煩い人は因果応報かも知れない、問題を生じさせないように対処する術



身近なところにも、煩い人がいるもの。それは口うるさいというばかりではなく、普段の動作が騒がしくなってしまうような人。

足音をはじめドアの開け閉めだったり、咳払いやため息に物の出し入れなど、異常に生活音がうるさい人が時折りいます。

賑やかな場所であれば問題はありませんが、静かなオフィス内や会議中など、そんな煩い人が一人でもいた場合、集中したくても気が散ることにもなりかねません。

そんなうるさい人が苦手という人も多く、指摘したくもなりますが、口に出せずに我慢してストレスを溜め込むことにもなりかねません。

なので、そうしたうるさい人に疲れると言う時は、それなりの注意も必要です。

ここでは、煩い人は因果応報かも知れない、問題を生じさせないように対処する術を紹介しています。

 

 

 


煩い人は因果応報かも知れない、問題を生じさせないように対処する術


 

| 1.向こうも逆に声を大きくして意見を言い返してくることが

相槌を打ち聞き流すということ。煩い人の話に対して反論した時は、向こうも逆に声を大きくして意見を言い返してくることがあるもの。

結果として、相手が気持ちよく話している最中は、相槌を打って聞き流し穏便に済ませるのが、問題を生じさせないように対処する術の一つ。

但し、同じ言葉使いで繰り返し頷いているだけでは、本当に聞いているのかと反対にヒートアップすることになりかねません。

凄いねとか確かにやそうなんだなど、相槌のバリエーションは多めに用意しておくよう心掛けます。

 

| 2.煩い人には、自発的に本人に小さくしてもらうしかない

声のトーンを下げるようにお願いしてみるということ。元から声が大きく煩い人には、自発的に本人に小さくしてもらうしかないもの。

そうした時は、もう少し声のボリュームを下げて貰えますかと、ストレートにお願いをするのも、問題を生じさせないように対処する術の一つ。

周りの人たちが騒がしいと思うほどの大きさで喋っている場合、この時以外にも注意をされたこともあるはずです。

意識しないで発している可能性もあり、素直に聞き届けてくれることも割合あります。

 

| 3.話始めれば途中で割り込んでいく隙間も見いだせないもの

強制的にテーマを変えるということ。マシンガントークをする煩い人は、話始めれば途中で割り込んでいく隙間も見いだせないもの。

結果として、相手が熱く語りそうなテーマになったケースでは、多少強引にでも話題を変更するのが、問題を生じさせないように対処する術の一つ。

きちんと話は変わると前置きを入れておけば、急に話題転換をしたことで咎められることもありません。

特に煩い人に知識や関心が湧かないような事柄であれば、黙らせる方法としても魅力的なものの一つです。

 

| 4.距離を置き離れてしまえば直接の被害は防げるというもの

距離を置いてできるだけ話をしないということ。声が大きく小言が多いような煩い人でも、距離を置き離れてしまえば直接の被害は防げるというもの。

具体的にはできるだけ会話をしないように避け、物理的に近寄らないようにする、問題を生じさせないように対処する術の一つ。

こちら側から積極的に意思疎通を図らなければ、気軽に相手から近寄ってこともありません。

煩い人との現実的な会話の回数を減らすことで、静かにさせていくという少し回り道的な対応になります。

 

 

 


うるさい人に注意したいこともある、覚えておきたいそんな心理状態


 

| 1.大きな声を出すことで己自身をアピールしようとしている

注目されたい心理状態。うるさい人に見られるのが、大きな声を出すことで己自身をアピールしようとしているというもの。

主に周囲の人たちに認めて欲しいところがあり、そのために目立ちたいとの思いが心の内にあるのが理由の一つです。

特に自慢話だったり武勇伝を語る時には、より多くの人に聞いて欲しい、そんな気持ちが強くなるので余計にうるさくなります。

 

| 2.あるケースでは、人間は声がうるさくなる傾向にあるもの

己の主張を相手に伝えたい心理状態。相手に理解して欲しかったり伝えたいことがあるケースでは、人間は声がうるさくなる傾向にあるもの。

特に大切な部分は強調して伝えたいので、とりあえず声を大きく張り上げていくのが最も簡単に実践しやすい行為です。

相手が現実に理解しているかは別として、伝えたい気持ちが大きい分だけ声量も上がって、煩い人ということにもなりかねません。

 

| 3.内気なところを隠そうと、意図的にうるさくしていると

明るく振る舞おうとする心理状態。他者に暗いキャラと思われたくなく、己の内気なところを隠そうと、意図的にうるさくしているというもの。

こうしたタイプは普段は大人しいので、周囲の人たちには活発な人間に見られたくて、必要以上に声が大きくうるさくなってしまうことになりかねません。

但し、どれくらいの声量が適切なのか分からないので、小さいよりは大きい方がましという気持ちからうるさくなりかねません。

 

| 4.周囲の人たちから見下されたり馬鹿にされることを嫌う

見下されたくない心理状態。プライドが非常に高い人の場合、周囲の人たちから見下されたり馬鹿にされることを嫌うもの。

結果として、普段よりも大声で叫んだりと威勢よく振舞うように、半ば威嚇していることにもなりかねません。

具体的には、見下した様子がある相手に向かって嫌味を言ったり、欠点を探し出して指摘するというような行動に出ます。

 

 

 


うるさい人を黙らせるのを考えることもある、注意したいその特徴面


 

| 1.状況面によっては、普通の会話をしているだけでも煩い

空気を察知できないということ。その場の雰囲気だったり状況面によっては、普通の会話をしているだけでも煩いことがあるもの。

結果として、声の大きさというだけではなく、空気を察知できない無神経な発言は騒々しく感じることにもなりかねません。

デリカシーがない言葉を繰り返すなど、適当なことを口にする人は煩い人にもなりかねません。

 

| 2.強い人物は、話をする時もつい大きな声になってしまう

気が強い面があるということ。他者に対して負けたくない気持ちが強い人物は、話をする時もつい大きな声になってしまうもの。

普段から負けず嫌いで他者を意識してすぎていて、何気ないような一言にも力が籠ってうるさくなります。

特に勝負事をしていたり言い争いになったりの時は、相手を威嚇する意味もあって余計に声が大きくなります。

 

| 3.己自身の話ばかりを一方的に喋り続けているというもの

人の話に耳を貸さないということ。煩い人に良く見られるのが、己自身の話ばかりを一方的に喋り続けているというもの。

相手が話そうとしても遮ることも多々あり、興味もないのに強制的に聞かされるので、うるさく感じることにもなりかねません。

相手を気遣うところがない自己中心的な人物や、お喋りが大好きな女性などによく見られる傾向です。

 

| 4.沈んでいる時は静かでも、気持ちが昂ってくると煩くなる

感情の起伏の激しい面があるということ。喜怒哀楽面の感情の起伏が激しい人は、沈んでいる時は静かでも、気持ちが昂ってくると煩くなるというもの。

感情の起伏は両極端なので、周囲の人たちから見れば落ち込んでいる時は接し方も難しく、気持ちが高揚しているときはうるさく感じます。

己で感情の起伏をコントロールはできないので、自覚があったところでうるさくなりかねません。

 

 

 

まとめ

動作が騒がしくなってしまうような人。ここでは、煩い人は因果応報かも知れない、問題を生じさせないように対処する術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。