人生に疲れた時からの逆転に繋げたいもの、先に向け打開していく方策



日々を過ごしていると、人生に疲れた時を感じることがあるもの。そんな瞬間はこれから先も何もかも上手くいかない、そんなことを考えかねません。

人生に疲れた時に行く場所があったり、人生に疲れた時に聴く曲があったりと、個々に逃げ道というものも持っています。

人生に疲れた時を迎えていて辛いのは、固定観念や常識に捉われ過ぎて、視野が狭くなっていることが要因せいかも知れません。

楽に生きていくのは困難なことと思われがちですが、少し考え方を変更するだけで、今よりも軽やかな気持ちで人生を歩める可能性もあります。

人生に疲れた時の対処法と言えば、一旦立ち止まり現在の価値観を見直すことも必要かも知れません。

ここでは、人生に疲れた時からの逆転に繋げたいもの、先に向け打開していく方策を紹介しています。

 

 

 


人生に疲れた時からの逆転に繋げたいもの、先に向け打開していく方策


 

| 1.固定観念や常識に捉われ過ぎないことが重要というもの

固定観念や常識に捉われないということ。人生に疲れた時を抜け出し楽に生きるには、固定観念や常識に捉われ過ぎないことが重要というもの。

暮らしている世の中では、適齢期になったら結婚をするのが当たり前とか、安定した収入を得るのが幸せなど、多くの固定観念があります。

世間体を気にすると、そうした固定観念や常識に捉われがちですが、意識しすぎると本当の意味の自分を見失うことにもなりかねません。

近年の日本は、徐々に昔からの固定観念が緩和され、ライフスタイルの多様化も進んでいるので、一旦捨て去るのも先に向け打開していく方策の一つ。

 

| 2.理想を持っている場合、少しだけハードルを下げるという

理想を下げるということ。人生に疲れた時を脱して楽に生きるには、高すぎる理想を持っている場合、少しだけハードルを下げるというもの。

理想を胸に抱くことは大切ですが、余りに現実とのギャップが大きいときは、自分は駄目人間と自己嫌悪に陥ってしまうことにもなりかねません。

理想を下げることは決して負けということではなく、例えハードルが低くても、叶えることができれば達成感を得られる先に向け打開していく方策の一つ。

等身大の自分自身を迎え入れ、身の丈に合った理想像を頭に思い描くことで、今よりも楽な気持ちで生きられるはずです。

 

| 3.捉われすぎた場合、自分の思い通りに行動できずストレス

他者の評価を気にし過ぎないということ。他の人間にどう思われるかに捉われすぎた場合、自分の思い通りに行動できずストレスも溜まるもの。

人それぞれに考え方や価値観は違っているので、他者の評価が自らの値打ちではない、そんなことを理解するのも先に向け打開していく方策の一つ。

全ての人から好かれる必要や競うことなどまったくなく、自らの価値は自分自身で決める、こんなことを意識するだけで他者の評価は意味がないことに気付けます。

 

| 4.物事に労力をかける傾向が、人生に疲れた時を迎えやすい

完璧主義を止めるということ。完璧だったり正しさを追及する人は、必要以上に物事に労力をかける傾向があり、人生に疲れた時を迎えやすいもの。

物事には優先順位というものがあり全てを完璧にこなす必要はないとか、人間には時々の運があって努力だけでできないことがあるなどを理解します。

また、完璧主義者は自分自身への駄目出しが多い傾向にあり、自分を疲れさせる駄目出しは、考え方少しを変えるだけで前向きなものになります。

できなかったことに捉われるのではなく、できたこと焦点をあて自らを認めるのが、先に向け打開していく方策の一つ。

 

| 5.感じている場合、身近なところに目を向けて見るという

小さな幸せを見つける努力をするということ。何もかも詰まらないと人生に疲れた時を感じている場合、身近なところに目を向けて見るというもの。

お風呂に浸り気持ちが良かったなど、些細なことでよく、小さな幸せを見つける癖をつければ、今より幸せな日々が過ごせます。

大きな幸せに出会えば満たされた気持ちになりますが、普段の生活の中で強いインパクトがある大きな幸福は滅多にありません。

幸せな気持ちを維持して満たされていると感じるために、身近なところある小さな幸せを見つけるのが、先に向け打開していく方策の一つ。

 

 

 


人生に疲れた時に見る映画もあるもの、知っておきたいそう感じる瞬間


 

| 1.した場合、結果を出すために懸命に打ち込む人も多いもの

努力が報われないということ。仕事で重要なプロジェクトを任されたりした場合、結果を出すために懸命に打ち込む人も多いもの。

努力するほど成功事例や目標達成を求める気持ちが高まりますが、必ずしも頑張ったことが成果に反映されるとは限りません。

頑張ったのに目標に届かなかった時ほど努力が無意味なものに感じられ、満足できるものが得られない際は、人生に疲れを覚えやすくなります。

 

| 2.誰からも感謝されないと感じることがあるというものです

誰からも感謝されない時。仕事や子育てなど日々精一杯頑張っていても、誰からも感謝されないと感じることがあるというもの。

人間は自分自身が頑張ったことだったり成果を上げたことに関し評価を受けたいものですが、誰からも感謝されない場合、努力が報われないと感じかねません。

そうした状況が続けば、努力をしている意味を見失ったり見返りを求めるような自分に嫌気がさし、人生に疲れを覚えることにもなりかねません。

 

| 3.息つく間もないほど多忙な日々を過ごしているものです

仕事と家庭の両立が大変ということ。仕事をしながら家庭のこともこなしている人は、息つく間もないほど多忙な日々を過ごしているもの。

子育てに奮闘中という場合は、子供がまだ小さい頃であれば目を離せないので、ストレスが蓄積することにもなりかねません。

このような状況下では、自分の時間をきちんと確保できなかったり、心身の負担になるストレスなどから、ふとした瞬間に人生に疲れた時を迎えやすくなります。

 

 

 


人生に疲れた時に読む本などもある、注意したい感じやすい人の特徴面


 

| 1.自信が持てず、自己否定感が強くなっているような可能性

自らを否定する場面が多いということ。人生に疲れた時を感じた場合、自分に自信が持てず、自己否定感が強くなっているような可能性もあるもの。

嫉妬心だったり劣等感など、自分と他者を比べて否定的な感情を持ちやすいことも、自己否定感が強い人の傾向。

いつまでも自分を肯定できずにいるときは、存在自体に対して悩むようになって、人生に疲れたと感じを持ちやすくなるのかも知れません。

 

| 2.苦手だったりするほか、他人との違いを受け入れられない

思い込みが強いということ。思い込みが強く柔軟な対応が苦手だったりするほか、他人との違いを受け入れられないというもの。

こうした人物は物事はこうあるべき、そんな考え方が基本になっていて、違う問題が発生した際は対応ができなくなることにもなりかねません。

自らの考え方や言動を否定されることに対して恐怖心があり、それが溜まっていくと人生に疲れを覚えやすくなります。

 

| 3.求めてしまう完璧主義者も、人生に疲れを感じやすくなる

完璧主義者ということ。様々な場面で高い理想を掲げるのは悪くはありませんが、100%を求めてしまう完璧主義者も、人生に疲れを感じやすくなるもの。

妥協を許さず常に完璧であるべきという思考が優先しますが、全ての物事に対して完璧な成果を残せるとは限りません。

自分自身の理想に達しない状況が長く続いた場合、より自らを追い込むことになり、人生に疲れたと感じやすくなりかねません。

 

 

 

まとめ

個々に逃げ道というものも持っている。ここでは、人生に疲れた時からの逆転に繋げたいもの、先に向け打開していく方策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。