。

過ぎ去った恋愛を思い起こして比較するのは疲れる作業ですが、別れるタイミングを見極めていくには効果的なやり方。

 

| 5.相談してみることで、不安感や不満を解消できる可能性も

じっくりと話し合うということ。ストレートに相手に相談してみることで、不安感や不満を解消できる可能性もあるもの。

価値観の違いや結婚についてなど、二人で将来的なことをひざ詰めで話し合うことで、互いが納得できるポイントが見つかるかも知れません。

また、己の考えを伝達するときは、非難するような態度などはせず、冷静に話すことが重要な先々に思いを残さない向き合い方の一つ。

具体的な解決策が発見できれば、付き合いを続けていけるだけでなく、以前より更に深い関係が築けるようになります。

 

 

 


別れる時の言葉はありがとうが欲しいもの、注意したいそのタイミング


 

| 1.彼女や彼氏に対しての愛情が薄れた証拠というものです

会うのが面倒に感じたタイミング。会うのが面倒臭く感じられてしまうのは、彼女や彼氏に対しての愛情が薄れた証拠というもの。

特に、普段は中々会えないような遠距離カップルのケースでは、気持ちが完全に冷めきった状態と言っても過言ではありません。

会うのが面倒臭いのは倦怠期なども考えられますが、相手と会うのを思い浮かべるだけで憂鬱になる場合、今が別れる潮時かも知れません。

 

| 2.欠点ばかりが目に付くときは、恋愛感情が薄れているのが

欠点ばかりが目に付くタイミング。嫌な部分や欠点ばかりが目に付くときは、恋愛感情が薄れているのが要因というもの。

恋愛感情が互いに盛り上がっている最中は、相手の欠点なども愛おしく思えますが、倦怠期やマンネリ化した状況の恋人同士では陥りやすくなります。

話し合いが面倒臭かったり喧嘩続きで仲直りできないようなケースでは、既に別れる時が迫っているかも知れません。

 

| 3.お金を払う価値がない相手と認識している証拠というもの

デート代が勿体なく感じるタイミング。デート代が勿体ないと感じるケースでは、お金を払う価値がない相手と認識している証拠というもの。

恋愛感情を抱いている相手であれば、それほどお金を持っていなくても、何とかデートしようと工夫をしたりするはずです。

デート代が勿体ないと感じるのは。愛情だったり尊敬する気持ちも薄れていて、別れる時と判断して良いかも知れません。

 

| 4.まるで己自身の喜びのようで非常に嬉しく感じるものです

喜びを相手と共感できないタイミング。大切に思う相手が喜んでいると、まるで己自身の喜びのようで非常に嬉しく感じるもの。

相手の喜びに全く共感できないというケースでは、恋愛感情も冷めてしまった状態と言えるかも知れません。

相手への関心や興味がなくなり恋愛感情が冷めた雰囲気は、必ず相手側にも伝わるので、互いの幸せのために別れた方が良いかも知れません。

 

 

 


別れる時に言うことには本性もでるもの、覚えておきたいその原因面


 

| 1.結婚願望が相手になければ、別れを決意しなければという

結婚願望が相手ないということ。己自身が最終的に結婚したいと考えているケースでは、結婚願望が相手になければ、別れを決意しなければというもの。

結婚願望が相手になくても、好きなので離れられないと、曖昧な関係を続けていれば大切な時間を無駄にすることになりかねません。

将来的に子育てを考えているケースでは、結婚する気がない態度が見えた際は、別れる時を見極め行動に移すのも重要なポイント。

 

| 2.浮気ができるのは、相手のことを軽く見ている状態という

相手の浮気が明るみにでたということ。付き合っている恋人がいる時に浮気ができるのは、相手のことを軽く見ている状態というもの。

付き合っている恋人を少しでも大事に思う気持ちがあるなら、悲しませるような振る舞いは絶対にしません。

別れる時が分からない状況で惰性で付き合っている恋人同士でも、浮気は浮気なので誠実さに欠ける相手と関係を続けるのは不幸が目に見えています。

別れを決断するのは非常に心が痛いものですが、浮気をする相手はすぐに決別するようにします。

 

| 3.嫌と感じるのは、相手に対しての恋愛感情が冷めたからと

スキンシップに嫌悪感を感じるということ。キスが気持ち悪くなったり手を繋ぐのが嫌と感じるのは、相手に対しての恋愛感情が冷めたからというもの。

好意をまったく持たない相手とのスキンシップが不快なように、恋愛感情が一旦冷めてしまうと、生理的にも受け付けなくなりかねません。

様ざまにある解決策を試してみても、スキンシップを受け入れられないケースでは、別れる時と考えても良いかも知れません。

 

 

 

まとめ

唐突に別れる時が訪れることがあります。ここでは、別れる時は自然に訪れてくるもの、先々に思いを残さない向き合い方を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。