卑屈な人の末路も非常に厳しいもの、先を考え上手く付き合っていく術



身近なところにも、卑屈な人がいるもの。自分を卑下する卑屈な人は一緒にいると疲れる上、どう扱えば良いか悩むことにもなりかねません。

日本人は卑屈ともいわれますが、これは必要以上に自分の評価を下げて、拗ねている様子のことを表します。

自信がないので周囲の人たちと自分を比較して安心しようとする癖があり、中々直すことができません。

こんな卑屈になる人は職場にもいて、誰も何も言っていなくても、周りの人たちと比較して自分自身を蔑むようなことを言いかねません。

また卑屈な人は、ポジティブに物事を考えることが苦手で、やらなければ分からないことでも、最初からできないと決め付け否定的な発言をします。

なので、付近にそうした人がいる時は注意する必要があります。

ここでは、卑屈な人の末路も非常に厳しいもの、先を考え上手く付き合っていく術を紹介しています。

 

 

 


卑屈な人の末路も非常に厳しいもの、先を考え上手く付き合っていく術


 

| 1.ネガティブなことが多く、聞き続けていると疲れてしまう

真面に受けすぎないということ。卑屈な人の発言は内容がネガティブなことが多く、聞き続けていると疲れてしまうというもの。

真面目な人は卑屈な内容を受け止めようと、その都度解決策を考えたり励ましたりと、真摯に対応することで思い悩むことになりかねません。

卑屈な人の言葉は真に受けすぎず、そうなんだなどと肯定の相槌を打って深入りしないのが、先を考え上手く付き合っていく術の一つ。

 

| 2.試みたいのは、表面的には話を合わせていくようにする

上手く褒めて自尊心を満たすということ。卑屈な人に対して試みたいのは、表面的には話を合わせていくようにするというもの。

卑屈になるような物の言い方をする人は、一方で褒められたい気持ちも強く、己を卑下した話しをする傾向にあります。

話を受け止めて上手く褒めることが重要で、心が満たされると話も早く切り上げられる、先を考え上手く付き合っていく術の一つ。

 

| 3.何故そんなことが思い浮かぶかを問い質してみるという

思ってしまう理由を聞いてみるということ。卑屈な人が大切というケースでは、何故そんなことが思い浮かぶかを問い質してみるというもの。

黙っていた困り事や悩み事があり、己自身を一段と低く見積もってしてしまっている、そういった可能性もあるからです。

話を聞くことで気持ちも落ち着いて、上向きになることもある先を考え上手く付き合っていく術の一つ。

 

| 4.抑えるのが、先を考え上手く付き合っていく術の一つと

必要最低限の会話しかしないというもの。職場に卑屈な人がいるときは、接触を最低限に抑えるのが、先を考え上手く付き合っていく術の一つというもの。

友人という訳ではなく職場の中だけの付き合いなので、あれこれと接し方を考えるより、必要最低限度の会話に抑えてしまうのが簡単になります。

但し、必ず上手くいくとは限らず、接触は避けるように心掛け、卑屈なネガティブ過ぎる言葉を浴びないようにします。

 

| 5.言葉ばかりを聞いている場合、非常に気が滅入ってきて

親しい人には明瞭に伝えるということ。卑屈な人のネガティブな言葉ばかりを聞いている場合、非常に気が滅入ってきてしまうもの。

負のエネルギーが言葉にはあり負けてしまうことになりかねず、無理して付き合いを続けていく必要はありません。

相手が親しい間柄のケースでは、卑屈になられるとこちらが暗い気持ちになる、そんな具合に明瞭に言うのも先を考え上手く付き合っていく術の一つ。

意外にですが相手に対し良くない、そんな己自身の姿を振り返り反省してくれることがあります。

 

 

 


卑屈は治らないとも巷で言われるもの、注意しておきたいその特徴面


 

| 1.何に対しても自信が持てず、己を一段低めに評価すると

己の評価を正しくできないということ。卑屈な人に見られるのが、仕事やプライベート面など何に対しても自信が持てず、己を一段低めに評価するというもの。

これは現在までの成長してきた環境の影響があり、それが理由で自己肯定感が高くならなかったというケースもあります。

幼少期からできないことを否定されるばかりだと自信を失い、自己肯定感も育たず気がつかない間に卑屈な人間になりかねません。

 

| 2.認めて欲しかったり褒めて欲しい気持ちが非常に強いもの

承認欲求が強いということ。卑屈な人は自信を抱くことができず、誰かに認めて欲しかったり褒めて欲しい気持ちが非常に強いもの。

但し、ストレートに認めて欲しいとか褒めて欲しいとは言えないので、言葉を貰えるよう己の値打ちを下げた言葉を連発しかねません。

誰かに認めて欲しい承認欲求は、誰しもにあるような欲求の一つですが、卑屈な人はそれが強い傾向にあります。

 

| 3.足りなかったり、否定されることばかりの環境で過ごした

己自身が好きではないということ。幼少期から愛情が足りなかったり、否定されることばかりの環境で過ごしたというもの。

何をやってもたいした結果を残せない己が好きではなくなって、駄目な人間なんだと己の値打ちを下げてしまうことになりかねません。

特に人間関係が良くないケースでは、己のことを実際の実力よりも、より一層低く評価することになりかねません。

 

| 4.気が沈みがち、そんなタイプが卑屈な人に多く見られる

ネガティブ思考ということ。ネガティブ思考をしていて気が沈みがち、そんなタイプが卑屈な人に多く見られるというもの。

そんな卑屈な人の中には、ポジティブ思考をして積極的に動いていくようなスタイルの人は滅多にいません。

ポジティブな考え方をする人は、己自身の値打ちを敢えて下げるような真似をすることはありません。

 

 

 


卑屈な人はめんどくさいところもあるもの、覚えておきたい心理状態


 

| 1.口に出してストレートに助けて欲しいと言えないという

助けして欲しい心理状態。困り果てていても周りの人たちに向かって、口に出してストレートに助けて欲しいと言えないというもの。

卑屈な人も助けて欲しいという願いは一緒ですが、その心情を言葉にすることなく、相手側から察して助けて欲しいという思いを持っています。

己の力では時間厳守は無理などと卑屈になり、相手に手伝おうかと言わせる、そんな風に口に出すことなく済まそうとします。

 

| 2.嫌なもので、できるだけ無難に日々を過ごしていきたい

失敗するのが恐いという心理状態。誰しも失敗するのは嫌なもので、できるだけ無難に日々を過ごしていきたいもの。

但し、どうしても失敗することがあり、それは学べることも多くありますが、卑屈な人はただ失敗すること自体に恐怖心を感じています。

結果的に、先回りして己自身を下げておくことで、失敗しても仕方ないと雰囲気の予防線を張っていることになります。

 

| 3.構って欲しかったり相手して欲しいといった行動という

相手して欲しいという心理状態。卑屈な人の中に見て取れるのが、構って欲しかったり相手して欲しいといった行動というもの。

結果として、敢えて己自身の価値を下げる言動をすることで、相手に励ましてもらったり慰めてもらおうとしかねません。何かを身近にいる人にして貰えることが嬉しいので、卑屈になるのを止めることができません。

また一方にあるのが、己自身のことを低く下げて喋ることで、相手に否定して貰って己の価値を再確認しているところです。

 

 

 

まとめ

どう扱えば良いか悩むことになります。ここでは、卑屈な人の末路も非常に厳しいもの、先を考え上手く付き合っていく術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。