人生の目標がないのは自業自得かも知れない、見つけ出し前進する術



日々の暮らしの中で、人生の目標がないと思う時があるもの。何をしても意欲ややり甲斐が起きないで、悩みが深くなることになりかねません。

そもそも人生の目標と言っても曖昧模糊としていて、何を指しているのかが明確に分かり難いという人も多々います。

もともとは持っていても人生の目標がなくなったという人もいますが、こんな人に見られるのは数回の挑戦で成果を残せないと、即座に諦めてしまうスタイル。

ほんのわずかな努力で最高の結果を求めるので、目標にたどり着けないと考えてしまうことにもなりかねません。

なので、そうした状態が続くと、目標を持つことに嫌気が指すことにもなりかねず、モチベーションを失うことに結び付きます。

ここでは、人生の目標がないのは自業自得かも知れない、見つけ出し前進する術を紹介しています。

 

 

 


人生の目標がないのは自業自得かも知れない、見つけ出し前進する術


 

| 1.絶対になりたくない自分の姿から逆算してみるのも効果的

なりたくない自らの姿をイメージするということ。人生の目標がないのであれば、絶対になりたくない自分の姿から逆算してみるのも効果的というもの。

こうした生活を続けていると、経済面で苦労するので大好きな趣味を辞めなければならない、そんな日の自分の姿を想像します。

人間は希望しないものに関してはイメージしやすい傾向があり、その延長線上で具体的な目標に辿り着く、見つけ出し前進する術の一つ。

 

| 2.目標がないのであれば、何ができるかを考えてみるという

社会的に役立つことを考えてみるということ。自分が何をしたいかなどの観点も大事ですが、人生の目標がないのであれば、何ができるかを考えてみるというもの。

得意分野だったり自信がある能力を出発点に、どうしたら社会に役立てられるかを考えてみるのも見つけ出し前進する術の一つ。

周囲の人たちから感謝されたり必要とされることで、誇りが生芽生えて人生の目標になる事例も数多くあります。

 

| 3.没頭することでますます熱が籠って好きになることがある

現在興味があることを深堀してみるということ。やり甲斐を持って実践できる趣味や仕事は、没頭することでますます熱が籠って好きになることがあるもの。

なので、現在少しでも興味や関心を持っていることは、より深堀していくことで、人生の目標に変わる可能性もある見つけ出し前進する術の一つ。

何事も先ずはやり続けたり継続するという感覚を持っておくと、新しい可能性に気が付きやすくなり視野も広がります。

 

| 4.気がつかない間に自分に制限をかけてしまうというもの

幼い頃の胸が踊った経験を思い出すということ。大人ともなれば、仕事上の立場だったり人の視線を意識して、気がつかない間に自分に制限をかけてしまうというもの。

そんな時に、幼い頃の胸が踊った経験や好きだった物事を思い起こすことが、本当の自分自身を知るための良いヒントになります。

素直な心を取り戻すことで、視点も変わって人生の目標を立てられることにもなる、見つけ出し前進する術の一つ。

 

| 5.送っている人がいる場合、話を聞いて真似してみるという

人生の目標を持ち突き進んでいる人の話を聞くということ。身の回りに大きな目標を掲げ、日々充実した生活を送っている人がいる場合、話を聞いて真似してみるというもの。

どのような細かい目標を持っているのかや、何故そうした目標を立てることになったのかなど、詳しく掘り下げて聞くようにします。

場合によってはそうした目標の立て方に共感し、そのまま自分の人生の目標としてしまえることもある、見つけ出し前進する術の一つ。

 

 

 


人生の目標とは何かを知ることも大事、注意しておきたいない原因面


 

| 1.本当に自らが成し遂げたいことを明確にした上で決める

余りに多忙で考える時間がないということ。人生の目標は自己分析を繰り返す中で、本当に自らが成し遂げたいことを明確にした上で決めるもの。

なので、仕事や家事など日々の生活が忙しく、単純に自分自身と向き合える時間がないというのは、人生の目標がない原因の一つです。

早めに解決するべき問題が多すぎ、長期的な視点から見たり考えたりすることを見失うことは良くあります。

 

| 2.決め付けがある場合は、大きな目標は立てられないもの

常識や固定観念など捉われ視野が狭くなっているということ。厳しい家庭環境などで、こうしなければならないなどと言う決め付けがある場合は、大きな目標は立てられないもの。

人生の目標がない人の多くに見られますが、常識や固定概念などから、他者からどう見えられているかに配慮しすぎる傾向があります。

結果として、自分ができそうな物事しか取り組もうとせず、視野も狭くなってしまいがちということにもなりかねません。

 

| 3.設定したところで、当たり前ですが全てが叶うわけでは

過去に挫折があり、目標を持つ意味を見失っているということ。いくら小さな目標や到達点を設定したところで、当たり前ですが全てが叶うわけではないもの。

過去にそんな挫折や失敗をした体験から、目標を持ち努力することの楽しさが感じられないのも、人生の目標がない人に見られるところ。

こういった人は目標設定すること自体を避けているので、生きる目標や人生の大きな目標を見失う状況が続いているということにもなりかねません。

 

| 4.やり方など、そこを間違っている人も案外多く見られる

現実離れの目標を立て失敗を重ねているということ。目標を設定する方法や叶えるためのやり方など、そこを間違っている人も案外多く見られるもの。

現実離れしているような大きな目標と到達するためにクリアする小さな目標は、別々に考えるべきですが、混同しているので失敗を重ねがちです。

これが続けば、目標を立てても叶わないという認識になり、目標を立てること自体を止めることにもなりかねません。

 

 

 


人生設計には目標を持つことが大切、覚えておきたいそんな意味合い


 

| 1.テーマで、持っていることで長期的な視点が身に付くもの

成すべきことに悩まなくなるということ。人生の目標とは一生かけて取り組む大きなテーマで、持っていることで長期的な視点が身に付くもの。

将来に大きな目標達成している自分自身から、人生を逆算して設計できるので、現在何をすべきかという悩みや迷いがなくなります。

人生を過ごしていく上で、しっかりとした判断の基準が一つできることは、非常に大きなメリットになります。

 

| 2.例え失敗やミスを犯しても思い悩むことがなくなるもの

生き生きとした人生を過ごせるということ。簡単に達成できない大きな目標や到達点を持っている場合、例え失敗やミスを犯しても思い悩むことがなくなるもの。

失敗しても、人生の目標を達成するための経験、そんな風に割り切りやすくなり、ポジティブな思考になります。

人生の目標がない人と比較して、ポジティブに日常を過ごせるので、充実感のある人生を送れるメリットがあります。

 

| 3.イメージがし難い、未知のものになっている場合が多い

未知の体験ができるということ。大きな目標は、頭の中でイメージがし難い、未知のものになっている場合が多いもの。

結果として、目標に到達するまでの努力やチャレンジ、更に稀に起きてしまう失敗などを含め未知の体験となります。

目標達成のため意識的にセーフティーゾーンを抜け出すことで、成長もしやすく、刺激的な体験に溢れた人生になるメリットがあります。

 

 

 

まとめ

悩みが深くなることにもなりかねません。ここでは、人生の目標がないのは自業自得かも知れない、見つけ出し前進する術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。