居心地が悪いところから大逆転したいもの、上手く踏み越えていく術



日々の暮らしの中で、居心地が悪い思いをすることがあるもの。職場にしても実家にしても、居心地が悪くなったと感じる瞬間があります。

職場で居心地が悪いのは人間関係によることろも大きく、不仲だったり失敗を許さない空気があったりします。

職場が甘えられる場であれば、ミスをして申し訳ないと罪悪感を抱いても、立ち直れない精神的なダメージを受けることはありません。

もし職場の上司や同僚に好意があれば、そうであるからこそ至極残念に思いますが、心の痛手は重大なものにはなりません。

居心地が悪いのはそんな人たちの気持ちが分からないからで、自らの居場所がないと感じます。

ここでは、居心地が悪いところから大逆転したいもの、上手く踏み越えていく術を紹介しています。

 

 

 


居心地が悪いところから大逆転したいもの、上手く踏み越えていく術


 

| 1.観察することが大切で、コミュニケーションの切っ掛けは

周りの人たちを良く観察するということ。自らの居心地が悪い時は、周りの人たちを良く観察することが大切で、コミュニケーションの切っ掛けは転がっているもの。

帰りの方向が一緒の人を見かければ話し掛けるなど、これまで気付かなかったy新しい出会いも広がる、上手く踏み越えていく術の一つ。

一日を沈んだ気持ちで下を見ながら過ごすより、ポジティブな感覚でいれば、己の居心地の悪さに悩むことも減っていきます。

 

| 2.関心が湧いた物事でも良いので、スキルアップを図って

スキルアップを図るということ。仕事に役に立つことをはじめ、関心が湧いた物事でも良いので、スキルアップを図っていくというもの。

特に職場内ではスキルアップが己の自信にも繋がるので、居心地が悪いと悩むことも減り仕事に集中できます。

周囲の人たちに変わってもらうより、己自身が変化する方が、今後の人生にも確実に活きてくる上手く踏み越えていく術の一つ。

スキルアップした後は、職場での己自身の存在感も強くなって、居心地を良くしていく立場になるかも知れません

 

| 3.どう思っているのかを気にし過ぎているというものです

他者は己を気に掛けないのを理解するということ。己で居心地が悪いと感じるのは、人目が気に掛かり、どう思っているのかを気にし過ぎているというもの。

誰しも他人から良く思われたい、そんな気持ちを持っていますが、人目に縛られ過ぎて己が生き辛くなっては元も子もありません。

良くも悪くも他人は己をそこまで気にしていない、こんなことを理解するだけで気持ちが楽になる、上手く踏み越えていく術の一つ。

気持ちが楽になってくれば、今まで気にし過ぎて会話ができなかった人とのコミュニケーションも上手くいきます。

 

| 4.聞き役ばかりだったという人は、積極的に声掛けしていく

積極的に声掛けしてみるということ。これまで己自身のことを話さず、聞き役ばかりだったという人は、積極的に声掛けしていくというもの。

己自身の好きな事柄や得意分野に付いて話すほか、相手にも色々と尋ねてみるのが、上手く踏み越えていく術の一つ。

もし互いの共通項が発見できれば、同じテーマで盛り上がれる上、共通するところがなくても相手を理解するには非常に重要です。

 

| 5.過ごすより、成すべき仕事などに向かって没頭するという

己自身の世界に没頭するということ。己自身が居心地が悪いと沈んだ気持ちで過ごすより、成すべき仕事などに向かって没頭するというもの。

一心不乱に己自身の世界に集中していると、自然と暗い気持ちも晴れてくることもある、上手く踏み越えていく術の一つ。

己自身が居心地が悪いと暗く沈んだ気分で過ごすより、熱中している方が有意義に過ごせることになりかねません。

 

 

 


居心地悪く大人になったということもある、注意しておきたいその瞬間


 

| 1.一生懸命努力したのに思うような成果を得られなかった

仕事が上手くいかない瞬間。周りの人たちの期待に応えるため、一生懸命努力したのに思うような成果を得られなかったというもの。

努力した分落胆も大きくて己を責めかねず、仕事が向いていないのではと悲観的な考えになり、職場が居心地が悪いと感じかねません。

自宅に帰っても仕事のことは頭から離れず、どこにも居心地の良い所がない感覚を覚えることにもなりかねません。

 

| 2.居心地が悪い思いを如何せん感じてしまいかねないもの

家族と喧嘩した瞬間。家族と喧嘩したときは、己自身が居心地が悪い思いを如何せん感じてしまいかねないもの。

家という当然のように帰って来る場所であり、一緒に暮らしている家族は間違いなく己にとり居心地の良い人たちのはずです。

喧嘩をした後に仲直りすれば悪感情も消えますが、常に家族と上手くいっていない人の場合、一層居心地が悪いと感じかねません。

 

| 3.戸惑いが先に立ち居心地が悪い心境にもなりかねないもの

飲み会などで話題に入れない瞬間。会話が中心の場となる飲み会などで話題に入れない瞬間は、戸惑いが先に立ち居心地が悪い心境にもなりかねないもの。

特に皆と共通の話題で盛り上がれなかったり、誰も話を振るのはおろか目を見てくれないなど、同じ場所に居合わせていても孤独な気分に陥りかねません。

飲み会だけでなくて日常生活で友人たちと会話している時、話題に入れないと居心地が悪いと感じてしまいます。

 

| 4.己だけが黙り込んだまま会話に参加できないというもの

親戚の集まりがあった瞬間。家族同士が集って話をしているケースでは、己だけが黙り込んだまま会話に参加できないというもの。

こんな風に会話に入れない場合、己のいない場所で家族は頻繁に会っていたなどと、ネガティブな思考に陥ってしまいかねません。

一度考え始めてしまえば更に会話に入ることはできず、親戚の集まりは億劫に感じることにもなりかねません。

 

 

 


実家が居心地悪くなったということも、覚えておきたいそんな心理状態


 

| 1.時には素の己自身を見せた方が良い場合もあるものです

素の己自身を出せていないという心理状態。どんな時も己を露わにする必要はありませんが、時には素の己自身を見せた方が良い場合もあるもの。

上手く己を出せないときは、相手側には本心で話しているのかとか、信頼できる人物なのかと疑われることになりかねません。

いつも無難な話しかしない人は、周囲の人たちに信頼して貰えず居心地が悪い思いをする原因となりかねません。

 

| 2.信じ込んで疑わない時は、居心地が悪い感覚に陥りやすい

人の考えを認めないという心理状態。他者の考え方を認めず、己の考えばかりが絶対と信じ込んで疑わない時は、居心地が悪い感覚に陥りやすいもの。

人間はそれぞれで思惑が違い、他者の意見に対して、そんな主張もあるのかと認めることはとても重要です。

己の意見ばかりを通そうとする人物は、何を言っても通じないと受け止められ、居心地が悪い思いをする原因ともなりかねません。

 

| 3.あるケースでは、居心地というものに非常にこだわるもの

トラウマが過去にあるという心理状態。過去に仲間外れにされたりいじめられた経験があるケースでは、居心地というものに非常にこだわるもの。

過去の経験から人に嫌われたくないという感情が強く、相手の顔色を伺うばかりで、気持ちの変化に対して敏感ともなりかねません。

居心地が悪い思いをするという恐怖心から、どうにか居場所を確保しようと努力しますが、心の内は不安で一杯ということになりかねません。

 

 

 

まとめ

居心地が悪くなったと感じる瞬間がある。ここでは、居心地が悪いところから大逆転したいもの、上手く踏み越えていく術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。