踏ん切りがつかないのは因果応報かも知れない、上手に乗り切る方策



日々の暮らしの中で、踏ん切りがつかないことがあるもの。決断しようと思っていても、勇気が出ず決められないで躊躇してしまうような時。

転職を考えても中々踏ん切りがつかないこともあれば、結婚だったり離婚で踏ん切りがつかず思い悩むこともあります。

恋愛でも、仲良く付き合っていたはずなのに、相手が浮気をしていたり、突然振られてしまうような経験をすることもあります。

そうなると精神的に落ち込んでしまい、どこかで踏ん切りを付けたいということにもなりかねません。

但し、根が優柔不断なところがある踏ん切りがつかない人は、勇気を湧き上がらせる必要が出てきます。

ここでは、踏ん切りがつかないのは因果応報かも知れない、上手に乗り切る方策を紹介しています。

 

 

 


踏ん切りがつかないのは因果応報かも知れない、上手に乗り切る方策


 

| 1.決断しようと思い浮かんだ時は即行動に移すというもの

思い浮かんだら即行動に移すということ。考え過ぎるとネガティブ思考に陥り勇気が出ず、決断しようと思い浮かんだ時は即行動に移すというもの。

自らの考え方が人生の邪魔をしているかも知れず、ネガティブ思考を感じている時は、考えが邪魔する以前に行動するのが上手に乗り切る方策の一つ。

大きな物事を決定するのは踏ん切りがつかない時もありますが、普段から思い立ったが吉日、そんな具合に実践することを心掛けます。

 

| 2.自分の責任で何とかなると腹の中で覚悟を決めるという

腹に覚悟を決めるということ。踏ん切りがつかず挑戦したケースでは、失敗時の損失も含め、自分の責任で何とかなると腹の中で覚悟を決めるというもの。

金銭的な損失だったり他者の評価が下がることなど、長い人生からすれば些細なことで、何もせずにいることの方がよっぽど恐怖です。

現状を変えたい際は、死ぬことの他はほんのかすり傷と背負う覚悟があると、どんなことにも挑戦できる上手に乗り切る方策の一つ。

 

| 3.今までと同じ視点で物事を捉えているからというものです

違う角度から俯瞰して見るということ。踏ん切りがつかないで現状が何も変わらないのは、今までと同じ視点で物事を捉えているからというもの。

偉人や己の憧れの人などの考え方や見解で俯瞰して物事を捉えると、目の前の世界も違って見えてくる上手に乗り切る方策の一つ。

常に新しい物事にチャレンジしている人や成功した人物は、恐怖心など感じることなく積極的に前進し続けています。

 

| 4.慣らしていくことにより、いざという場合に力が出ると

徐々に慣らしていくということ。踏ん切りがつかないのは毎日のトレーニングで、徐々に慣らしていくことにより、いざという場合に力が出るというもの。

仕事にしても夢にしても最初に大きなハードルを課すと、踏ん切りがつかないことがあり、小さなことからチャレンジするのが上手に乗り切る方策の一つ。

オリンピック選手も毎日の訓練があり、堂々と大舞台で力を発揮できるので、踏ん切りをつけるのも日常の些細なことから始めます。

 

| 5.転換することにより、普段できない踏ん切りを付けると

ネガティブな感情を活用するということ。怒りだったり悔しさなどの強いネガティブ感情を、エネルギー転換することにより、普段できない踏ん切りを付けるというもの。

どうして怒りや嫉妬が踏ん切りを付けることに繋がるかといえば、己の内側よりも外に向きやすい感情という、上手に乗り切る方策の一つ。

例を上げると、上司に理不尽な扱いを受け悔しい思いをした際に、見返すためにも新しい企画を考えたり斬新な挑戦をするべく心掛けます。

 

 

 


転職などでは見られるもの、注意したい踏ん切りがつかない人の特徴


 

| 1.常に受け身で己自身で何かを考え行動することができない

指示待ち人間になっているということ。踏ん切りがつかない人は指示待ち人間ということも多く、常に受け身で己自身で何かを考え行動することができないもの。

職場でも上司や先輩の指示を待つだけのことが普段の態度で、己から積極的に動くことなどは滅多にありません。

他人の言いなりになっていると責任を取らなくても良い、そんな楽な立ち位置に慣れていて、立ち止まってしまっているような状態です。

 

| 2.ここ一番でまったくパワーが湧き起こらないというもの

目標や目的がないということ。踏ん切りがつかない人に見られるのが目標や目的がないことで、ここ一番でまったくパワーが湧き起こらないというもの。

何としてでもやり遂げたいというような物事がないので、踏ん切りもつかず、きちんとした目標や目的さえあれば変わるかも知れません。

積極的に様々な人たちと交流を持つよう、外に出掛けていくと、新しい発見を見つけることができるかも知れません。

 

| 3.視線だったり噂話が、気になって仕方がないというもの

気が小さなところがあるということ。踏ん切りがつかない人に見受けられるのが、気が小さく人の視線だったり噂話が、気になって仕方がないというもの。

踏ん切りを付けて挑戦したことで、注目されたり目立ってしまったりと、己が主役になることに恐怖心を持っています。

もちろん踏ん切りを付けて夢にチャレンジする、そんな人の足を引っ張るのが好きな人たちも稀にはいます。

 

| 4.プライドが高く、恰好悪い姿を見せることができないと

異常にプライドが高いということ。踏ん切りがつかない人に見られるのが、異常にプライドが高く、恰好悪い姿を見せることができないというもの。

踏ん切りを付けて挑戦に出たケースでは、失敗すればプライドも大きく傷付き立ち直れなくなってしまうことになりかねません。

踏ん切りを付け挑戦しなければ、結果が出ることもないので、永遠にプライドに傷が付くことはありません。

 

 

 


二の足を踏むこともある、覚えておきたい踏ん切りがつかない人の原因


 

| 1.失敗のイメージばかりを頭の中に思い浮かべるというもの

ネガティブな考え方ということ。ネガティブな考え方のケースでは、上手くいくことよりも失敗のイメージばかりを頭の中に思い浮かべるというもの。

何にでもメリットとデメリットの両面がありますが、デメリット面ばかりに目を捉えられると、万が一の不幸を考え何も行動できず、楽しいことすら苦行となりかねません。

やってみなければ結果は分かりませんが、行動以前から悪い結果が出ている気持ちになるということになりかねません。

 

| 2.己の人生に選択ミスや失敗があっては許せないというもの

完璧主義ということ。踏ん切りがつかない人は完璧主義ということもあり、己の人生に選択ミスや失敗があっては許せないというもの。

他人が羨むような道を歩いていなければ完璧ではなく、少しでも人生に汚点がついた時は、これまで完璧にしてきたことが無駄ということになりかねません。

但し、その完璧主義は主観であって、周囲の人達にすればとても完璧ではなく、己で己に酔っているということになりかねません。

 

| 3.自信が持てず何をやっても駄目と思い込んでいるという

己に自信がないということ。踏ん切りがつかない人に見られるのが、己に自信が持てず何をやっても駄目と思い込んでいるというもの。

己自身に値打ちがないと感じていて、最初の一歩がなかなか踏み出せず、これまでに何かを成し遂げた感覚もありません。

夢があっても己に叶うはずがないとチャレンジすることもできず、恋愛でも何の魅力もないと信じていてアプローチも告白もできません。

 

 

 

まとめ

決められないで躊躇してしまうような時。ここでは、踏ん切りがつかないのは因果応報かも知れない、上手に乗り切る方策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。