人と関わるのが怖いからの逆転に繋げたいもの、上手く切り抜ける方策



人生を過ごしていると、人と関わるのが怖いと感じることもあるもの。人と深く関わるのが怖いという状況のままでは、先々に大きなデメリットもあります。

現代社会では人間は一人で生きていくことはできず、手助けを誰かにしてもらうような局面も時には出てきます。

結果として、人と関わりたくないと周りの人たちとの交流を避け続けてしまった場合、自分自身の思ったことが言えなくなることになりかねません。

更に人と関わるのがしんどいと感じている人は、失敗することが怖く自らに制限をかけてしまいがちで、挑戦をしたいときにも背中を押してくれる人がいません。

これでは先々に対しての足枷ともなるので警戒が必要です。

ここでは、人と関わるのが怖いからの逆転に繋げたいもの、上手く切り抜ける方策を紹介しています。

 

 

 


人と関わるのが怖いからの逆転に繋げたいもの、上手く切り抜ける方策


 

| 1.自分自身の姿を受け止めることが重要なポイントという

自分の本質として受け止めるということ。先ずは人と関わるのが怖いと思う、自分自身の姿を受け止めることが重要なポイントというもの。

人間関係に不安感があるのは、優劣というものではなく傾向なので、自分のことを認めなければ自らを追い込むことにもなりかねません。

こうしたことを過剰に恐れるのではなく個性と捉えて自らを受け止め、居心地のよい場所を探すことも上手く切り抜ける方策の一つ。

 

| 2.傷付くことを逃れるための、自分本位の身勝手な感情と

相手の立場になり考えてみるということ。人と関わるのが怖いと感じるのは、傷付くことを逃れるための、自分本位の身勝手な感情というもの。

怖いと感じた雰囲気を相手は気づいていて、もっと異なる言い方をすればよかったと、後悔している可能性もあります。

見方を変え相手の立場になり考えることが重要で、どんな意図を持っているのかや何を伝えたいのかなどを考えてみます。

このように本心はどこにあるのかと寄り添ってみると、違う見方もでき人間関係も上手くいく、上手く切り抜ける方策の一つ。

 

| 3.現状を一歩踏み出し、場数をこなして慣れることが大事

場慣れをするするということ。人と関わるのが怖いを克服したいのであれば、現状を一歩踏み出し、場数をこなして慣れることが大事というもの。

これまで避けてきた道かも知れませんが、克服するには話しやすい人から挑戦するのも、上手く切り抜ける方策の一つ。

徐々に場数を踏んで慣れることで、ストレスもが軽減できて、その後はコミュニケーションも非常に図りやすくなります。

 

| 4.口にする癖をつけると、人間関係に対するトレーニングに

常日頃から意見を言う癖をつけるということ。普段から意識的に自らの意見を口にする癖をつけると、人間関係に対するトレーニングになるもの。

考え方が全く同じ人間はいないので、違う意見があって当然ですし、相手の意見を聞くことによって視野も一段と広がります。

発言が完璧ではなくても気にすることなく、先ずは積極的に自分から意見を言うのも、上手く切り抜ける方策の一つ。

 

| 5.駄目人間だと人格を否定しないようにするというものです

自らの責任だと思わないようにするということ。何かを失敗した際、自分を責めることにより、駄目人間だと人格を否定しないようにするというもの。

一旦人格を否定する方向に目がいけば、エスカレートすることになり、マイナス思考に嵌まり込んでしまいかねません。

全てを自分の責任と受け止めないで、客観的に物事を見てみるようにすると解決案も浮かぶ、上手く切り抜ける方策の一つ。

 

 

 


人と関わりたいけど怖いということもある、知っておきたいその原因面


 

| 1.上手く表現できない環境下で成長するとトラウマになる

いじめなどの過去のトラウマがあるということ。過去に人間関係で嫌な出来事があったり、上手く表現できない環境下で成長するとトラウマになるもの。

過去の記憶から萎縮してしまうことが多く、視線を受けると馬鹿にされているように感じたり、相手の機嫌が悪ければ自分のせいだと思い込みます。

こうしたことで1日が終わる頃には疲れ果ててしまい、人と関わりたいけど怖いということにもなりかねません。

 

| 2.パワハラを経験した場合、人間関係に恐怖心を抱くように

セクハラやパワハラなどの経験があるということ。セクハラだったりやパワハラを経験した場合、人間関係に恐怖心を抱くようになるもの。

仕事関連で立場が強い上司などからの強制は、反論することもできず我慢することになり、恐怖へと変わることにもなりかねません。

ハラスメントをしている側は冗談のつもりだったり、全く自覚がないこともあり、簡単に解決できるような問題ではありません。

 

| 3.心配性で過剰に他者に嫌われたくないと思っているという

心配性ということ。人と関わるのが怖いという人に見られるのが、心配性で過剰に他者に嫌われたくないと思っているというもの。

自分が他の人にどう映っているかを気にするあまり、困っている時でも頼ることができず、欲求も抑え込んでしまうことにもなりかねません。

他人に頼ることができないので、単独行動をすることが多くなり、コミュニケーション能力も低下しかねません。

 

| 4.落ち度があっても、激しく叱責されると萎縮して恐怖を

上司に激しく叱責されたことがあるということ。例え自分自身に落ち度があっても、激しく叱責されると萎縮して恐怖を感じるもの。

感情的に長時間叱られるなど、理不尽な怒られ方をすると、身体も萎縮して良いパフォーマンスは出ません。

良い仕事をしようというよりも、怒られないようにしよう、そんな思考パターンにもなりかねません。

 

 

 


人と関わるのが怖くなったということもある、注意しておきたい特徴面


 

| 1.人に見受けられるのが、神経質で感受性が高いというもの

神経質で感受性が高いということ。人と関わるのが怖いという人に見受けられるのが、神経質で感受性が高いというもの。

こういったタイプの人は繊細で傷付きやすい傾向があり、嫌なことに出会っても我慢するので、心が疲れ果てることになりかねません。

他人の機嫌が悪いのを敏感に感じるので、自分自身に似合わない場所に身を置き続けた場合、心が傷付き精神的に疲れ果ててしまいます。

 

| 2.警戒心が強く、なかなか他者に心を開くことができない

警戒心が強いということ。人と関わるのが怖いという人は、人見知りで警戒心が強く、なかなか他者に心を開くことができないもの。

自らの敵ではないかなど慎重に相手を見極めたいところがあり、傷付きたくないなどの自己防衛本能が働いています。

このような人見知りや警戒心が強いといった人物は、対人恐怖症ということにもなりかねません。

 

| 3.苦手な人で、当然のように普段は単独行動をするという

単独行動が好きということ。人と関わるのが怖いという人は集団行動が苦手な人で、当然のように普段は単独行動をするというもの。

集団で行動をしていると、何を話していいか分からなくなり、どう思われているのか周囲の評価を気にし過ぎてしまいます。

こうした気疲れがストレスになり、一人でいる方が気楽なので、人間関係を持たないよう注意して行動しかねません。人間関係が難しくなると軋轢が生じて、他の人との関わりが怖くなりやすくなります。

 

 

 

まとめ

先に足枷ともなるので警戒が必要です。ここでは、人と関わるのが怖いからの逆転に繋げたいもの、上手く切り抜ける方策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。